FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

警察不祥事事件 でっち上げ事件は如何にして作られて行くのかの真実の証明

でっち上げ事件が何故起きるかの謎!
jikeidan 自警団中島に対する不当な対応をした愛知県警港警察署 交通課の不当な対応・・・・・
自警団中島に対する口封じ行為が発生する。

2011年2月25日 am4時すぎに不自然なブレーキを踏まない危険運転をする追突事故が発生しました!!!
以前から自警団中島を狙うトラックを使う殺人未遂事件が発生しています。
普通乗用車からも二度に渡り、作為的に自警団中島を狙う 警察不祥事隠し関係者と公・・関係者から不当な行為をされました。
大型トラック 小型トラック ダンプカー
トラック等々から7回も追い掛けまわされ!命の危険にさらされました。
危機感を持ち用心している間に、川㟢克美(大山)より大型トラックから追突されました。
自警団中島自宅前でブレーキも踏まず激突追突されました。
悪質な狙っているように見える危険運転な事故です。

ブレーキも踏まず追突して、全身複数骨折をさせながら、不自然な事実と違う工作をした加害者運転手と港警察署の不自然な片手落ちな加害者だけの現場検証で、被害者を落とし入れる事実と違う工作がされていました。
殺人未遂に近い行動を取り被害者を落とし入れる事実が発覚しました。


愛知県名古屋市港区東海通4丁目東海通幹線道路左側歩道よりに停車中に黒色大型車和孝運輸会社引っ越し業務トラックにより、自宅前の歩道寄り前で降りる間際に不自然な追突をされる。
不自然なブレーキをかけない追突事故がありました。
被害者側運転手同乗者に対して、愛知県警港警察署交通課早崎交通部長と高橋警察官は、被害者側運転手同乗者に対して一度も一切現場検証に立ち合わせていない状態で事故状況調査書を加害者側川㟢(大山)だけの現場検証で片手落ちな一方的な加害者の嘘証言だけで作成してしまいました。
2011年2月25日から三日後の2011年3月1日には事故状況調査証明書が、港警察署交通課 早崎交通部長(高橋)により一方的に作られてしまい、実際の防犯録画記録と懸け離れた状況の、一方的な加害者だけの嘘の弁明の内容が 被害者側の証言を無視して加害者側だけで現場検証が成されて、事故状況調査書が一方的に作られてしまいました。

事実の事故状況は、加害者側 川㟢克美運転のトラックが東海通4丁目の幹線道路の左側を走行中、停車している白色パッソ後方側に対して、一切ブレーキを踏まず勢いのついた状態で激突しながら、ややパッソ後方右よりに対してトラックが追突してから、トラックは追い越し車線に対して、ブレーキを一切踏まず運転操作だけで避けようとして、トラックはブレーキを踏まず勢いが着いたまま追突しました。
白色パッソはトラックからの追突でスピードの勢いが着いたまま衝撃波の勢いで、飛ばされてしまい 左側歩道上に向いていた角度もあり、歩道寄り縁石にトラックによる追突の衝撃波の勢いで、被害車パッソは歩道縁石に飛ばされて突っ込み、タイヤのゴムの反動で跳ね返る二重の衝撃波がパッソに伝わり、助手席同乗者の被害者 自警団中島はトラックによる追突と左側歩道縁石に対して跳ね返される二重の衝撃波をモロに全身に受けてしまい、二重の衝撃で全身の骨折による首の頚椎5番目の骨折、胸椎脊椎7番目8番目の骨折 左側の肋骨骨折 右側足股関節骨折 左側足甲剥離骨折 等々の重傷骨折をしました。
しかしながら、被害者側が後に人身事故の現場検証に呼ばれず、事故日の加害者側だけの説明にて一方的な現場検証がなされてしまい、加害者側が嘘の言い訳で((安全運転をして制限時速以下の40キロで走行して被害者のパッソにちょこっと触った程度の事故ですと嘘を説明する))
この嘘の説明で出来た港警察署交通課早崎交通部長警察官が一方的に加害者側だけの意見で作成された事故状況証明書がズサンな内容の為に、被害者側同乗者の重傷骨折をした自警団中島が証拠として2011/2/25の防犯録画記録の録画テープ証拠を愛知県警港警察署の交通課早崎交通部長警察官の上司である課長代理 長谷川課長代理に対して、事故状況の真実の説明と証拠の防犯録画記録テープを港警察署に持ち込み長谷川課長代理に直接的に見せて証明をしました。
しかしながら、長谷川課長代理は部下の作った事故状況調査書に対して庇いだてしてしまい、済んだことだから今更事実が分かっても、文句があるなら交通検察庁に言ってくれ~、今更私に言われても済んだ事だから何にも出来ないし、、、今更現場検証をやれる訳無いだろ~と凄まれました!!忙しいから帰ってれー何度同じ事を説明されても何も出来ん!文句があるなら交通検察庁に言ってくれー此方に言われても迷惑だ~、、、早く帰ってくれ仕事が出来ん、、、直ぐに帰らないと仕事を妨害した罪で、処罰されるぞ~、、、と、同じセリフを何回も説明されて、((これ以上粘ると公務出向妨害で処罰されるぞ、、、))と、脅されました。
以前から愛知県警港警察署の交通課長谷川課長代理は、被害者側同乗者の中島から片手落ちな現場検証について正しく法律を守るように説明する度に、長谷川課長代理は((何度同じ事を言われても何とも出来ん聴きたくない!交通検察庁に言ってくれ~文句があるなら検察庁に言え~、何度いったら分かるんだ~、仕事の邪魔をするなー帰ってくれないと、本当に公務出向妨害で検挙するぞ~本気だぞ~))等と同じセリフを使い被害者の切実な告発行為に対して、職権乱用罪に当たる不当な扱い方を何度も告発に行く度に長谷川課長代理より言われました。
加害者側の嘘の言い訳で事故状況調査書が、加害者側の一方的な言い訳により作成されている事故状況調査書では、被害者側同乗者自警団中島の重傷骨折怪我は 何故に骨折するのか!疑問だと不本意なデタラメな言動が名古屋交通検察庁 副検事より愛知県警港警察署交通課早崎交通部長の作成した加害者側川㟢克美の嘘の説明だけで作られている一方的な説明では、ブレーキが一切踏まれない激突追突事故が、軽微な触った程度の事故に変えられている為に、名古屋交通検察庁が正しく判断出来ず、被害者側同乗者自警団中島に対して片手落ちな真実から懸け離れた状況調査書を立てに、被害者側中島に対して不当な扱い方をして、被害者側中島を疑っていると迄 真逆な取り調べ的な対応をしてしまったのです。
好い加減な事故状況調査書では、この嘘の説明で出来た事故状況調査書を土台で、交通検察庁副検事が調べても正しくない虚偽で作られた事故状況調査書を元に、被害者側同乗者の自警団中島に対して片手落ちな真実から懸け離れた状況に変えられている事故状況調査書を元に対応しても、被害者側同乗者自警団中島に対して誤解を生む対応がされてしまい、倫理から外れた違法な真逆な不当捜査が成されてしまいました。
この港警察署交通課早崎交通部長が作成した事実から、懸け離れた事故状況調査書の影響で、自警団中島は首の頚椎骨折の事故後2011年9月半ばに新たに三ヶ月の複数骨折の診断書を港警察署交通課早崎に対して、自動車運転過失傷害罪にて提出して、事故後今迄に一度も連絡も見舞いも保障も一切無い不誠実な加害者川㟢に対して、お人好しの自警団の私が訴えました。

事故状況調査書を正しく訂正をしなければ、厳正な調べ事等は絶対に出来ない為に愛知県警本部にも港警察署にも同じ内容の証拠である防犯録画記録テープを見せて抗議告発証明をしました!事故後 2年6ヶ月になりますが、警察の潔い対応が未だに成されていません!!!
この不当な事故状況調査書の影響で、虚偽告訴罪事件の被害が発生しました。
無罪の冤罪者に対して、詐欺行為の濡れ衣を追わせる不当な、対応をした名古屋交通検察庁副検事の対応が発覚しました。
嘘の加害者川㟢の言い訳で、一方的に作られた事故状況調査書の責任で、重傷骨折怪我をした私の全身骨折の状況の怪我を、自警団中島が自らしたのではないかと!疑うと迄、、、清水副検事に不当な言動を言われた後から、重傷でありながら、一日も入院をせずに治療する自警団中島に対して、担当医師病院名古屋市港区 臨港病院 古谷医師に対して、不当な言い掛かりを付けて 家宅捜索令状を取り付けて、レントゲン写真 カルテ迄 写しを取り押収迄して、虚偽告訴罪に当たる!不当に被害者に対して虚偽の犯罪の疑い行為を致しました!!!

以前から愛知県警港警察署は問題山積であり、正しく法律を守らない行為に対して自警団中島は 抗議して法律を守るように告発を数えきれない程 しましたが、仕返しに殺人未遂の疑いがある!トラックによる激突追突事故被害者の助手席同乗者中島に対して、又もやでっち上げ事件行為をしました。

許されない不当行為であり、一生を台無しにする怪我を自らする訳が無いです。
一方的に悪い加害者側 川㟢克美に対して一切処分無しで、恐ろしい愛知県警港警察署交通課早崎交通部長の対応と、それを庇う交通課長谷川課長代理の証拠隠滅行為に近い、犯人隠匿罪行為がありました。
何の為に防犯録画記録テープをわざわざ港警察署交通課長谷川課長代理に見せて、被害者の立場を正しい方向性に戻す為に努力したのに、一切港警察署の対応が 正しく法律が守られていません。
残念です。
此れが原因になり名古屋交通検察庁副検事から、虚偽告訴罪に当たる行為をされてしまいました。

でっち上げ事件を何度も繰り返す愛知県警港警察署の対応に対して反省を求めます。

この法律無視をする愛知県警港警察署の対応を成された交通課早崎交通部長の上司である長谷川課長代理の采配が、警察不信に繋がる対応の為に被害者側同乗者自警団中島は飛んだ無駄骨の骨折り損な役回りをさせられて、遠回りさせられる影響を未だにされてしまい大変に迷惑をしています。
しなくて良い余分な経費も掛かり弁護をする為に、弁護士費用迄 無駄に掛かり一体警察組織の体制はどうなっているのでしょうか!疑問に思います。




警察署の名前をクリックしていただくと、それぞれ署の交番・駐在所の所在地をご覧になれます。
交番・駐在所に御用の方は、各警察署へお問い合わせください。
警察署名 郵便番号 電話番号 FAX番号 最寄り駅
住所 最寄り駅からの経路
愛知県
港警察署 455-0032 (052)661-0110 (052)654-0199 地下鉄名港線名古屋港駅
名古屋市港区入船2-4-16 3番出口から西方へ徒歩約3分
港警察署





愛知県名古屋港警察署玄関側

名古屋港水族館から100m以内


航空写真左側丸いドームが名古屋港水族館 右側写真中央より住所マークが港警察署です。


愛知県警本部 052-951-1611(代) http://www.pref.aichi.jp/police/safety/high-tech/index.html
http://www.pref.aichi.jp/police/safety/high-tech/e-mail.html(専)

千種警察署 464-0841 (052)753-0110 (052)753-0221 地下鉄東山線池下駅
名古屋市千種区覚王山通8-6 2番出口から東方へ徒歩2分

東警察署 461-0003 (052)936-0110 (052)936-0115 地下鉄桜通線車道駅
名古屋市東区筒井1-9-23 1番出口から北方へ。二つ目の信号を左折して徒歩5分(車道駅から徒歩10分)

北警察署 462-0843 (052)981-0110 (052)981-2070 地下鉄名城線黒川駅
名古屋市北区田幡2-15-18 1番出口から東方へ。黒川交差点を右折して徒歩2分(黒川駅から徒歩5分)

西警察署 451-0065 (052)531-0110 (052)531-0190 地下鉄鶴舞線浄心駅
名古屋市西区天神山町3-25 5番出口から西方へ。天神山交差点を左折、二つ目の信号を右折してすぐ(浄心駅から徒歩10分)

中村警察署
453-0015 (052)452-0110
(052)452-0490 名古屋駅
名古屋市中村区椿町17-9 JR名古屋駅太閤通口から南東へ徒歩3分

中警察署 460-0012 (052)241-0110 (052)241-0094 JR中央線、地下鉄鶴舞線鶴舞駅
1番出口から西方へ徒歩5分
名古屋市中区千代田2-23-18 地下鉄名城線、鶴舞線上前津駅
2番出口から東方へ徒歩5分

昭和警察署 466-0854 (052)852-0110 (052)852-0266 地下鉄鶴舞線川名駅
名古屋市昭和区広路通5-11 4番出口から西方へ徒歩5分

瑞穂警察署 467-0806 (052)842-0110 (052)842-0353 地下鉄桜通線瑞穂区役所駅
名古屋市瑞穂区瑞穂通2-22 4番出口を出てすぐ

熱田警察署 456-0022 (052)671-0110 (052)671-0654 JR東海道線熱田駅
名古屋市熱田区横田1-1-20 熱田駅前交差点を右折北進して徒歩5分

中川警察署 454-8522 (052)354-0110 (052)354-1855 金山総合駅
市バス金山22号系統、篠原橋バス停下車、西方へ徒歩2分
名古屋市中川区篠原橋通1-4 名古屋駅
市バス幹名駅2号系統(市バス名駅27号系統)、篠原橋バス停下車、西方へ徒歩2分 

南警察署 457-0072 (052)822-0110 (052)821-0099 JR東海道線笠寺駅
名古屋市南区寺部通2-20 笠寺駅前交差点を右折して徒歩2分(笠寺駅から徒歩5分)

港警察署 455-0032 (052)661-0110 (052)654-0199
地下鉄名港線名古屋港駅
名古屋市港区入船2-4-16 3番出口から西方へ徒歩約3分

緑警察署 458-0833 (052)621-0110 (052)621-1699 名鉄本線鳴海駅
南口から南へ。国道1号線を東に鳴海町平部交差点を右折して徒歩2分(鳴海駅から徒歩16分)
名古屋市緑区青山3-20 名鉄本線左京山駅
国道1号線を西へ。鳴海町平部交差点を左折して徒歩2分(左京山駅から徒歩8分)

名東警察署 465-8558 (052)778-0110 (052)778-1160 地下鉄東山線上社駅
名古屋市名東区猪高台2-1009 1番出口から北へ。突き当たりを左折、上社駅西北交差点を右折、名東警察署西交差点を右折すぐ(上社駅から徒歩12分)

天白警察署 468-0053 (052)802-0110 (052)805-2469 地下鉄鶴舞線塩釜口駅
名古屋市天白区植田南1-401 3番出口から東方へ。植田西交差点を右折して徒歩5分(塩釜口駅から徒歩10分)

守山警察署 463-0024 (052)798-0110 (052)798-3805 名鉄瀬戸線大森金城学院前駅
名古屋市守山区脇田町401 南方500m中町田交差点を左折、東方500m
守山署北交差点右折すぐ(徒歩15分)

愛知 470-0155 (0561)39-0110 (0561)39-2900 名鉄豊田線日進駅
愛知郡東郷町白鳥2-1-8 2番出口から南方へ徒歩15分

瀬戸警察署 489-0889 (0561)82-0110 (0561)85-1363 名鉄瀬戸線瀬戸市役所前駅
瀬戸市原山町1-2 東方へ。瀬戸京町交差点を右折して徒歩10分(瀬戸市役所前駅から徒歩15分)

春日井警察署 486-0849 (0568)56-0110 (0568)56-3080 JR中央線春日井駅
春日井市八田町2-43-1 名鉄バス八田町二丁目バス停下車すぐ
小牧 485-0041 (0568)72-0110 (0568)76-9453 名鉄小牧線小牧駅
小牧市小牧1-9 1番出口を出て西方へ徒歩20分

西枇杷島警察署 452-0006 (052)501-0110 (052)501-0459 JR東海道線枇杷島駅
清須市西枇杷島町弁天32-2 北方へ徒歩3分

江南警察署 483-8233 (0587)56-0110 (0587)56-0881 名鉄犬山線布袋駅
江南市木賀町大門23 西方へ。布袋交差点を右折、徒歩5分(布袋駅から徒歩15分)

犬山警察署 484-0086 (0568)61-0110 (0568)61-8654 名鉄犬山線犬山駅
犬山市松本町2-1 東方へ。犬山駅東交差点を左折して徒歩1分(犬山駅から徒歩5分)

一宮警察署 491-0859 (0586)24-0110 (0586)24-0750 JR東海道線尾張一宮駅、名鉄本線名鉄一宮駅
一宮市本町1-6-20  東口から出て東方へ。一宮市役所北側(尾張一宮、名鉄一宮駅から徒歩10分)

稲沢警察署 492-8268 (0587)32-0110 (0587)24-3422 名鉄本線国府宮駅
稲沢市朝府町15-5  名鉄本線国府宮駅から名鉄バス、稲沢市役所前下車、北方へ徒歩1分

津島警察署 496-0047 (0567)24-0110 (0567)28-4151 名鉄津島線津島駅
津島市西柳原町2-8 2番出口を出て東方へ。西柳原町1丁目交差点を左折(北方)して徒歩2分(津島駅から徒歩5分)

蟹江警察署 497-0044 (0567)95-0110 (0567)96-7075 近鉄名古屋線富吉駅
海部郡蟹江町富吉3-225 南口を出て南方へ。富吉駅南交差点を左折して徒歩3分(富吉駅から徒歩5分)

半田警察署 475-0903 (0569)21-0110 (0569)24-0110 名鉄河和線住吉町駅
半田市出口町1-31 1番出口を出て西方へ。住吉町駅西交差点を右折して徒歩5分

東海警察署 477-0036 (0562)33-0110 (0562)32-9543 名鉄常滑線太田川駅
南口から南西へ。(太田川駅から徒歩20分)
東海市横須賀町天宝新田52-1 名鉄常滑線尾張横須賀駅
西口から北西へ。(尾張横須賀駅から徒歩15分)

知多警察署 478-0047 (0562)36-0110 (0562)36-0113 名鉄常滑線朝倉駅
知多市緑町31-1  南西へ徒歩3分

常滑警察署 479-0837 (0569)35-0110 (0569)34-9198 名鉄常滑線常滑駅
常滑市新開町5-57 西口を出て南方へ徒歩5分

中部空港警察署 479-0881 (0569)38-0110 (0569)38-0121 名鉄空港線中部国際空港駅
常滑市セントレア3-8-3 北方へ徒歩10分

刈谷警察署 448-0856 (0566)22-0110 (0566)24-6406 JR東海道線、名鉄三河線刈谷駅
刈谷市寿町1-302 南口から南西へ。刈谷警察南交差点を右折して徒歩1分(刈谷駅から徒歩8分)

碧南警察署 447-0878 (0566)46-0110 (0566)48-0110 名鉄三河線碧南中央駅
碧南市松本町26-1 東方へ。碧南警察北交差点を右折して徒歩2分(碧南中央駅から徒歩5分)

安城警察署 446-0045 (0566)76-0110 (0566)76-0010 JR東海道線安城駅
安城市横山町下毛賀知117 南口を出て南方へ。錦町小学校南交差点を右折して徒歩8分(安城駅から徒歩25分)

西尾警察署 445-0073 (0563)57-0110 (0563)57-8474 名鉄西尾線西尾駅
西尾市寄住町下田14  東口を出て西尾駅東交差点を右折、市役所前交差点を右折して徒歩1分(西尾駅から徒歩8分)

岡崎警察署 444-0864 (0564)58-0110 (0564)58-0116 JR東海道線岡崎駅、名鉄本線東岡崎駅
岡崎市明大寺町字銭堤4-1 JR東海道線岡崎駅、名鉄本線東岡崎駅から名鉄バス、岡崎警察署前下車すぐ

豊田警察署 471-0877 (0565)35-0110 (0565)35-0330 名鉄三河線上挙母駅
豊田市錦町1-59-1 東方(改札を出て右)へ。三叉路を右折、踏切を渡り、点滅信号を左折、道なりに進み、錦町二交差点を左折約200m。(上挙母駅から徒歩10分)

足助警察署 444-2351 (0565)62-0110 (0565)62-0099 名鉄本線東岡崎駅、名鉄三河線豊田市駅
東岡崎駅からは名鉄バス岡崎足助線(70分)、豊田市駅からは名鉄バス矢波線(40分)で足助大橋下車、南方徒歩約2分
豊田市岩神町仲田6-4 名鉄豊田線浄水駅、愛知環状鉄道四郷駅、名鉄三河線猿投駅
とよたおいでんバスで、浄水駅(60分)、四郷駅(45分)、猿投駅(40分)、各駅から足助病院バス停下車、西方徒歩約2分

設楽警察署 441-2301 (0536)62-0110 (0536)62-0600 JR飯田線本長篠駅
北設楽郡設楽町田口字小貝津6-2 JR飯田線本長篠駅から豊鉄バス、田口バス停下車、北方へ徒歩5分

新城警察署 441-1354 (0536)22-0110 (0536)22-1900 JR飯田線新城駅
新城市片山字東野畑349-2 北東へ。新城警察署南交差点を北進し徒歩1分(新城駅から徒歩約10分)

豊川警察署 442-0068 (0533)89-0110 (0533)89-9164 名鉄豊川線諏訪町駅
豊川市諏訪3-245 北方へ徒歩8分

蒲郡 443-0048 (0533)68-0110 (0533)68-7900 JR東海道線蒲郡駅、名鉄蒲郡線蒲郡駅
蒲郡市緑町3-12 北口から北方へ。元町東交差点左折西進し、徒歩15分(蒲郡駅から徒歩約15分)

豊橋警察署 440-8503 (0532)54-0110 (0532)54-9970 豊鉄東田本線(市電)市役所前駅
豊橋市八町通3-8 豊鉄東田本線(市電)市役所前駅下車すぐ

田原警察署 441-3427 (0531)23-0110 (0531)22-9737 豊鉄渥美線三河田原駅
田原市加治町東天神8-2 豊鉄渥美線三河田原駅から豊鉄バス、田原警察署前バス停下車すぐ


運転免許証の更新手続き等ができる5幹部交番は以下のとおりです。
運転免許証の各種手続については、こちらをご覧ください。
警察署名 郵便番号 最寄り駅
住所 最寄り駅からの経路

高蔵寺 487-0011 JR高蔵寺駅
春日井市中央台2丁目1番地の8 高蔵寺駅から名鉄バス、高森台下車西へ100m、徒歩3分
尾西 494-0007 名鉄一宮駅、JR尾張一宮駅
一宮市小信中島字郷南33番地 一宮駅から名鉄バス、尾張中島下車西へ100m、徒歩2分
大府 474-0036 JR大府駅
大府市月見町六丁目17番地 西口から南へ155号線を西へ500m(大府駅から徒歩約10分)
高浜 444-1321 名鉄三河高浜駅
高浜市稗田町四丁目1番地1 西出口を南へ。46号線を左折すぐ(三河高浜駅から徒歩8分)
知立 472-0006 名鉄知立駅
知立市山町桜馬場29番地の4 出口を東へ。知立駅前交差点を左折、知立駅北を右折500m(知立駅から8分)






実話全ての動画撮影記録があり、裁判になれば証拠として提出されます。
虚偽告訴罪をした加害者川㟢克美に対して、殺人未遂の疑いで告訴を検討しています。
理由は、虚偽告訴罪に当たる為に やもを得ず判断しました。

潔さが一切ない加害者の影響と、事故事実を事故後に防犯録画記録テープ証拠を見て 真実を知る愛知県警港警察署の対応が、虚偽告訴罪に触れる結果になった為に、此れから先に公になり処分者が出る経緯になる恐れが出ました。
我慢強い自警団は、出来るなら愛知県警の潔さを期待したいと思い我慢強く耐えていましたが、真実を捻じ曲げる行為をする警察組織の対応に対して違和感を持ちました。
出来るなら警察に対して、でっち上げ事件になる告訴行為をしたくありませんが、自分自身を守るには世の中に対して公にして 何故このような警察による不当な犯罪行為の法律無視が何度も行われ、冤罪者を生むのか!検証し 証明して今の警察組織の実体を明らかにしなければ冤罪事件が減らないと思います。

この小さなでっち上げ事件の影響で、愛知県警港警察署が、2011年2月25日の片手落ちな加害者の嘘説明だけで出来た現場検証で、事実を捻じ曲げた事故状況調査書が、事故後3日目には全て作られて被害者側運転手と助手席同乗者自警団中島は、今に至るまで現場検証が一切無い状態が続いている状況です。
港警察署交通課早崎警察官より作為的に作られて、被害者に対して不利益になる恐れを知りつつ、真実のブレーキを踏まない危険運転事実が隠された!悪意に満ちた捏造事故状況調査書でした。
被害者側自警団中島より愛知県警本部交通指導課 交通警察課に対して2011/2/25 の大型トラックによる激突事故は、被害者側だけが 一切現場検証がなされていない為に、加害者側だけの言い訳的な嘘の事故状況の説明で、愛知県警港警察署交通課警察官が作った事故状況調査書では、複数ヶ所骨折怪我の原因なった ブレーキを一切踏まない危険運転の追突が 重要性である原因であるのに、この事実を置き去りにしてしまい!事故状況調査書と愛知県警港警察署交通課警察官の言動と、名古屋交通清水副検事の言動内容は、事実を捻じ曲げた内容を、jikeidan 自警団中島が通院中の担当医師に対して連絡して話し、2011/2/25のトラックによる追突事故状況に対して、事故担当交通警察官早崎と名古屋交通検察庁清水副検事と、あいおい損害保険会社調査係りは、3双方方々は各自別々に個別に連絡して F整形外科医師に対して、((トラックが被害者の車に対して ちょこっと触った程度の追突事故なのに!何故 首の骨折等がするのは おかしいではないか!))と、、、何度も被害者の人権を無視して被害者が通院中の担当医師に対して連絡面会迄して事実から懸け離れた、<<実際はブレーキを一切踏んでいない追突事故>>であるが、3双方がワザワザ第三者の医師に面会迄して(担当交通警察官は電話だけで)双方の悪意に満ちた言動の共通点は、((トラック加害者運転手は余裕をもって安全運転していて ちょこっと触った程度の事故で何故被害者の車に当たったか、、、おかしい、、、原因が分からない位だ))と!共通の事実から懸け離れた内容を説明している.加害者側運転手の言動の内容を調査もしないで被害者側同乗者に対して事故の状況を一度も紳士に聴かず、

初めから意図が有るような状況の形があるように被害者側同乗者自警団中島に対して、落とし入れる計画的な共通した口合わせ的な言動が出ている。

何故か初めから意図がある状況の為に、加害者側運転手だけで このような計画的な事は個人では絶対に出来ない。
大きな組織が介入しなければ、自警団が告発ブログに書いた証明を、根気に潰す計画的な行動は出来ないと思えます。
自警団中島の調査でも分かりました。

被害者側同乗者 自警団中島に対して全身骨折等々をさせながら、明らかにレントゲン写真 MRI写真 CT写真に骨折ヶ所がハッキリと撮影されていて、証拠としてデジタルカメラ等々で証拠撮影していますが検察庁 愛知県警本部 港警察署に対して不当な圧力をかけている関係者がいます。
到底警察署のレベルでは無く、正義活動を根気にするjikeidan に対して、自警団を潰したい組織が、追突事故を仕掛けて失敗した穴埋めに、依頼された運転手に対して処分者無しにする為に 一石二鳥を考えて事故自体を利用して、被害者自警団中島に対して 落とし入れ為に、でっち上げ事件を捏造して、上手く行けば 自傷行為で怪我をした形にして微罪狙いで、逮捕させる為に愛知県警本部交通課 港警察署に対して、強引に 真実の事故事実を被害者自警団中島から被害届けがあっても、一切受け付けない不当な計画的な、悪意に満ちた工作が取られています。

過去に程度の低いでっち上げ事件を捏造した愛知県警港警察署 刑事課 関本係長の 手口に似た計画的な落とし(((狙った相手が真面で微罪が無い場合に 悪質な刑事達が自ら計画的に仕掛けて狙った相手を計画的にでっち上げ事件を捏造して逮捕する事)))
このやり口は公安関係者の方も真似する手口でもあり、(((四課から移動した刑事には関本係長一派が複数人いて先輩である関本から刑事の基本を学んでいる為に、例え関本から学んだ部下が公安に移動しても不思議では無く、この手口は悪い事であるが 昔から未だに存在している)))

当たり前の重傷事故は、被害者側に対して必ず生きていたなら、現場検証をしなければならない原則が自動車交通規則に存在しています。

裁判になった場合、重傷怪我の状況を診断書を提出して明らかになりますが、必ず現場検証をした事故状況調査書が裁判所に提出されます。

この時に事故状況調査書には、被害者(同乗者被害者) 加害者が双方現場検証に立ち会ったかが確認されます。
物損事故程度なら双方の運転手が車検証を警察署にて見せて、車の事故状況の写真を交通課の警察官が必ず撮影します。

又人身事故の場合は、必ず事故後に 被害者側と加害者側が、双方都合上の良い日を、交通警察官から連絡されて支持されて、必ず重傷の人身事故は 事故状況調査書が作られる前に、現場検証をしなければならない規約規則が交通法則にあります。

今回の場合は、重傷怪我状況であり まだ激痛で検査段階途中であるのに、交通警察官の都合で 不当に急ぐ作為的な怠慢行為があ 被害者側の事故状況の確認無しで、加害者だけで勝手に現場検証を済ましてしまいました。

119番にて搬送された先で、整形外科が不在でした!当直医師が内科医女性と脳外科医医師が、重傷怪我上体の自警団中島を診察して治療対応をしましたが、骨折音が追突衝撃時に7回前後 ボキボキと一瞬にて早く聴こえたと説明したが、整形外科医師では無い当直医師二名では、身体中首の骨折 頚椎脊椎胸椎の骨折ヶ所の見たても解らず、ただヒビ骨折が解らない回答があった為に、整形外科医師の確認をして 整形外科医師ではない為に、骨折ヶ所の上体を知る為と、真面な治療をしたい為に医師の目の前にて、他院に連絡して南区の搬送場所から、地元の港区の整形外科医師がいる病院に、当日転院しました。
治療費は、元来なら整形外科医師に搬送される目的で、整形外科治療を希望して119番で搬送された病院で、整形外科治療が休みであり、治療が出来ない状況の為に!此れが原因で移動転院した事でありますが、何故か内科医女性と脳外科医医師の診断書と治療費が、あいおい損害保険に請求された為に、整形外科医師では無い、
内科医女性 脳外科医男性の誤った見た手の診断書が、支払いをしたあいおい損害保険会社に診断書も提出されていた為に、整形外科医師では無い為に複数ヶ所の骨折が、一切 理解出来ない内科医脳外科医の粗末な診断書の責任で、この整形外科医師では無い検査前の診断書の影響を立てに取られてしまい、骨折 ヒビが無いから帰って良いよと言われ、散々な扱い方をされましたが、何故優れた整形外科医師が随時日勤の午前中9時から、診察をしているのに金曜日の明け方am6時前に搬送されてから、夕方6時近く迄 中京病院の救急治療室 車椅子にて病院待合室に待たされていましたが、何故に整形外科医師が病院内に居た時間に診察をさせないのか!疑問に思います。
転院の際に脳外科医から紹介状を書いて頂い内容が、全身打撲だと書いてあり散々でした!このたわけた紹介状が 招いた原因は、評判の良い中京病院がまさか整形外科医師ではなく、専門外の脳外科医から書かれた紹介状だと判断出来なかった臨港病院年配整形外科医師にとんだ迷惑をかけた事実があります。
常識で119番搬送でトラックによる追突事故で 骨折音が聴こえたと説明する患者を、まさか整形外科医師が休みの中京病院に搬送する事自体 問題点であり、救急車にて30分以上も待たされた挙句、整形外科医師が居ると聴かされた病院に搬送された先が中京病院でしたが、ずさんな扱い方を受けた為に 骨折のレントゲン撮影記録を見て判断出来ない内科医 脳外科医の判断は、デタラメな言動を言い、激痛で苦しんでいる重傷患者の私に対して、骨折ないから良かった迄 説明した両名の内科医脳外科医に対して呆れています。
内科医脳外科医医師は 実は整形外科医師だと、患者の私に説明をしていたのです。
それも痛さから、骨折の確認を何度も聞き直す、激痛の患者の私に対して 内科医脳外科医医師は、別々にハッキリと整形外科医師と認める返事を何度もした挙句、レントゲン写真を何度確認を求める重傷の自警団中島に対して騙しました。

この不信用な対応のやりとりがあった為に、他院の整形外科病院に転院を希望して、散々の経緯をたどるきっかけにされた事実は変えれません。

此れが原因で他の病院の臨港病院整形外科に移動しました。

確かに初診時の119番による、不確認の救急指令の影響もありましたが、受け入れする病院の長年に渡る隠された、患者を取りたい習慣のマニアル的な対応が、内科医 脳外科医師より ことごとくありました。

専門外の医師では、極端に離れている骨折以外は不可能だと 整形外科医師からハッキリと聴かされました。
整形外科医師は検査段階の患者の状況に対して ヒビ 骨折が無いと、調べていない段階では絶対にしないと聴かされました。

やはり内科医脳外科医に対する、119番にて搬送された時点の救急患者の私に対する対応はズサンでした。

長々と個人の愚痴を書いてしまいましたが、私は几帳面な性格であり 事故状況にても 自らを守る姿勢に隙が無い努力を手抜きしません。
通常の方々が、追突されて首の骨折 頚椎 脊椎 胸椎 左側下肋骨 右足股関節 左側足剥離骨折 等々していたら動けません。精神を痛みから分離する位の気合いを入れて我慢して、逃げるそぶりのトラック前に行き写真撮影をしました。
何故加害者トラック運転手は、バックして体制を立て直した状態で、何故に運転手席から暫く降りず、トラックの前でデジタルカメラを構える自警団の私に対して!エンジンを何度も 唸るぐらいにフカシテ、まるでドケードケードケーとやっている状況でした。

今迄 通常の事故の対応が成されると思い、不当な扱い方を我慢していました。
警察 あいおい保険会社 加害者側運転手と和孝運送会社(引っ越し屋) 交通検察官から最悪な対応をされていましたが、一切潔さが無い対応をされた為に本当に迷惑をしています。
ブレーキを一切踏まないトラックによる危険運転事故の状況を、事実と違う加害者運転手の嘘による(安全運転をして何故か少しちょこっと触った追突事故だと)虚偽の言い訳を加害者一人だけで現場検証を済ましてしまい、被害者側運転手と被害者側同乗者自警団中島に対して、未だに一度も現場検証をしない港警察署交通警察官早崎部長 高橋警察官による片手落ちな交通規則を無視する職権乱用の扱い方で、被害者側は不当な差別的対応をされました。
この加害者の嘘の影響で、被害者側同乗者自警団中島は、全身を複数ヶ所の骨折をしながら、加害者の嘘の説明だけで現場検証をされた影響で、重傷怪我事故扱いに対して、軽度な触った事故に作為的に変えられた為に、交通警察官と交通検察庁副検事により でっち上げ事件を捏造されたと変わらない、被害者に対する落とし入れる行為をされて、虚偽告訴罪にあたる 罪無い冤罪者に対して不当に偽の犯罪者にする強引な事件がありました。
詳しい内容を 次回に記入致します。

何故正義勝活動をすると不当な扱い方をされて、でっち上げ事件を捏造されるのか!又 命迄狙われるのか!今の警察組織と公安関係者と公庁の対応に対してついていけません。
全く法律が正しく守られていません。
非常に残念です。

此れ以上 不当な偽装工作が、まだまだ続くなら世の中の皆様が、興味深い内容の別件事件と不祥事が複数事件 告発される流れになります!!!
上の静止画像は隠し撮りした動画撮影記録を静止画にして貼り付けました。
事故現場の証拠写真です。
控えの写真がハッキングの影響でボカシが入った状態の為に分かり辛いです。
誤字がありましたから追伸を入れて追加しました。
見て頂き誠にありがとう御座いました。
jikeidan告発ブログを支持してくれる訪問者の皆様 心からありがとう御座いました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

jikeidan

Author:jikeidan
人助けを目的にするjikeidanです .誘拐事件に巻き込まれた子供達を救出する為努力してます. 誘拐事件犯人を追い詰め 真実を世の中に出す事を目的に頑張ってます. 冤罪者を助ける事と 社会正義を守る道徳心の為に努力してます.個人の限界を超えて頑張ってますが 命懸けで 少しでも世の中の為になる事ならと思い 人生をかけてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。