FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本国を心配する日本人を大切に扱ってほしいと思うjikeidan : 警察庁の片桐長官と警視庁現職の長官が、理由無く両名が辞職会見無く 何故に任期を待たず辞職したのか?大きなきな臭い警察庁不祥事と警視庁不祥事が公になり出した原因があるのか?警察庁と警視庁は現行法律を正しく守らなければならないと思う!前任者の不祥事隠しを後任者警察幹部は引き継ぎ拒否しなければならない!法律違反.不祥事隠し.違法事件に対しては真剣に事件解決に望まなければならない。警察庁と警視庁は何故に被害者家族拉致目撃情報者方々に違法捜査をするのか!警察庁と警視庁警察組織幹部の天下り企業にパチンコ(朝鮮企業)経営者団体に対して、非情に天下りが多いのは何故か?拉致被害者捜査問題に影響を与えている事実。拉致問題目撃関係者は公安警察から徹底的にマークされて尾行されるが!目撃者情報を警察に告発告訴しても、何故か絶対に調書拒否されるのは警察組織幹部の意向があるのか!天下り警察OBが現職警察組織幹部に影響を及ぼしている事実は、悲しい警察の実態です。天下り警察幹部は警察組織に関わる行為を遠慮して頂きたい。現職警察組織幹部は元OB上司に頭が上がらない伝統があるが何故か!此れが拉致問題捜査の妨げになる現実。

2013/4/1 追伸
公安一課の所管ーパチンコ業界は30兆円産業か?











ハッキング行為にて、データー写真が作為的にボカシを入れられる!!犯人は警察関係者の疑い大。




















たかじん様 お帰りなさい。 御身体大切にして下さい。
番組を盛り上げる たかじん様は貴重な存在価値がある素晴らしい人物です。
大好きなたかじん様を私は支持いたします。

世の中の誰も知らない裏話を山ほど知るコツコツと正義活動に励み努力する jikeidanです。

日本人に優しいブログに感銘いたしました。
特に たかじん様の番組でパチンコ問題を取り上げている内容に付きまして!
事実、、、とても参考になり。 警察庁等々の関係組織上層部等がパチンコ業界関連企業に対して定例的に天下りして、警察組織に大変にマイナスになる癒着体質が!ハッキリと分かる流れが とても参考になりました。
パチンコ業界は可なりの外国人(朝鮮)の比率が高く外国人に対して税金の優遇がなされていて!莫大な売り上げにある利益に対する税金が非課税の為に国庫に入らない流れのようですが!どの時期に誰が!この不合理な理不尽な問題を 取り上げて 日本の税金システムのプラスになる 体質改善がなされる事を期待して、国に有益な方法で 外国人に対する税金システムの改善が、なされるように出来るのか!国民として呆れながら静観して見ています
改正する理由が国内には 沢山あるのではないでしょうか!警察庁等々の体質改善をする時期ではないですか!取り締まる側の警察庁幹部の就職活動先が何処だと思いますか、、、
警察組織上層部幹部の天下りパチンコ企業は、北朝鮮系企業会社が非常に多い為、問題山積に思えます!
特に拉致問題点がネックであります
現職の警察庁幹部警視庁幹部等々の諸先輩方が天下りしているパチンコ企業団体は、弊害は無いのでしょうか!北朝鮮系企業関連のパチンコ経営問題に対して、どうやって対応して部下の仕事に対して指導が出来るのでしょうか!警察庁等々関係者から 支持命令があれば!部下達はどうやって上司に逆らい、被害捜査が出来るのでしょうか!上司に逆らって捜査すれば 間違い無く飛ばされます。
所謂 拉致問題事件です
警察庁等々の組織上層部幹部が お得意さんにしているパチンコ関連企業の天下り企業に対して影響が出ると、警察の天下り就職企業が就職不安定になれば、真っ先に警察組織上層部幹部等々の就職問題に 即 発展してしまいますから、拉致問題に対して 率先して捜査等を刑事課警察官がすれば、就職先企業に影響が出る為に!警察組織上層部幹部は、、、激情して 部下に対してマイナス行動を取るでしょう、、、結果どうなるか、、、!国民の皆様は理解出来ますね。
一生懸命に捜査した現場の捜査官は、何かの形で影響が出てしまい 捜査チームに残れないと思われます。
今迄 何度も何度も拉致問題点に対して、告発告訴は、、、限りなく国民からあったとおもわれます。
だが!足を救うのは!同じ警察の上層部幹部等々からの!見えない圧力なのです。
北朝鮮問題に対して調査活動をすれば、公安が動き出して 八方塞がり状態になります。
北朝鮮問題に対して少しでも、日本人市民が日本人を救う運動をすれば、公安部が調査対象者にしてしまい 徹底的にマークしてしまい 異常な捜査をして、盗聴等々をして情報を!公安部上層部に全て上がります。
この情報が、警察組織上層部幹部の天下り企業会社パチンコ関連企業の就職した!元警察幹部にじゃじゃ漏れしてしまい!何が起きるかは、経験者なら理解出来ると思います。
単純に内容次第ですが!北朝鮮拉致問題点に影響が出る情報の場合は、公安部の内定したターゲットは狙われます。

特に拉致問題に詳しい確信的な情報を持つ、日本人は散々の目にあいます。
jikeidan が何故に、度々命を狙われ 偽装事故に見せかけられてトラックから追われるかは!此処に問題点があるのです。

8回もトラック等から命を狙われてしまい、5回目に激突追突されてしまい!首の頚椎骨折.脊椎骨折.左側肋骨骨折.左側足剥離骨折.右足股関節骨折.右膝靭帯損傷(後日CTにて骨折らしき後あり) 右腕靭帯損傷等々の重傷状態にされた殺人未遂事件が発生しましたが。
証拠の動画撮影記録があるにも関わらず、追突事故を軽微な追突事故に偽証調書を交通警察官が何故か作り、事故状況確認書にて事実を湾曲した片手落ちの加害者だけの聴き取り内容を元に事故状況確認書を作成してしまい、被害者側に対して一切ブレーキが間に合わない激突追突事故状況であるのに、(警察官達は作為的な流れで可なり手前から余裕を持った運転で、触った程度の事故だと虚偽内容に変えてしまい!){被害者側同乗者のjikeidan 中島に対して首の骨折等々が骨折するのは、おかしいのではと交通警察官等々が妄想的な先入観を持ち}交通警察官の間違った加害者側の一方的な話しを採用した!片手落ちの被害者側運転手を事故現場検証に立ち会わせない、一方的な加害者だけの意見で事故状況調書を作成した!片手落ちな対応が愛知県警港警察署交通警察官より作られてしまい、被害者側同乗者は、一切事故状況説明を交通警察官から加害者運転手の発言を聴いていない為に、加害者側運転手の嘘が分からず、虚偽の事故説明で ブレーキを一切踏まず追突した大型トラック運転手は、嘘を云い40キロで確認してから走行して、ブレーキを踏んで追突したと、交通警察官と名古屋交通検察庁清水副検事に対して虚偽を説明したようです。
この加害者側の嘘の為に、被害者側同乗者の私は、自ら首の骨を作為的にしたのではと!、、、疑うとまで言われた虚言癖的な発言をした副検事に対して、頭の構造を疑いました。
虚偽告訴罪に匹敵する虚偽の事故状況調書を元に、不当な冤罪容疑被害事件に指摘する不当な扱い方を 交通検察庁清水副検事よりされました。
検察庁清水副検事の器の程度も疑いましたが、平然と事実から懸け離れた事故状況説明を交通警察官と担当交通検察官に対して、平然と虚偽説明をしたトラック運転手加害者に対して人間性の欠片もない行為に対して呆れてしまい 憤りを感じます。



jikeidan 中島は困っている方々の助けになればと思い、未解決事件の犯人逮捕に繋がる告発 告訴等して、世の中のお役に立つ行動を 長年に渡りして来ました。
真実を告発するjikeidanが余りにも状況証拠に近い告発をする為に、知らず知らずに誤認逮捕冤罪容疑事件に絡む、足利事件等々の未解決事件容疑者を訴える行動を取っていた為に、警察不祥事隠しに対して影響が出始めた事に対して!警察不祥事隠し関係者は、警察の総力を上げて 口封じ工作を取って来たのす。

あらゆる角度の情報に研究熱心なjikeidanに対して不祥事隠し警察は 手を焼いているようで!次から次に未解決の事件解決に繋がる告発をする jikeidan に対して 警察は不祥事隠しを むき出しにして 法律を破り違法捜査行為を今だに取り続けています。

パチンコ問題の確信的な情報は、まだ書いていませんが!
警察庁等々関係者が法律を無視する行ないを、相変わらず続けるなら特集記事が発表される恐れがあります。
命懸けのjikeidan に対して殺人未遂事件行為を此れから先に少しでも続くなら!jikeidanから確信的な告発が起きて 国民の皆様が怒る騒動が起きる可能性があるでしょう。

A
警察庁 科警研関係者は 直ちにjikeidanに連絡して、不祥事隠し捏造違法捜査に対して謝罪して。正式に証拠隠滅している複数件の未解決事件に対して直ちに目撃者調書を取って事件解決しなければならない。
法律を正しく守るのが警察庁の指揮監督する立場の道徳心と思いますが!
何故に警察庁 片桐長官は辞職する前に 、この警察庁科警研関係者の 旧 DNA血液型遺伝子鑑定検査方式の不備を正して謝罪会見をしなかったのか!疑問である。

B
警視庁長官は何故に重要目撃者情報を警視庁捜査殺人係りに時効前にjikeidan 中島より拳銃強盗警察官殺人事件未解決事件内容に対して、警官殺しの疑いがある外国人容疑者に対して、警察官が持ち歩く南部回転式紐付き拳銃を護身用に持ち歩くイラン人の重要目撃者情報調書を、警視庁殺人捜査課に協力して ワザワザ名古屋市中川区中川警察署を指定して、捜査協力者になり自警団の私は、拳銃目撃者情報を警視庁捜査関係者に協力しています。
何故に国民に真実を公開しない。警察官が持ち歩く当時の 南部式黒色回転式紐付き拳銃を護身用に持ち歩くイラン人 モハメド アタさんが、隠し持っていて!トラブルになると脅しで出す行為があった事実調書が取られている事実を何故に警視庁は報道に出さない。

身内の交番勤務の警察官が、強盗殺人被害者になり、取られた拳銃の追跡調査を何故に警視庁はしない!!警察官の南部式黒色回転式紐付き拳銃の捜査は、いくら犯人が飛行機にて!特攻攻撃死亡しても、国内に拳銃がある疑いは濃厚であるのに!何故に身内の警察官が殺されているのに、今だに捜査拒否が続くのだ!!
何度警視庁捜査刑事課に自警団が連絡しても、今だにほかりっぱなしではないか!
捜査方針と内情が、余りにも違いすぎる
告発の影響でjikeidan 中島は、どのような立場か分かるか!警視庁殿
警視庁長官が辞任する前に、何故 道徳心から命懸けの努力するjikeidanに何故連絡して協力者に迷惑を掛けた行為に対して謝罪しない、、、
何の為の愛知県警中川警察署を指定して、警視庁殺人捜査刑事課捜査員に対して協力調書を取ったのか!私の一生懸命の努力が報われない。
謝罪連絡してこい 、、、警視庁後任者責任者殿
ボランティアの精神で努力するjikeidanを利用だけして踏み台にするな!!
懸賞金は一円ももらってないぞ!権利があるが、亡くなられた気の毒な警官の家族に全て懸賞金をあげなさい。
気の毒な警察官の為に、私を落とし入れた警察に対して一生懸命に協力した私の気持ちが分かるか、、、!警視庁殿 部下の為に真実を国民に発表せよ。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
ニュース記事記入

((何故 旭が丘派出所警察官殺害事件で旭が丘派出所警察官殺害事件
場所 東京都清瀬市旭が丘2丁目
日付 1992年(平成4年)2月14日 (午前2時30分頃から午前3時20分頃)
概要 殺人、拳銃強奪事件。2007年(平成19年)2月14日公訴時効、未解決。
攻撃手段 刃物
死亡者 警視庁巡査長(42歳)
東村山警察署旭が丘派出所警察官殺害事件(ひがしむらやまけいさつしょあさひがおかはしゅつじょけいさつかんさつがいじけん)とは、1992年(平成4年)2月14日に東京都清瀬市で発生した殺人、拳銃強奪事件。別名清瀬市警察官殺害事件。2007年2月14日、未解決のまま公訴時効を迎えた。))

1992年2月14日午前3時20分頃、東京都清瀬市旭が丘2丁目にある警視庁東村山警察署旭が丘派出所(現在は「交番」)で、当時42歳であった巡査長が血を流して倒れているのが近くの新聞配達員に発見された。通常、交番勤務は2人一組で待機しているが、他の警察官はその当時通報を受けた別の一件に出ており、巡査長のみの隙を狙った犯行であった。巡査長は首・胸などを刺されており、病院に搬送されたが午前4時頃に死亡が確認された。巡査長の拳銃(S&Wチーフス38口径実包5発入り)が奪われていた。警視庁は強盗殺人事件として捜査本部を設置。殉職した巡査長は、当日付で警部補に二階級特進した。また、東京都知事から知事顕彰(顕彰状と見舞金100万円)が贈られた。
その後の捜査で派出所の机の上に管内の住所が書かれた「警察参考簿」が出ていて、道案内の地図も書かれていたことから、犯人は道を尋ねるふりをして襲ったとみられた。また、司法解剖の結果、死因は左の首を刺されたことによる頸動脈損傷と判明。拳銃をつるすひもが切られていたことから、鋭利な刃物が使われたとみられる。1989年5月に練馬区で発生した中村橋派出所警官殺害事件の際に、犯人が「拳銃を奪って強盗をするつもりだった」と供述していたことから、拳銃を使った第二の犯行が警戒された。しかし、その後奪われた拳銃が使われた形跡はなく、犯人像にはガンマニアの犯行などの説も出た。事件当日に服に血を付けた二人組の男を見たとするなどの目撃証言があったものの、犯人の遺留品も見つからなかった。単独犯か複数犯かもわからず、捜査は行き詰った。
2006年2月14日、公訴時効まであと1年と迫ったことを受け、東村山署防犯協会は犯人検挙に最も貢献した情報に対して懸賞金300万円を支払うことを決定した。しかし懸命な捜査もむなしく、2007年2月14日午前零時に公訴時効を迎えた。現在は殺人事件としての捜査、および懸賞金の支払いは行っていないが、奪われた拳銃の捜査は今後も継続される。
参考文献 [編集]

1992年2月15日 朝日新聞 朝刊29面 「清瀬の警官殺害から一カ月 犯人像絞り込めず」
関連項目 [編集]

中村橋派出所警官殺害事件
外部リンク [編集]

警視庁のページ
カテゴリ: 日本の未解決殺人事件平成時代の殺人事件日本の強盗事件多摩地域の歴史清瀬市警察官が殉職した事件・事故1992年の日本の事件
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
拉致被害者を日本に戻す為に、地方自治体県警に対する指揮監督をする警察庁等々の、パチンコ企業団体に対する天下りに対して 考えなければならない時期に来ています。
一層の事 賭博等々のパチンコ企業に対して国が管理して収益の一部をパチンコ経営者サイドに!税金を引いた分だけ支払いすれば、消費税問題点にプラスになり消費税の値上げに待ったをかけれるのでは?
私の寝言と思って忘れて下さい。
頑張って下さいよ。
自民党 安倍総理大臣殿。
自民党の最後の期待の星。
以前 自民党安倍総理大臣殿に御手紙mailを送った jikeidan です。
頑張って日本国民を守って下さい。
以前送った電話 住所 にて連絡が取れますのでjikeidanの妨げをする機関に対して指導を宜しくお願いします。
日本国が大好きな 自警団
jikeidan
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

警察庁天下り先企業 保安通信協会の役目と利権

 警察庁によると、昨年末現在のパチンコ設置台数は約295万台

パチンコ台は一般財団法人「保安通信協会」の検定に合格しなければ出荷できない。

パチンコ台一台の検査代金は、152万円
スロットル台一台の検査代金は、181万円

保安通信協会が検査シール1枚貼るだけの手数料が パチンコ台一台に152万円も支払わなければ 警察庁の許可が出ないシステムを警察庁が作っています。

保安通信協会は警察庁地方自治体県警幹部達の天下り会社であり、パチンコ業界は許可を警察庁から頂く為に、パチンコ台スロットル台の営業許可の名目で検査合格シール1枚を台に貼るだけで、パチンコ台152万円一台でスロットル台181万円一台で警察幹部の天下り会社保安通信協会に金を献金しなければ営業許可が出ないシステムを警察庁幹部達から伝統的に作られています。

全国のパチンコ台年間メーカー販売台数は、2014年度で295万台あり
一台152万円✖︎2.950.000(295万台)=
4.484.000.000.000(4兆4840億円)

スロットル台年間販売台数は、2013年度で131万台あり
1台181万円✖︎1.310.000(131万台)=
2.371.100.000.000(2兆3711億円)

パチンコ台数2014年度分警察庁発表台数の保安通信協会検査金額代金4兆4840億円➕スロットル台数2013年度分保安通信協会検査金額代金2兆3711億円=合計 6兆8551億円

警察庁組織が作り上げた天下り先 保安通信協会に対して、パチンコ台スロットル台の検査許可(シール)代金は、年間検査料金合計額が、6兆8551億円もの巨額な金額が警察庁の天下り先会社 保安通信協会に入り、警察庁組織幹部達の天下り先に入るシステムが作られています。

全国の地方自治体県警全ての警察予算額は、約4兆円です。

警察庁組織幹部達の天下り先会社 保安通信協会に入るパチンコ台スロットル台の許可制度は、警察庁他方自治体県警と表裏一体であり、警察が天下り先会社保安通信協会に対して、警察の意向で許可名目で警察庁組織幹部の天下り先の保安通信協会に対して警察庁の強制力にて、警察関係者機関に対して金が入る警察都合主義のルールを、裏側で法律を利用して勝手に作ってしまい定例化して民間パチンコ企業業界を牛耳ってしまい、パチンコ企業業界を圧迫しています。

莫大な異常と思える保安通信協会のパチンコ台スロットル台にかかる検査料金は、警察庁の意向で一方的に決められている為に、民間パチンコ企業業界は営業許可を頂くには 警察庁組織のルールに従うしか方法が無く、警察庁組織の決められたルール内で、言われるままに莫大な検査料金を払い続けて営業許可を頂き パチンコ企業業界は店舗の開店をして営業をしています。

パチンコ企業業界は店舗を開店させる前から、上に書かれた莫大な検査料金を警察庁組織の天下り先 保安通信協会に対して検査料金を払い続けている為に、営業前から莫大な検査料金を払い資金負担が異常に大きい為に パチンコ企業業界経営者は、莫大な検査料金の元を取る為に、パチンコに来られる客から警察庁の天下り先会社 保安通信協会に支払いした検査料金の元を引くため パチンコ店舗に来る客から巻き上げる行動行為をしなければ 経営が成り立たないのが現実です。

此の警察庁組織の過去から続き間違った伝統が、パチンコ企業業界に負担になり結果、客である方々が大きく損害を受ける流れになっているのが、今のパチンコ企業業界の現実であります。

パチンコ企業業界を擁護しているのでは無く、警察庁組織の過去から続く 天下り先会社 保安通信協会の検査代金のシステムを作った警察庁組織幹部達による民意の圧迫になります。

何故に此処まで 莫大な検査代金を警察庁組織の天下り先会社に対して、許可制度を悪用してまでも、警察庁幹部組織の天下り先会社に対して 国民を裏切る様な 常識はずれの途方もない保安通信協会の検査代金名目許可で、莫大な金額を貪るのか、一 国民として異常な警察の内情に対して、国民の見本に、なる行いをする名誉職の警察官に対して、こんな実情が本当に続いて許されるのかと疑問に思いました。
今の警察による金儲け主義に思える方法なら、警察組織を全て民営化してしまい、国が保安通信協会を牛耳り 消費税に対して保安通信協会の検査代金を全て収めれば、消費税を5%に下げれる内容だと思います。

保安通信協会は警察庁幹部達が過去に作りあげた警察の天下り先組織会社であり、国が正しく国民を守れる正しい警察組織に刷新しなければ 今の警察庁組織幹部達の構想は、国民にとり危険な不利益を害する異常な流れに成りつつあります。
国民を圧迫する警察庁都合主義の法律改正に対して憤ります。
可視化の流れを閉じさせる警察庁都合主義の流れでは、此れ以上悪意に満ちた警察庁都合主義の法律改正が進む流れになるなら 警察を国民の努力で民営化して頂きたいと希望します。

保安通信協会は特別会計制度ですか警察庁幹部殿

保安通信協会に入る6兆8551億円のお金は国税に収められていますか!

地方自治体県警本部とパチンコ店舗地区の営業管轄警察署にまで、パチンコ企業経営者は、保安通信協会の検査代金以外に 営業許可を頂く為に 相当の金を支払っていると聴こえて来ますが、警察庁幹部組織の本当の実体は、警察を利用した 金設け集団組織に思えます。

警察がパチンコをする一般市民に対して裏切り、裏側でパチンコ企業業界を圧迫して警察の天下り先 保安通信協会を利用して莫大な検査名目で利益を貪り 国民に負担を直接的に与える行状を裏側で取り続ける異常なカラクリを計画的に行っています。



iPhoneから送信

Begin forwarded message:


パチンコ台:大量回収へ メーカー不正改造 警察庁が要請
毎日新聞
 全国に流通するパチンコ台で、玉の流れを左右するくぎが不正に曲げられていることが業界団体の調査で判明し、警察庁が業界側に不正機の回収を要請していることが同庁への取材で分かった。不正はギャンブル性を高めるためとみられ、メーカーが出荷段階で行っていたことが判明。業界団体が回収の対象機種を精査しているが、大規模な回収になる可能性がある。

 パチンコ台の多くは、盤面の中央にある「始動口」に玉が入るとデジタル抽選が始まる仕組みになっている。デジタル抽選で「大当たり」になると大量の玉が出る。警察庁によると、不正は、デジタル抽選の回数を増やすため、始動口に玉が入りやすくなる方向にくぎが曲げられていた。盤面の左右などにある「一般入賞口」に入ると「小当たり」として10個程度の玉が戻るが、一般入賞口には入りにくくされていた。

 パチンコ台は一般財団法人「保安通信協会」の検定に合格しなければ出荷できない。不正なくぎ曲げは以前から業界関係者らの指摘があり、警察庁は今年4月、一般社団法人「遊技産業健全化推進機構」に実態調査を依頼。同機構が6〜8月に全国161店舗の258台をサンプル調査したところ、全機に何らかの改変がみられ、検定通過時と同じ状態のままのものは一台もなかった。

 パチンコは刑法で禁じられる賭博行為から外されている。一方、射幸心を高めすぎないよう、大当たりなどの出る確率が風営法や国家公安委員会規則などで規制されている。これらの規制で一般入賞口には10分間に数十個が入ることが求められているが、約6割で全く入らない状態だった。

 このため警察庁は「メーカーの出荷段階でもくぎ曲げが行われている可能性がある」として、メーカーで組織する「日本遊技機工業組合」に調査を指示。同組合は11月、「全35社のうち11社で調べたところ、メーカーの出荷時で、検定を通過したものとは異なるパチンコ台があった」と警察庁に報告した。

 メーカー側の不正は、客を獲得しようとする店側の需要に応えることが目的だった可能性がある。同庁は風営法などに抵触する疑いがあるとして問題機種の回収を要請。メーカー側は店側と協力して回収することを決めた。関係者は「回収は数十万台規模になる可能性がある」と話している。

 警察庁によると、昨年末現在のパチンコ設置台数は約295万台。警察幹部は「くぎ曲げによってギャンブル性が高まると、法律で想定しているパチンコとはまったく異なる状態が生まれてしまう」と指摘している

消費税問題は警察庁関連 保安通信協会を国の一般会計制度に取り入れたならば消費税問題が解決するのでは

パチンコ台一台に152万円の検査代金を警察庁の天下り先 保安通信協会にパチンコ企業業界が警察庁組織の天下り先企業に対して、開店営業前に支払わなければならない強制力が警察庁の取り決めで伝統的に行われている。
因みにスロットル台一台の検査料金は181万円である。
パチンコ台を300台用意してパチンコ店舗を開店させるには、恐ろしい金額の検査料金を、警察庁の天下り先保安通信協会に開店前に支払わなければ営業許可が下りない仕組みを警察庁組織が伝統的に取り決めている実体。
300✖︎1.520.000=450.000.000
300台のパチンコ台の許可検査料金は、4億5000万円を警察庁の天下り先企業 保安通信協会に支払いをしなければ、パチンコ店舗の開店営業許可は下りないシステムです。
参考に年間の販売台数合計とパチンコ台 スロットル台の年間販売台数合計と掛け合わせると、警察庁組織の天下り先 保安通信協会に支払われる総合計が分かります。
社会常識的に警察庁組織関係者が民間企業に対して検査代金名目で、強制力にて取り決められた検査代金の支払いが、パチンコ企業業界の経営に支障を与えている実体であり、早い段階で莫大な保安通信協会に支払われた代金を回収する為に、一般的な市民の方々がパチンコで勝てない原因が、此処に問題発生しているのです。
開店前から莫大な検査代金を支払いして、赤字から出発するパチンコ企業経営者は、客から早い段階で借金を回収する為に 如何しても無理な台の引き締めをしなければ営業が成り立たないのが実情です。
まさか裏側で警察利権が強制的に蔓延り、パチンコ企業業界を警察の好き勝手に 検査名目で途方もかい数兆円の検査料金を警察庁の天下り先 保安通信協会が独占して行う事は、独占禁止法に触れています。
国が此の問題点に着手して、警察庁の天下り先企業の保安通信協会を、国が管理して一般会計制度に取り入れなければ、ますます警察力が増大してしまい警察の強権力が暴走してしまい、政治を警察力が独占して牛耳る流れに成りつつあります。
政治家が警察力の圧迫に屈して、決まっていた可視化が延期される流れに成りました。
警察の暴走に待ったがかかる流れに対して、警察が政治に警察力で口を塞ぐ圧迫を巧みに加える力を持ちすぎてしまい、政治力を上回る力を蓄えた警察の身勝手な都合主義が、警察組織の都合上悪い内容に対して、あらゆる圧迫を巧みに加える警察組織の本性が最近になり目立つ様になりました。
国民が警察組織の動向に対して、目配りしなければならない警察組織の強権力に対して 監視して抑制させなければ、昔の様に 軍国主義の様に警察が
暴走する怖れが出たのが、現在の金儲け主義の暴走が、天下り先を沢山作り
保安通信協会なる警察庁の天下り先企業が、警察の許可制度を利用して、莫大な検査料金名目の利権を得て、一般市民の娯楽のパチンコまでもが 莫大な検査料金名目で開店前から、デタラメな一台152万円もの検査料を取るシステムまで作る今の警察は、恐ろしい金儲け主義に変わってしまいました。
今一度 消費税問題を解決する為に、保安通信協会なる警察庁の天下り先企業に入る、約年間6兆円の検査料金を国がかんとくする警察庁に対して、強制力にて、国が管理して警察庁の天下り先企業 保安通信協会を国の一般会計制度に取り入れて、消費税問題を解決出来る公平な法律的な対応作を希望したいと願います。

2014年度のパチンコ・パチスロの総販売台数の集計が公開されました!
前年と比べると発売台数が減っていますが、遊技人口も減少傾向にあるので必然の流れでしょう。
特にスロットはAT機規制もあり、来年は更に厳しい販売台数実績が出ると思われます。

関連記事:パチンコ・パチスロアワード2014の最優秀機種発表

パチンコ部門の総販売台数ランキング
総販売台数:約204万5000台(2013年:約222万台)

1位 サミー:約29万7000台(主力は「北斗の拳6」で約13万台)
2位 平和:約26万台(主力はルパン三世)
3位 三洋:約25万1000台
4位 京楽産業.:約24万4000台(主力はAKB48バラの儀式)
5位 サンセイアールアンドディ:約19万台(主力は牙狼黄金)

昨年のパチンコ販売台数:222万台から減りましたが、ギリギリで200万台を維持しました。
1位はサミーで「北斗の拳6」が多台数を売り上げ、主力として活躍した事が大きいでしょう。
三洋が3位・京楽産業が4位と順位を落としていますが、来年も苦しい年になるでしょうか?

スロット部門の総販売台数ランキング
総販売台数:約112万6000台(2013年:約131万台)

※ユニバーサル:約22万3000台(主力はアナザーゴッドハーデス・バジリスク)
1位 大都技研:約12万6000台(主力はサラリーマン番長)
2位 エレコ:約11万台
3位 オリンピア:約10万1000台
4位 山佐:約9万8000台
5位 サミー:約9万4000台(主力は蒼天の拳など)

スロットではユニバーサルグループが約22万台を売り上げ、実質的な1位となります。
(ユニバーサルは複数社あるので、単体ではエレコ以外ランクインしていません)
次いで「サラリーマン番長」の大都技研がランクインしています。
3位以下の3社はほぼ横並びの台数となりますが、特にスロットは来年以降の厳しい状況が予想されます。
果たしてどうなるでしょうか…?パチンコ台一台に152万円の検査代金を警察庁の天下り先 保安通信協会にパチンコ企業業界が警察庁組織の天下り先企業に対して、開店営業前に支払わなければならない強制力が警察庁の取り決めで伝統的に行われている。
因みにスロットル台一台の検査料金は181万円である。
パチンコ台を300台用意してパチンコ店舗を開店させるには、恐ろしい金額の検査料金を、警察庁の天下り先保安通信協会に開店前に支払わなければ営業許可が下りない仕組みを警察庁組織が伝統的に取り決めている実体。
300✖︎1.520.000=450.000.000
300台のパチンコ台の許可検査料金は、4億5000万円を警察庁の天下り先企業 保安通信協会に支払いをしなければ、パチンコ店舗の開店営業許可は下りないシステムです。
参考に年間の販売台数合計とパチンコ台 スロットル台の年間販売台数合計と掛け合わせると、警察庁組織の天下り先 保安通信協会に支払われる総合計が分かります。
社会常識的に警察庁組織関係者が民間企業に対して検査代金名目で、強制力にて取り決められた検査代金の支払いが、パチンコ企業業界の経営に支障を与えている実体であり、早い段階で莫大な保安通信協会に支払われた代金を回収する為に、一般的な市民の方々がパチンコで勝てない原因が、此処に問題発生しているのです。
開店前から莫大な検査代金を支払いして、赤字から出発するパチンコ企業経営者は、客から早い段階で借金を回収する為に 如何しても無理な台の引き締めをしなければ営業が成り立たないのが実情です。
まさか裏側で警察利権が強制的に蔓延り、パチンコ企業業界を警察の好き勝手に 検査名目で途方もかい数兆円の検査料金を警察庁の天下り先 保安通信協会が独占して行う事は、独占禁止法に触れています。
国が此の問題点に着手して、警察庁の天下り先企業の保安通信協会を、国が管理して一般会計制度に取り入れなければ、ますます警察力が増大してしまい警察の強権力が暴走してしまい、政治を警察力が独占して牛耳る流れに成りつつあります。
政治家が警察力の圧迫に屈して、決まっていた可視化が延期される流れに成りました。
警察の暴走に待ったがかかる流れに対して、警察が政治に警察力で口を塞ぐ圧迫を巧みに加える力を持ちすぎてしまい、政治力を上回る力を蓄えた警察の身勝手な都合主義が、警察組織の都合上悪い内容に対して、あらゆる圧迫を巧みに加える警察組織の本性が最近になり目立つ様になりました。
国民が警察組織の動向に対して、目配りしなければならない警察組織の強権力に対して 監視して抑制させなければ、昔の様に 軍国主義の様に警察が
暴走する怖れが出たのが、現在の金儲け主義の暴走が、天下り先を沢山作り
保安通信協会なる警察庁の天下り先企業が、警察の許可制度を利用して、莫大な検査料金名目の利権を得て、一般市民の娯楽のパチンコまでもが 莫大な検査料金名目で開店前から、デタラメな一台152万円もの検査料を取るシステムまで作る今の警察は、恐ろしい金儲け主義に変わってしまいました。
今一度 消費税問題を解決する為に、保安通信協会なる警察庁の天下り先企業に入る、約年間6兆円の検査料金を国がかんとくする警察庁に対して、強制力にて、国が管理して警察庁の天下り先企業 保安通信協会を国の一般会計制度に取り入れて、消費税問題を解決出来る公平な法律的な対応作を希望したいと願います。

警察庁幹部の天下り会社★保安通信協会 保通協  警察幹部の天下り会社のパチンコ企業の内情

2016年2月9日水曜日。警察庁幹部の天下り会社★保安通信協会 保通協  警察幹部の天下り会社のパチンコ企業の内情を詳しく書き込みをすると、警察の不都合な内容に対して警察不祥事隠し関係者から不正アクセスが普通に行われてしまう現実。

サイバー攻撃被害を受けた自警団管理人。

警察の都合主義で警察に取って都合悪い内容に対し、改ざん 誤字 脱字は当たり前に行う警察の実体。

以前から警察は法律を無視して裏側では当たり前に行う不正アクセスをして個人情報を不正に入手する事は当然の当たり前に行う警察の暴走の横暴が当たり前に行われています。

警察の横暴で通信傍受法律が出来てから警察は個人情報である個人のID パスワード IPアドレスを勝手に取得してしまい、警察庁幹部達の都合上悪い狙った相手に対して不正アクセスをしてサイバー攻撃を仕掛ける事は定例化した警察の実体です。

ましてや天下の警察庁幹部達を名指しで不祥事隠しの実体を告発した自警団管理人に対してサイバー攻撃を仕掛ける警察庁関係者は地方自治体県警本部にまで一蓮托生させる間違った不祥事隠し命令を出しています。
興味深い自警団 jikeidan 真実の実話告発ブログに対して警察庁幹部達の命令で当たり前で警察が自らが法律を破り捨ててしまい警察が犯罪を犯し法律を守らない事が定例化している状況は異常事態です。この度 真実の実話告発ブログ自警団 jikeidan が発信した保安通信協会 保通協のパチンコ台に対する検査名目で、パチンコ台一台の検査料金が「152万円」の異常に高い検査料金が発生しています。 
警察庁発表の2014年度のパチンコ台販売台数は「 295万台」ありパチンコ台一台かける×(152万円かける×295万台は〓)約4兆5000億円。スロットル一台181万円かける×131万台は=約2兆3000億円。年間のパチンコ台数とスロットル台数の検査料金を合計すると6兆8000億が警察庁の天下り会社 保安通信協会(保通協)に入る仕組みがあります…

本日2016年2月9日 水曜日 以前告発している内容と被り 重複している内容原因は、警察庁天下り先 保安通信協会 「保通協」がパチンコ企業会社に対して莫大な検査料金名目で年間約6兆8000億円もの検査料金を取るシステムを公開致しました。

しかしながら自警団管理人が書き込みした内容が改ざんされていました。

計算内容を閲覧者の方々の皆様に簡単に理解出来るように書き込みした内容が改ざんされていました。

パチンコ一台(×)かけるが(??)に改ざんされていました。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

jikeidan

Author:jikeidan
人助けを目的にするjikeidanです .誘拐事件に巻き込まれた子供達を救出する為努力してます. 誘拐事件犯人を追い詰め 真実を世の中に出す事を目的に頑張ってます. 冤罪者を助ける事と 社会正義を守る道徳心の為に努力してます.個人の限界を超えて頑張ってますが 命懸けで 少しでも世の中の為になる事ならと思い 人生をかけてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。