FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飯塚事件の謎 足利事件真犯人は飯塚事件犯人ではないですか!!! 福岡県飯塚市で92年、女児2人が殺害された「飯塚事件」で、死刑が執行された久間三千年(くま・みちとし)・元死刑囚(執行時70歳)に付いてお答えします。 一度あなた様が警察庁科警研の旧DNA血液型遺伝子鑑定検査方式の塩基配列の物差しに付いて学習なされると!参考になります。 当時の旧式DNA血液型遺伝子鑑定検査方式では、未完成の研究段階の鑑定確率が低い血液型遺伝子鑑定方式を強引に取り入れてしまい、証拠能力の未だ未だ極端に低い研究途中の方式を手柄にはやる現場の捜査関係者が、確立性の低い旧式DNA血液型遺伝子鑑定を証拠として裁判所迄も欺き、虚偽の過大評価結果まで捏造してしまい 記者クラブ に対して旧式DNA血液型遺伝子鑑定検査方式は確立性が高い信頼性がある検査方式だと情報リークしてしまい間違った考え方を植え付けてしまい、此れが原因になり 実際は研究段階途中の未だ未だ極端に鑑定確率が低い旧式DNA血液型遺伝子鑑定検査方式を誤認にて、嘘の確立性が高い鑑定だと情報操作させた警察庁科警研の関係者の失態が、複数人の冤罪者を実際に生んでいます。

警察庁 科警研 不祥事隠しの追求
第一回目の鑑定から、足利事件 菅谷利和さんが やはり旧式DNA血液型遺伝子鑑定検査方式を警察庁科警研が証拠として最高裁迄 第一回目の科警研のDNA旧式検査方式を証拠採用された為に冤罪者でありながら、松田まみちゃん殺害の濡れ衣を強引に鑑定確率の低い旧式鑑定方式で間違った誤審鑑定されてしまい、冤罪者に対して鑑定確率の低い旧式DNA検査方式を証拠として採用をした為に、第一回目から冤罪者を作る結果に成ったのです。第一回目の足利事件冤罪被害者 菅谷利和さんが、弁護団により菅谷さんの髪の毛を手紙に入れさせて、DNA検査機関に対して鑑定検査をして、実際に足利事件被害者のまみちゃんを殺害した犯人の体液DNAを比較する目的の為に検査した結果、別人と分かりました!正式の裁判所の許可無しの結果であった為に検察 警察の圧力により、不当な対応をとられてしまい無罪と鑑定検査で分かっても正式の最高裁判所の再審決定が無い結果、折角の弁護団の努力が無駄になり!実際に最高裁判所に対して再審申請をしても却下決定が出てしまい、最高裁判所の判断は警察 検察よりの対応をしてしまいました。
この為に又もや足利事件冤罪者の菅谷さんが無罪でありながら無期懲役刑が確定して服役を続ける結果に成ったのです。
第二回目に足利事件同様に旧式DNA血液型遺伝子鑑定検査方式が採用されました。
警察庁科警研の旧式DNA血液型遺伝子鑑定検査方式を証拠として飯塚事件 久間三千年さんが、同じ鑑定確率の極端に低い旧DNA血液型遺伝子鑑定検査方式を足利事件同様に第二回目の血液型遺伝子鑑定にも使われてしまい、菅谷さん同様に無罪を訴える久間三千年さんは飯塚事件被害者の二人の子供達を殺害した容疑で逮捕されて、被害者に付いていた犯人の体液が、旧式DNA血液型遺伝子鑑定検査方式により犯人の体液と一致した事にされてしまい、警察庁科警研の旧式DNA血液型遺伝子鑑定検査方式を証拠として採用されてしまい、足利事件同様に同じ方々で間違った誤審の旧DNA血液型遺伝子鑑定を証拠にされて死刑判決が出てしまいました。
飯塚事件も足利事件同様に無罪を争い、最高裁判所にて再審申請を幾度か却下されていました。
足利事件弁護団 佐藤弁護士により菅谷さんの髪の毛を鑑定させた事による犯人とは別人である事実鑑定がハッキリした以上 、いくら強権力で押さえ付ける警察力でも国民市民に無罪である鑑定結果が公に成った以上、無罪の冤罪者を何時までも刑務所に入れていては、警察の威信に影響を及ぼす為に 初めて特例で最高裁判所の判決決定前に、潔い釈放を警察庁と検察庁と裁判所は、初めて司法制度の枠を超えた究極の判断をして 冤罪者の菅谷利和さんを判決結果無しで釈放したのです。
第一回目から旧式DNA血液型遺伝子鑑定検査方式の間違いがありながら、この時点で鑑定確率に影響を完全に及ぼす結果は警察庁科警研は 完全に発覚してから、確率性に問題かある事は気が付いていても不祥事を隠す工作に舵を取ってしまいました!足利事件無期懲役 菅谷利和さんか釈放が近いと噂になり、同じ様に同じ条件で二回目の旧式DNA血液型遺伝子鑑定検査方式で逮捕された飯塚事件 被告人扱い方をされた久間三千年さんは菅谷利和さん同様に、最高裁判所に対して再三に渡り無罪を訴えて再審請求をしていましたが、足利事件 冤罪者菅谷利和さんが再審却下と同時位に 突然に死刑が出向されてしまいました。
当時の、旧式DNA血液型遺伝子鑑定検査方式はこの書き込みを見ているあなた様方でも、当時の鑑定方式なら犯人にされても不思議では無い程度の旧式鑑定方式でした。
此れを読まれた方々は冷静に、我が身に当時同じ境遇の様な出来事が起きてしまったら、同じ結果にて落としいれられる結論が来る危険性を、国民全てに考えて頂けなければならない問題だと思います。



冤罪事件と分かっても今の司法制度では、不祥事事件が公になる事を嫌い 一蓮托生で警察組織全てに警察の不利益な状況をなくす為に、冤罪事件に対して目撃者証人が声を挙げて、警察に対して犯人を逮捕させる協力をしても!公に成っている重要性の高い事件に付いて警察庁が絡む誤認逮捕者がいる場合は、警察庁が地方自治体県警に対して強引な命令で、目撃者証人に対して口封じ的な圧力を徹底的に取り 誤認冤罪者を逮捕している場合は、目撃者が警察に協力目的で礼儀を尽くしても、警察組織は我が身に少しでも影響を受ける事件には、絶対にあやふやな対応で証人潰しをしてしまい、絶対に真実の事件解決につながりまん。
長年に渡り警察に対して協力をしてきて痛感して嫌程、法律を無視する警察の威信は一体何なのかと、トコトンに考えさせられました。
正義感を持ち正義から目撃者証人が警察に対して、犯人を告発告訴をしても間違って警察が、(足利事件被害者 菅谷利和)別人を逮捕している場合は、真犯人に対して追求して誘拐事件をした自白を犯人から直接的に聴いている証言をしても、警察は不祥事事件を隠す為に600万円の懸賞金がついている事件でも、誘拐事件の目撃者から証言調書を取ろうとはしません、恐ろしい警察の実体です。
足利事件 飯塚事件 横山ゆかりちゃん誘拐行方不明事件は、共通点があり同一犯と見ています。
但し飯塚事件は同一犯でありながら、犯人の後輩が絡んでいる恐れがあります。
横山ゆかりちゃん誘拐行方不明事件犯人が一連の、パチンコ店にて連続幼女誘拐事件の犯人であり、飯塚事件直前に横山ゆかりちゃんを誘拐した犯人が、自慢気に聴くも吐き気がする内容をwに話していて、2人が計画的に話していている光景を偶然に別のS君と同時刻に、名古屋市栄バスターミナルで聴いた内容の結果事件が飯塚事件なのです。
横山ゆかりちゃん誘拐行方不明事件に対して、犯人を警察庁 最高検察庁 前橋地方検察庁 徳島地方検察庁に告発状告訴状を郵便物配達証明付きで送り付けた日は、平成17年5月23日であり、愛知県警 港警察署 群馬県大田警察署等々が、告発連絡を何度しても前々から、一切 目撃者証人からの訴えを無視して、やりっ放しの対応の為にやもを得ずに、平成17年度の5月23日に関係各署検察庁迄 訴える形で送り付けましたが、こんな重要性のある連続誘拐犯人を逮捕出来る目撃者証人の告発状告訴状に!対して送り返してきた警察庁の法律無視に対して呆れました。
平成17年5月23日に郵便物配達証明付きで告発告訴状を、jikeidan 自警団が送り出してから何と平成17年8月10日頃に、警察庁が一番遅く送り返してきました!それも私の出したやり方で郵便物配達証明付きで送り返してきたのです。
最高検察庁は、平成17年6月12日頃に送り返してきました!同じく郵便物配達証明付きで送り返してきたのでず
前橋地方検察庁と徳島地方検察庁は発想して わずか2日目には同じく郵便物配達証明付きで送り返してきました!
全く警察庁科警研の旧式DNA血液型遺伝子鑑定検査方式の塩基配列の鑑定確率の、低さを隠す為に必死だと分かりますが!証人に迄 口封じ的な強引な不当捜査迄 捏造してされるとは、警察の威信は一切ありませんし!法律を無視する犯罪軍団的な一蓮托生に見えてなりません。
飯塚事件内容に対してコメント ニュースを書かれたブログユーザーの方々に、この真実の苦しい事実を拡散させて頂きたいです。
命懸けの告発告訴行為になるとは予想外の事であり、信じていた警察組織に裏切られた気持ちです。
私の真実の告発ブログ jikeidan は、サイバー攻撃を警察関係者よりされてしまい散々です。
誤字 脱字 文章の改ざん 写真のボカシ等がされて写真が入れ替えられたり消されたりしてしまい ブログ自体を消す行為等々まで有り法律を無視する事件が頻繁に発生しています。
これは組織的な警察不祥事隠しを目的にした明らかな法律を犯した警察関係者による犯罪行為です。
事件受理する警察側に問題がある場合は、サイバー攻撃被害を受理する側に対して、何故か天の声の様な 不祥事隠し関係者幹部から圧力が入り、扱う担当上司筆頭に直接的に影響が及びます。
私のiPadノート型パソコンコンピュータに対して通信傍受盗聴行為の影響で、私の個人情報が盗まれ ID パスワード IPアドレスを勝って使われてしまい不正アクセス禁止法違反行為が頻繁に起きてしまいました。
警察庁科警研幹部関係者から 不祥事を隠す為に 地方自治体県警にまで影響が出ている事実が浮上しました。

今一度 正しく法律を守る為に正しい采配を 警察庁科警研幹部に対して 心から望みたいです。

jikeidan
ーーーーーーーーーーーーーー
追伸
参考内容の写し ありがとうございました。

通信傍受法 【つうしんぼうじゅほう】犯罪捜査のために警察機関による通信の傍受を認めた法律。
「組織的犯罪三法」として 1999年に公布されて 翌2000年に施行されました。
背景には、犯罪事件による組織的犯罪の危険性が高まり社会に認知されるようになった事と警察庁及び地方自治体県警は、テロをはじめとする組織的な犯罪に対して通信の傍受が不可欠であるとの意見が強まったことが通信傍受法が作られた原因であります。
しかしながら憲法に通信の秘密の保障が明記されている以上、通信傍受法は憲法に抵触する可能性があるという批判が立法時からなされています。

憲法との摩擦を減らす為に、盗聴傍受が可能な事件は組織的な殺人事件等 薬物の取り締まり、拳銃火薬取り締まりの取引に限定されていて、地方裁判所の許可なしには通信傍受ができないという制限もありますが、実際に個人情報 プライバシーを無視した通信傍受法は人権侵害になる危険性があり、警察組織の都合上の解釈にて拡大解釈された危険性のある線引きの曖昧な法律を作ってしまった事に変わりはないという意見が頻繁に持ち上がっています。

通信傍受法の影響で、犯罪事件に関わる案件以外の民間ボランティア正義活動家に対しても同様に、警察組織に取って不祥事に関わる不都合な不利益な相手と認識した場合は、警察組織の不祥事事件に繋がる場合は、通信傍受法の法律の枠を 超えた法律を破る行為に走り、社会にばれなければ良いと法律を無視する明らかな行きすぎた盗聴傍受を利用した、個人情報を現行法律の枠の範囲内で得た情報にて、警察機関が絶対に犯していけない成りすましによる侵入改ざん行為及び、個人の携帯電話の取引会社に対して堂々と裁判所の許可の元で盗聴傍受する相手に対して、嘘の情報操作を行使してしまい、警察組織が警察に取って不利益な情報及び新事実を知る目撃者等々に対しても、虚偽の情報操作をして警察に対して協力的な民間人に対しても、虚偽の犯罪者のレッテルを嘘で調査報告書を作り上げてしまう実例案件が頻繁に日常化してしまい、正義活動家に対しても警察に取って不利益な場合は盗聴傍受してしまい、警察組織は犯罪者に対する取り締まりの対象で作った通信傍受法を、法律の枠を強引に超えた解釈にて 不当な利用をしてしまい個人情報を、警察の都合主義にて通信傍受法の内容を骨抜き状況にしてしまいました。
明らかな法律違反と思われる行為を犯す実例事実が頻繁に発覚しています。
法律を守らなければならない警察組織は行き過ぎた犯罪行為を平喘と犯しています!
特に通信傍受法が可決された後に、警察組織機関にて不祥事事件に携わる警察組織の不利益な不祥事を知るボランティア正義活動家に対して、警察不利益情報を公にさせない目的の為に、警察の狙っている内定者に対して携帯電話の発信 受信に対して、不当な圧力をかけてしまい携帯電話通信の妨げをしてしまい、携帯電話の受信発信時点にてコントロールされているような状況にされてしまい、殆どに近い通話時点で、回線がつながっている時点でも時間秒表示が進んでいる状態でも音声が双方全く聴こえない通信状態が頻繁になる事が当たり前になり、不当な回線コントロールをする盗聴傍受犯人による、個人情報保護法を無視する行為を、捜査警察等々が行う法律無視が発生しています。





概略[編集]

刑事訴訟法222条の2では、「通信の当事者のいずれの同意も得ないで電気通信の傍受を行う強制の処分」は、別の法律に従って規律されるとしている。ここにいう「別の法律」というのが、本法である。
本法は、犯罪捜査の手段として通信傍受を用いることにつき法的根拠を与える。つまり、本法は、傍受することができる「通信」とは何か、通信を「傍受」するとはどういうことか、どのような犯罪の捜査において、どのような手続に従って、どういった内容の通信傍受をすることが許容されるのかについて規定している。
また、本法は、通信傍受によって権利・自由の侵害が生じることに配慮し、通信傍受を用いた犯罪捜査を規律する側面を有する。つまり、通信傍受が可能な場面は限定され、裁判官による傍受令状に基づいて行わねばならず、管理者の立会い等・通信の当事者に対する事後的な通知も要求されている。
更に、不服申立の手続も用意されている。
規制の内容[編集]

「通信」「傍受」とは何か。[編集]
何が傍受の対象となる「通信」に該当するかは、本法2条1項に規定されている。電話(固定電話・携帯電話)のみならず、「その他の電気通信」も傍受の対象たる「通信」に含まれる。具体的には、電子メール、及び、FAXが「その他の電気通信」に該当すると解されている。
本法で許容される「傍受」の方法は、通信線に傍受装置を接続して行うワイヤータッピング (wiretapping) である。いわゆる「盗聴器」によって直接会話を傍受するバッギング (bugging) については規定されていない。
バッギングによる捜査の適法性については、後述残された問題を参照
通信傍受による捜査が許容される犯罪[編集]
通信傍受による捜査が許容される犯罪(対象犯罪)は、通信傍受が必要不可欠な組織犯罪に限定される。具体的には、薬物関連犯罪、銃器関連犯罪、集団密航、及び、組織的に行なわれた殺人の捜査についてのみ、通信傍受が許される(3条1項、別表)。
通信傍受のための手続[編集]
通信傍受は、裁判官から発付される傍受令状に基づいて行われる。通信傍受という人権制約を伴う強制処分を実施する根拠・必要性があるかどうかについて、裁判官によってチェックされる仕組みをとっているのである(令状主義)。
捜査機関が通信傍受を行おうとする場合には、検察官または司法警察員が地方裁判所の裁判官に対して傍受令状を請求する(4条1項)。傍受令状の請求ができる検察官は検事総長からの指定を受けた指定検事に限られ、また、司法警察員についても、国家公安委員会等から指定を受けた警視以上の階級を有する警察官等に限定されている。つまり、他の令状よりも請求できる者がさらに限定されている。例えば逮捕状の場合(逮捕状については逮捕の項目を参照)、これを請求できる警察官の階級は「警部以上」とされている(刑事訴訟法199条2項)。
上記請求を受けて、裁判官は傍受令状を発布する(5条1項)。傍受令状を発布するための要件は通信傍受法3条に規定されている。その概要は以下である。
対象犯罪が犯されたと疑うに足りる十分な理由があり、対象犯罪が数人の共謀によるものであると疑うに足りる状況があること(3条1項1号)
対象犯罪の実行等に関連する事項を内容とする通信(犯罪関連通信)が行われると疑うに足る状況があること
通信傍受以外の方法によったのでは捜査が著しく困難であること
1に代わり、通信傍受法3条1項2号または3号に規定する状況がある場合にも傍受令状が発布される。また、「数人の共謀によるものであると疑うに足りる状況」がなくとも例外的に傍受令状が発布される場合も規定されている(3条2項)。
傍受令状に記載すべき事項は6条に列挙されている。さらに、令状を発布する裁判官によって、傍受の実施に際しての条件が付されることもある(5条2項)。
傍受令状は、「通信手段の傍受を実施する部分を管理する者」等に対して提示される(9条1項)。例えば、電話の傍受に際しては、電話会社の従業員に提示される。他の令状であれば、強制処分を受ける相手方に令状が提示される。例えば逮捕状は、逮捕という強制処分を受ける者(逮捕される者)に対して提示される(刑事訴訟法201条1項)。しかし通信傍受においては、強制処分を受ける相手方(通信傍受であれば傍受される通信を行う者がこれに該当する)に提示する必要はない。通信傍受の目的達成のためには、当然である。
また、傍受実施の際には、通信手段の管理者等を立ち会わせなければならない(12条)。
傍受してよい通信の内容[編集]
傍受してよい通信は、傍受令状に記載された通信のみである。傍受実施中に行われた通信であっても、傍受令状に記載されていない内容は傍受してはならない。例えば、犯罪に関わらない家族からの電話等は傍受できない。
これには例外がある。
まず、傍受してよいかどうかはその内容を確認しないことには分からないので、傍受してよい内容であるかどうかを判断するため必要最小限度の範囲であれば傍受することも許される(13条)。この場合、結果的に傍受した通信が犯罪に関わらない通信であったとしても、適法とされる。
また、通信傍受を実施している間に、傍受令状に記載がない他の犯罪に関する通信がなされた場合には、その通信を傍受できる場合がある(14条)。
傍受後の手続[編集]
傍受した通信は全て記録媒体に記録しなければならず(19条)、検察官・司法警察員には傍受した通信内容を刑事手続において使用するための記録(傍受記録)の作成が義務付けられる(22条)。更に、傍受終了後30日以内に(捜査に支障があるならば延長可能)、傍受された通信の当事者に対して傍受したことを通知しなければならない(23条)。裁判官による傍受令状の発布、及び、捜査機関による通信傍受について、不服を申立てる手続も用意されている(26条)。
本法に基づく通信傍受によって被疑者が検挙された初めての事例は、2002年1月、覚せい剤取締法違反の事件である。携帯電話の通話を傍受することによって、暴力団組員ら3人が逮捕された。
立法経緯[編集]

本法は、憲法違反・刑事訴訟法違反という批判を受けながらも、特に組織犯罪における犯罪捜査のために通信傍受(特に電話傍受)が必要であるとして制定されたものである。
本法は、組織的犯罪への対策立法の一環として、平成11年8月に成立した(施行は平成12年8月15日)。第145回国会にて成立した組織的犯罪対策三法[1]の一つと位置づけられている。
本法の成立以前においては、犯罪捜査のために電気通信の傍受(盗聴)を行うことができる旨を明確に定めた法令はなかった。
通信の傍受は、「通信の秘密」(日本国憲法21条2項)を侵害する行為であり、その結果、個人のプライバシーが侵害されるものでもある。よって通信の傍受を犯罪捜査の手段とすることは日本国憲法に反するという主張もある(本法が成立して以後においても、同様の根拠から、本法が憲法違反であるとの主張がなされている)。本法の成立以前に通信の傍受が認められるかどうか、という点については、刑事訴訟法はじめ当時の法令では、犯罪捜査のための通信の傍受を正面から認めた法令はないことから強制処分法定主義に反して認められないという主張もあった。
しかし、麻薬取引のように、電気通信(電話など)による緊密かつ巧妙な連絡をとることで組織的に実行される犯罪においては、通信傍受以外の方法による捜査によったのでは証拠収集(犯罪行為がどのようにして実行されているかという実態を解明すること、または、被疑者が誰であるかを特定することなど)に限界がある。
そうした犯罪捜査の必要性を理由に、従来の刑事訴訟法に規定された捜査の方法である検証の枠内に通信傍受を位置づける試みがあった。すなわち、電話会社の機器を対象とする「検証」として裁判官から検証許可状の発付を受け、電話での会話を傍受する「電話検証」と呼ばれる方法である。この方法は、最高裁判所においても合憲・適法であると判断された[2])。
このような実務上の対応に明確な法的根拠を与えたのが、本法である(上記最高裁決定においても最高裁判事全員が賛成したわけではなく、元原利文裁判官の反対意見があった)。本法によって、捜査機関が正当な法的手続きに則って執り行う場合に限り通信傍受は適法とされ、この問題はとりあえずの解決をみた。
残された問題[編集]

上記のように、本法によって通信傍受は適法な犯罪捜査の方法であることが明確となった。しかし、「通信の秘密」を犯し、もってプライバシーを侵害する通信傍受を認めた本法それ自体が憲法違反であるとの主張は、なお続いている。ただし、本法は通信傍受について上記のように厳格な規制をおいてプライバシー等に配慮していることから、憲法違反ではないとの見解が多数となっている。
また、本法で規定されたのは、あくまで電気通信による通信の傍受という捜査手段である。現実に人同士が相対して口頭行う会話のように、電気通信という方法を用いない会話を盗聴器等を用いて傍受すること(バッギング)は本法の対象ではなく、本法を根拠にこれを適法な捜査方法であるということはできない。
なお、電気通信によらない口頭での会話の傍受は、通信の秘密を侵さないので傍受自体に違法性はない。ただし、盗聴器等の設置手段等が犯罪となることもある。
民間人による傍受[編集]

本法は、あくまで捜査機関による犯罪捜査のための通信傍受の根拠となる法律である。捜査機関以外の一般私人による通信傍受をも適法と認めるものではない。
詳細は「盗聴」を参照
暗号化通信による対抗[編集]

通信内容を暗号化することによって、捜査機関による通信傍受から通信内容を秘匿することが可能である。そのコストは通信技術(特にインターネット)の発達とともに下がる一方である。すでに通信内容の秘匿については特別な機材を必要とせず可能となっている。具体的にはGnuPGやSkypeを用いればよい。
内容については秘匿できるが、内容以外についてはそうではない。「誰がどこから通信をしているか」という情報は固定端末・携帯端末ともに捜査機関が容易に手にすることが可能である。公衆端末の場合は、「誰が通信しているか」はわからない。また、「誰に向けて通信をしているか」という情報は暗号化手段にもよるが、たとえばSkypeの場合であれば少なくともSkype Technology社に捜査機関が照会しなければわからない(照会してもわからない可能性も大きい)。
法律の略称について[編集]

本法の略称として論文・報道などにおいてしばしば用いられるものに、通信傍受法と盗聴法との2つがある。このうち、「盗聴法」という呼称は、本法に対する批判的な意味合いを込めて用いられることが多い。
法案審議の過程では、1999年6月1日付で、法務省は「盗聴法案」の呼称を「極めて遺憾」であるとして、報道各社に「盗聴」と呼ばないよう要請した。野党や朝日新聞などの反対派は反発したが、朝日も含め「通信傍受法」を主表記に変えるマスコミも現れ、一定の影響があった。逆に賛成した読売新聞や産経新聞などは、法務省と共に「盗聴法案」表記を批判した。また、自民党の森喜朗は6月4日、「盗聴法」表記の報道を「公平に扱っていない」と批判した。
適用外の通信記録[編集]

携帯電話における端末と基地局が定期的に行う交信の記録は、通信傍受法の適用外で検証令状で取得できる。これに含まれる位置登録情報により捜査機関は特定の番号の端末がどこの基地局を中心とする数キロメートル四方内にあるのかを監視することができる。端末と基地局の定期的な交信は自動的に行われ、端末の電源が入っていて端末が基地局との通信圏内にあれば行われる。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

真実の実話告発ブログ管理人からのメッセージ

正義活動家自警団に対して、静岡ナンバーの覆面警察車が自警団管理人に対して、不祥事隠しを目的に尾行をする!!!
自警団管理者が追突被害の影響で頚椎骨折後の怪我の状況が悪い為に病院に治療目的で通院中に、不祥事隠し警察管理者が 自警団管理人の動向を調査する為に、違法行為を犯して迄 陰湿な行動をして、自警団管理人に対して懲りずに職権乱用を繰り返す行為を続けています。
実は静岡県警の管轄下で起きた、冤罪被害者の袴田さんがいますが、40年以上も捏造証拠を立てに、でっち上げ事件で犯人扱いをされてしまい、最高裁にて死刑判決を受けて再審請求申請を幾度も却下されてしまい死刑判決が確定していました。
しかしながら-足利事件 -東電社員殺害事件等々で無罪の冤罪者が、旧式DNA血液型遺伝子塩基配列鑑定検査方式の間違いの鑑定検査にて、不当な証拠により最高裁判所にて誤認判決が下り冤罪者が、無実でありながら旧式DNA血液型遺伝子塩基配列鑑定検査方式の責任で、不当判決が決まりました!!!
この不当な旧式鑑定に対して、2003年より新DNA血液型遺伝子鑑定方式が新たに開発されて、正確な確立性の高い方式に移行されました。
旧式DNA血液型遺伝子塩基配列鑑定検査方式の間違いの検証がされず、過去の旧式鑑定の検証が一切されていない為に、旧式鑑定検査で不当判決をされた冤罪者の方々は、未だに無実を証明出来ない方々が、今だにある事実が存在しています。
この問題点は、警察庁科警研が当時の誤認鑑定の責任を今だに取らない原因が今も存在していて、誰も責任を取らない事が、過去の冤罪事件を作ってしまった不祥事の度合いが、大きすぎる為に 責任追求を逃れる為に 警察庁科警研幹部関係者等々が責任逃れをしてしまい、過去の呪縛を引き摺り警察庁科警研幹部等々が、責任逃れを未だにしている為に 善意の未解決事件目撃者の努力等々が、握り潰される屈辱が続く事実が存在しています。
不祥事事件が公になる事を恐れる為に、警察庁科警研幹部等々関係者は法律を捻じ曲げて迄も、違法行為をして不当なでっち上げ捏造証拠を偽装してまで、間違った違法命令を下し 裁判所 検察庁迄を欺いて、捏造でっち上げ証言者まで捏造協力を指せて迄、違法内定捜査を目論み 自警団管理人に対して圧力を掛けています。
袴田事件冤罪者 袴田さんが、2003年から新DNA血液型遺伝子塩基配列鑑定検査方式に代わった検査方式で、新たに袴田さんのDNA検査をして、
袴田事件の犯人のDNA検査の鑑定が、新たにされて袴田さんのDNA血液型遺伝子が、犯人とは別人だと新DNA血液型遺伝子鑑定にて確定しました。
此の為に袴田死刑判決受刑者は、死と迎え合わせしている間際に釈放されました。
袴田死刑囚が釈放される前日まで、自警団 jikeidan 管理人に対して、静岡ナンバーの警察捜査員から不当な尾行をされていました。
この書き込みを見た方々に、真剣に考えて頂きたいですが、個人が強権力を握る警察組織に対して 此の様な意見書き込みをすると、有り得ない圧力を受ける不合理が存在する事実を理解して頂きたいです。
見て頂き ありがとう御座います。
真実の実話告発ブログ管理人
自警団 jikeidan
2014年12月18日 木曜日 23:45
プロフィール

jikeidan

Author:jikeidan
人助けを目的にするjikeidanです .誘拐事件に巻き込まれた子供達を救出する為努力してます. 誘拐事件犯人を追い詰め 真実を世の中に出す事を目的に頑張ってます. 冤罪者を助ける事と 社会正義を守る道徳心の為に努力してます.個人の限界を超えて頑張ってますが 命懸けで 少しでも世の中の為になる事ならと思い 人生をかけてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。