FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追伸記入 改ざんされた為に2013/4末日追加記入する告発 4 jikeidanに口封じ行為をした尾行者に対して徹底的に撮影する。 告発ブログの自警団に対して危険行為をする不審者の写真を、三度に渡り2011年2月24日に写真を3度に渡り写真を投稿する。当日写真投稿した数時間後に、たまたま招待されて健康センターに行く道中から、健康センターまで尾行され目の前の私達に対して現れ出て、圧力をかけられました!この為に私に対して、殆んど付き合い関係の無い、知り合って間が無い障害者で心優しい方に対して、分断行為に取られる!極端な圧力がありました、、、自分達から直ぐに見える範囲内に来て脅しと取られる視線を与えられる行為に対して、正義感から止めるように 低姿勢にて怒らせないように、車の近くでもお風呂の中でも!尾行者に対してバレテいる状況を悟らさせる対応を取りましたが 効果無く大柄の二人の捜査関係者に見える男達は、見下すように威圧感を出して脅迫的不安感を与えて来ました。また不当な不祥事隠し関係者の捜査員に見える方達は直接的に抗議をする 私達の直ぐ近くまで近付き?一緒に居る方に恐怖感を直接的に与える行動したのです。この為に追突事故をされた日に健康センターの最終閉店時間帯を可なりオーバーして尾行者の不審人物を避ける為に わざと帰宅時間を遅らして! 一緒に居た方の動揺を静める為に 気を使い落ち着いてから、自宅前に送ってもらいました。自宅前にて私が車から下車する間際に 突然大型トラックが追突して来ました!2011年2月25日夜中の04時頃に トラックのアルミロングボディーの車が、ブレーキも一切踏まず!私が送って頂いた小型乗用車パッソに対して、二車線の左側に停車中の車に対して追突をしたのです!追い越し車線はガラ空き状況なのに、何故か不自然に左側車線を進行して 追突して来ました!!夜中の四時頃は 車が通行していない状況の為に、トラック等々は可なりの速度で通過する為に、交通量が少ない時間はスピードを出す車が圧倒的に多い幹線道路です。何故 急ぐトラックが、交差点まで可なり距離があり 離れているのに、トラックは追い越し車線を避けてワザワザ 通行の妨げになりやすい左側車線を通行したのか 疑問に思います!!!偶然性の事故と考えたいが、余りにも状況が不自然な為に 追突した和考運送会社トラック運転手に対して、誰かに頼まれて私の命を狙ったのかと....事故現場にて追求しました!!不自然な言い訳が和考運送会社運転手 川㟢から説明がありました。(川㟢運転手は居眠り運転で追突する瞬間に咄嗟に避けようとした瞬間に追突してしまったと弁解していました。此の度 現場検証が規則的にされていない為に、何かの意図が愛知県警港警察署交通課 早崎.高橋警察官に対して不自然差を感じました!理由は被害者側運転手と被害同乗者の自警団の私に対して一度も現場検証が無く!!何故重傷事故である人身事故に対して、正式に現場検証をしないのか 納得が出来ない為に、2011年2月25日の和考運輸トラックの追突事故事件に付いて、防犯録画記録が有るため 証拠として愛知県警港警察署交通課 課長代理 長谷川警察官に対して、防犯記録内容を直接的に証拠として提出して見せました。しかしながら 愛知県警港警察署 052 661 0110番の当直責任者でもあり、交通課 早崎 高橋の上司である長谷川課長代理は、部下の失態を庇いだてしてしまい、証拠隠滅行為を取り証拠である 和考運輸トラックが追突したシーンが録画されている防犯記録内容を伏せて隠し通してしまい、被害者同乗者の自警団の私に対して 職権乱用行為を前に出して [文句あるなら交通検察庁に言え]と凄んでしまい 帰らないと職務上の邪魔をした事になるから、公務出向妨害罪になると凄んで来ました。 被害者の私は自らの権利である真実の証拠である追突シーンが撮影されている証拠の防犯記録を証拠として、港警察署交通課 長谷川課長代理が受け止めて欲しかっただけです。当たり前の権利が港警察署交通課長谷川課長代理により、証拠を握り潰されてしまい 愕然としました。証拠採用して頂きたい為に一生懸命にお願いする私に対して、不当な職権乱用をする港警察署交通課 長谷川警察官に対して 全く交通規則を遵守しない警察官上司に対して危機感を感じました。人権侵害行為です。此れが原因になり 上司である長谷川課長代理が部下を庇ってしまった事が原因で、追突事故の交通警察官が作成した事故状況調査書は、一方的な加害者だけの現場検証で出来た内容だけで作られてしまい、散々なデタラメな加害者側の言い訳だけの事故状況調査書が、事故日後の2011年3月1日には、全ての事故状況調査書提出されて完成していました。私が弁護士に依頼して2011年2月25日の事故状況調査書類を取り寄せて頂いて見ると、驚く事に2011.3.1付けの日にちで提出されていました。恐ろしい怠慢な愛知県警港警察署 交通課 早崎 高橋担当警察官でした。 私は首の骨折をして頚椎5番目と背骨の胸椎7.8番目を骨折して、左側肋骨骨折、右側股関節骨折、右側膝 左側足首甲等々の重傷骨折をしているのに、被害者側は全く現場検証をされない片手落ちな対応を未だに 続いている有様です。 一切ブレーキ踏まない危険運転であり、追突の衝突寸前の1m位手前から、和考運輸トラック川㟢は追い越し車線側に方向転回を試みた途端にパッソ白色車後方に激突しましたが、防犯記録動画撮影にはこの事実がハッキリと映っています。しかしながら加害者が現場検証にて一方的に加害者だけで説明された内容は、虚偽内容があり(安全運転をしていて何で触ったか原因が分からないと警察官に説明していました!)恐ろしい加害者だけの現場検証の為に交通課早崎 高橋警察官は、詳しい調査もせずに ブレーキ後が無い為に、警察官はスピードが出ていないと判断したと聴きました。偶然に交通課早崎警察官が私の担当医師に対して、電話連絡にて((触った位の追突事故に対して何で首の骨折がするのか?おかしいではないかと?担当医師に電話にて強調して詰めよったと聴きました))。港警察署交通課早崎 高橋は、めんどくさいから 当日に救急車にて被害者が病院に運ばれている為に、現場にいた加害者側の和考運輸運転手の説明だけを聴いて、その場にて全ての現場検証を済ましてしまった為に、トラックによる相当の追突衝撃波が起きている事実を見逃しました。。。被害者の自警団の私は全身の骨折ヶ所が多いのに、事故日に加害者川㟢運転手が愛知県警港警察署交通課早崎 高橋の前と、現場にて救急車の中に被害者側運転手と被害者同乗者の私を待たしている間に、救急隊隊員が簡単な事故内容を聴く為に、現場にて加害者側が交通警察官に嘘の説明をしている状況を、救急隊隊員が聴いている状況が、防犯カメラで撮影されていました。この事から救急隊隊員は交通警察官の前にて、嘘の追突説明をする加害者 和考運輸運転手の嘘の説明を聴き、当たり前の救急隊隊員の状況収集をした為に、救急隊隊員が聴いた加害者と交通警察官のやり取りで、得た状況を信じてしまい マンマ 記録に収めて 搬送病院医師に対して現場の状況収集の結果を知らせた為に、専門外の内科女性当直者 脳外科当直者が、整形外科だとハッキリと思われる回答をしてしまい、専門外の当直者医師により 不慣れな専門外の整形外科が対応する検査を出来ず、誤った誤診をして 重傷骨折だらけの首の骨折を数ヶ所する 被害者の自警団の私に対して、無理矢理に帰る事を進めて 精密検査を望んでいる激痛で苦しんでいる私に対して、不当な扱い方をしてしまいました。此れが原因になり加害者側運転手のデタラメな嘘が、一人歩きした為に 警察官 救急隊隊員 保険会社 交通検察庁 医師まで、間違った誤認をさせる原因が起きてしまったのです。加害者側運転手 川㟢は、事故日から今までに一度も連絡も無く 和考運輸会社も一切連絡も無く保証も一切ありません。1円も一切 もらっていない状況です。又 交通事故日から事故の状況を ブログ上に出していますが、通信傍受盗聴犯人により!ブログ内容が頻繁に改ざんされてしまい、動画撮影されている記録内容に対して 不正アクセス妨害行為があり、何故か有り得ない事が頻繁に起きています。誤字 脱字 明らかな意味不明にする改ざんがありますが、誰が何の目的で自警団のブログ内容に対して 改ざん行為をして来るのか???明らかな 作為的な事故と疑う私に対して 違法行為をする警察の関係者による通信傍受法による、不正アクセス禁止法違反行為が行われています。何故自警団の個人情報である ID パスワード IPアドレスを、通信傍受法にて盗聴傍受した情報にて、警察は此れを利用してしまい 私の自警団のパソコンの個人情報である大切な私の、IPアドレスまでコピーしてしまい、私になり変わりFC2のサーバーに対して、自警団の私に成り済ましてしまい、不正アクセスを頻繁に行い 警察に不利益と判断した真実の実話告発ブログに対して、あらゆる方法で不正アクセスを繰り返しています。何で法律を守る側の警察が 此の様な強引な暴走行為に明け暮れるのか!理由は単純で検察は自警団から 警察庁科警研旧式 DNA血液型遺伝子鑑定検査方式の塩基配列に対して、間違いがある事を追求する自警団に対して、圧倒的な行動を取り不祥事隠しに必死な警察庁科警研幹部による不祥事隠しの隠ぺい工作の流れが 未だに続き、未解決事件の 群馬県 太田市 パチンコホールにて、誘拐された 横山ゆかりちゃんの事件に対して、真犯人を追求して 犯人を 告発 告訴状 を出した自警団の私に対して、警察庁 科警研 幹部関係者は、冤罪で有るのに 旧式DNA血液型遺伝子鑑定検査方式を証拠として逮捕した菅谷さんに対して、有益な証人に繋がる自警団の目撃者情報に対して、警察庁科警研幹部関係者は 群馬県太田市で誘拐された横山ゆかりちゃんに対して、目撃者の自警団の私から 真犯人に対して訴えている以上、この重要な横山ゆかりちゃんを1996/7/8 に愛知県名古屋市港区東海通地下鉄 東海通駅交差点から50m位西北 メゾンド東海 5F一階に以前あった ミニストップ東海通店前にて、当時 1996年7月8日午前 5時30分過ぎに店舗入り口前にて、横山ゆかりちゃんと妊婦女性と真犯人の 市原まなぶ を間違いなく目撃しています。この目撃者を数え切れないほど 愛知県警港警察署 等々に告発しに行き、警察官から一蓮托生にて口を塞ぐ行動を数え切れないほどにされました。 未解決事件に対して 群馬県太田市太田警察署の横山ゆかり捜査本部まで 何度も連絡して目撃者情報に対して、愛知県名古屋市港区東海通まで 調書を取るように進めましたが、太田警察署は上層部幹部から圧力が入っている様な受け答えがあるような感触を感じました。此の様な告発 告訴行為を自警団の私が 続けている最中に、頻繁に警察関係者から 有り得ない嫌がらせ的な不当な圧力と確信出来る内容の嫌がらせが刑事捜査員からされました。 今だに続く陰湿な尾行行為に対して 此れでも警察官のやることかと思っている最中に、尾行が頻繁にあり不安に思い 用心している最中に、私に協力してくれる方が 突然にあり得ない場所にて引かれてしまいました!!!愛知県警本部と愛知県庁 中心近くにて跳ね飛ばされました。緊急入院した自警団の協力者は、私に対して 不自然な跳ね飛ばし人身事故だから、あなたも注意した方が良いですと!!念押しされました。この日から一週間後に 自警団の私がトラックにより激突されたのです。実はこの書き込み内容が改ざんされた為に、追伸として 真実を付け加えたのです。私は和考運輸トラックから追突された後からも、何度も大型トラック .小型トラック.ダンプカー.乗用車等々から、狙われる明らかなツケ回しをして、命を狙われた大型トラック複数台から挟み撃ちを為れかかり、命がけで逃げる不審事件が頻繁にありました。出る釘にならないようにした積りでしたが、余程 警察不祥事隠し関係者は 打つて無しの状態で、不当行為をしたと思います。 私の命を狙った方々の一部の方々は警察関係者も含まれます。神 仏様に誓い真実です。?運転が原因とトラック加害者側運転手から直接的に名古屋市港区東海通四丁目地下的口東海通駅交差点より西北にて、カワサキ(大山)からハッキリと聴いています。証拠の自宅前防犯動画撮影記録に保存された証拠動画を、静止画像にして写真を貼り付けて告発証明致しました。しかし数十枚の事故静止画像の確認をすると、告発ブログjikeidanの証拠的写真内容に、トラックが追突する間際の写真が、作為的に不祥事隠し関係者より、順番を前後意味合いを誤魔化すような、不自然な写真の入れ替えが、また発生しました。この為にあえて証拠的保存の為に ハッキング行為の証明の為に、正しい証拠的内容を 入れ替えされた状況のままにして 事件告発を正式に致します。トラック加害者運転手が一度も見舞い連絡も保証も無く、雇い主の運送会社も一度も見舞い連絡も保証も何も無い為に、異常な加害者に対して不自然に疑いますが、何故に加害者は一度も被害者に連絡無しで、姓 名前を川㟢から大山に変えて 仕事を、事故後に直ぐに辞めたのか不自然である!又 トラック加害者側運転手の会社は、何故に黒塗りトラック運転屋根に、大きな霧模様の大門が付いているのか?山口組は菱形の大門ですが、右翼は菊の大門ですが、警察は霧の大門を使いますが!私に対して追突した運送会社のトラックは不思議に全て黒塗りで、運転屋根にデカイ看板に霧の大きな大門マークがあり、何故連絡が無いか調べた結果の内容に、名古屋市港区 和幸運輸会社の黒塗りトラック全てに、霧の大門マークが大きくフロント屋根に入っていました。やはり公安警察の繋がりがある証拠的状況が分かりました。居眠り運転で追突したと事故時点で加害者側トラック運転手は説明していましたが、この場で自警団の私は加害者の説明に嘘を咄嗟に感じて、あなたは会社から依頼されて!わざと追突したのでは無いですかと質問しると 、一瞬 目の動きが泳いで 何か間があきましてから、居眠り運転で追突したと行成説明し出した為に、自警団の私は不自然に思い 加害者運転手に対して、公安警察か!???!どちらから依頼受けたか 本当の事を正直に説明してくれと問い正しました。 実は告発ブログ内容に書いていない重要な加害者側運転手の証言がありますが、何故に被害者側同乗者の私、自警団が告発ブログに全ての情報を書かないかは、いくつもの訳があるのです!自警団の私は、ズバリ加害者運転手に対して事故現場にて追求しました。真実の加害者側運転手の言動 態度行為ジェスチャーを、ありのまま書いてしまうと 加害者側運転手に危害が加わる為に まだ私は加害者側運転手.運送会社の不誠実な対応に対して、気分悪く大丈夫かと考えています!!真実の加害者側運転手の状況を、このタイミングで書いてしまうと殺人未遂事件に発展してしまいます。何故に被害者の自警団が加害者を庇うかの理由は、実際は凡人の方々には理解出来ないと思いますが?私の考えだけを書きます、防犯カメラの動画撮影記録を見れば、加害者側運転手は依頼者から 圧力があるでしょう、、、理由は単純で追突を狙って、パッソ後方を二車線中追い越し車線を走らず、何故に左側車線を交通量の極端に少ない時間帯に、急ぎのトラックが何故に左側車線を、減速せずにスピードを出して急接近したかは、理由は聴くまでなく トラック運転手は、被害者側に真面に追突したら死ぬ事を知りながら、覚悟して追突をする為に実際は狙ったのです!!!ハッキリ言ってトラック運転手はビビりが入り パッソに後方より激突する瞬間1m位まで急激に接近した時点で、人間性を少し取り戻して 激突追突の瞬間にためらい右側追い越し車線に反射的に避けてしまい、死亡事故に繋がる追突が!咄嗟のトラック運転手の迷いから本の少し為らってくれたお陰で、被害者側運転手と自警団の私は、殺されず助かりました。今回の追突事故以外で大型トラックによる 度重なるトラックによる命を狙っているとハッキリ分かる状況の、大型トラックが相当のモースピードで、信号待ちの私に対して 赤信号を一切止まる行為が見られないライトの急激な接近があり!爆音とモースピードで突進して来る勢いの為に度々の危機感の慣れもあり、咄嗟の状況判断が人並み外れた人間になっているのではと思える直感力が 冴えているように、回避して此方側が赤信号を急激に左右に渡り避けた事もままありました。信号無視する勢いの大型トラックに対して回避して避ける為に赤信号を急激に左折して回避行動を取り、、、避けて奇跡的に避ける事も度々あったのですやはり思った通り 命を狙いモースピードで深夜に私を狙い赤信号を無視して走り去って行きました。和幸運輸のトラックによく似た?黒っぽいトラックでした。狙われた追突事故行為は最近を含めて、8事件もあります。2011/2/25の重傷首骨折等々事故は、五回目に大型トラックから狙われ実際に激突追突された初めての重傷事故でした。実際に運転手には追突事故依頼がカワサキ(大山)にあった時点で断わっていても!べつの関係者から強制的に断れないような方向性に追い込まれた関係者が、誰がババを掴むだけでした。自警団の私は確かに命を狙われた事に対して心底腹が立ちますが、加害者側運転手の気持ちの迷いのお陰で、殺されず済んだ事に対して加害者側運転手に対して責めれませんでした。加害者に対して 今回の仕事の依頼者は、保険が入っているかと確認すると、確かに入っていますと応えてきました。私は狙われた事なは行き道理していますが、加害者側トラック運転手に対して 追突殺人行為の仕事が!依頼者に対して 下手をした事で、依頼者の運送会社 自警団中島を狙わした組織関係者からカワサキ(大山)は、消されるのではと心配していました。この事から追突して重傷行為をした大型トラック運送会社.加害者運転手 大山には、我慢して一切連絡をせずに耐えていたのです。自警団中島は 何故にこのタイミングで追突した運送会社側に対して民事裁判を決断したかは、殺人未遂事故が 単なる軽傷の一週間の虚偽の被害者側の診断書だと、作為的に作られた偽造に等しい、行為が警察関係者から捏造的に出されていて、このまま放置すれば、首の頚椎骨折等々の重傷診断書三ヶ月が、不当に扱われて握り潰される事実を、真面に被害を受ける為に加害者側運転手の、道徳心とモラルを疑った為に 何の義理も無い薄情な加害者運転手を庇い切れず、一部告発する行為決断しました。人情で加害者を庇った行為が!後々に出て裏目に出ました。このまま殺人未遂大型トラック運転手関係者を放置すれば、私の関係者まで影響がありますので、ここに追伸内容として 一部の真実を告発致します。

不自然な被害事故に遭遇する!
トラックから自宅前にて追突される。
jikeidan 告発ブログ管理人が重傷被害者になる。

何故か真実の実話告発ブログ jikeidan 書き込みが不正アクセスされて、文章の意味に対して改ざんが頻繁に行われる!!!

誰が何の目的で ここ迄 何度も拘り改ざんを続けて来るのか???

警察が絡んだ不祥事事件を告発した自警団に対する、嫌がらせと 不祥事隠しを続ける都合上悪い 犯罪事件に手を出した警察関係者の悪巧みの工作活動がエスカレートした事実。

再再入力日 2013/5/13。~2014/ 追突事故日の防犯録画記録を静止画像にして、一部の写真を公開しましたが、何故か何度も不正アクセスをする方より改ざんされてしまいます。

事故日の静止画像が 追突トラックの状況が不思議な事に、前側と後側が偽装工作をされていました!
不正アクセスをした方が、自警団のパソコン内部に不正アクセスをして、自警団の管理人の記録保存データー内部に侵入して、本来のトラックによる追突事故写真に対して、明らかに偽装工作をしてしまい事故事実を ねじ曲げる行為が、不正アクセスした連中からありました!!
2011/2/25 のトラックから追突された瞬間の防犯動画記録内容を、短くして静止画像にして真実の実話告発ブログ jikeidan に出しましたが、ハッキング犯人より不正アクセスをされて、事故現場のトラックが追突するシーンの順番を侵入者から不正アクセスをされて、前後を作為的に入れ替えられました!!!
追突したトラックの動きに対して、写真を入れ替えて事実をねじ曲げる行動をして来ました!
不自然なトラックによる追突事故だと事故当日から疑っていますが、何故不正アクセスを繰り返す侵入者が、わざわざ 防犯録画記録写真に対して、作為的に改ざんしてしまい 事故事実を真実の状況から 外圧を掛けて改ざんをしてまで 捻じ曲げたいのか???見えない方達からの暗黙の圧力が発生していました!
通常の自然な事故なら、不正アクセスまでして事故事実を変える意味があるのか???変えようとする根拠は一体何故か!何故 改ざんしてまで事故事実を変える意味があるのか!!!疑問点が残ります!!!

この理由から、今回の和考運輸 運転手川㟢からの追突事故は、第三者が絡んだ 口封じの疑いがある 依頼された事故では無いかと疑いました!

依頼された理由を疑うと、元来 自警団の告発ブログ jikeidan に対して、尾行追尾捜査員から頻繁に嫌がらせの様に、追跡をされ出したタイミングから、自警団の管理人のパソコンに対して不正アクセスが酷くなり、頻繁に保存データーに対して 極端な改ざんがあり!写真データーに対して 判別出来なくなる不正アクセス改ざんがありました。

FC2に告発ブログを出す、jikeidan に対して 特に未解決事件内容に対して 侵入者は不正アクセスを繰り返して、改ざんが最悪の時に、何度も尾行者が追尾して来る事が酷い時に、突然に暗い運河沿いの通行量の少ない時間帯に、見知らぬ大型トラックから極端な危険行為をされる、ツケ回しからエスカレートした、追突を狙った信号無視による、極端なスピードが出た加速から始まり、私達が乗っている普通乗用車に対して、追突事故を狙う為の狙い撃ちをする、大型トラックが頻繁に現れました。

この不穏な殺人未遂事件が発生し出した時に、何で尾行追尾をする警察捜査員は、私達を狙った信号無視をして 追い回す危険運転をする大型トラックの違法行為に対して、目視しながら何故に見て見ぬふりをして、危険運転をする大型トラックに対して、取り締まり及び パトカーを呼ぶ行為をしないのか!警察関係者捜査員の片手落ちの対応に対して 本当に憤ります。

此の様な同じ危険運転を繰り返す、殺人未遂トラックが存在する状況の中で、警察に対して 信頼出来ないと思う理由は、今回の殺人未遂事件が何度も発生した時点で、後方より尾行追尾捜査員が着いて来る事を、目視していますから、殺人未遂事件に関連がある警察捜査機関は、自警団を狙う追い回したトラックを、尾行追尾途中にて 状況を見ている以上、殺人未遂事件に絡んだトラック連中に対して、異常な行為に対して 殺人未遂トラックを何度も、追尾捜査員は見ているはずです。

殺人未遂トラックが追突する間際に、尾行捜査員が追跡している状況であるのに、何故にトラックが追突した瞬間後に ゆっくりと現場を見ながら眺めている尾行追跡警察捜査員は、何故に知らん顔をして 見無い振りをしたのでしょうか!
真面な警察なら!いくら狙う相手に対して、命の危険行為に見える トラックによるブレーキを踏ま無い追突事故を 近くで目撃したなら、近くにより 人命救助行為をしても良いと思いますが、何故に何時もながら!jikeidanの管理人の私達に対して、突然に危険運転する命を狙うような、暴走行為をした大型トラック等々が、jikeidanの管理人の私達に対して襲いかかり、急激なスピードで追い回しをする場面を、愛知県警警察捜査員がjikeidanの管理人の私に対して、尾行追跡しているタイミングで 距離を取り、目撃しているのに!何で知らん顔をして、愛知県警本部尾行捜査追尾関係者は、殺人未遂トラックに対して 警察が取らないといけない行動が出来ないのでしょうか!!!

警察捜査員なら、jikeidanに対して危険行動をする大型トラックに対して、何故に直ぐにナンバー確認をして、身内の県警本部に対して110番通報をして、目撃した危険運転する大型トラックに対して、通常の警察官の職務を遂行出来ないのですか!!!

何度も何度もトラックから、度々命を狙われる行為があった事実を、愛知県警本部と港警察署に対して 通報して被害状況を通報後から 警察署 愛知県警本部に対して 届けでをしていますが、何故に 警察署 愛知県警本部は 一切 動かないのでしょう--------

この愛知県警本部と港警察署の不自然な、対応と被害状況を知る愛知県警本部 港警察署に対して、本当に警察の立場の人間かと疑います!!!

jikeidanに対して 危険運転行為をする不審者に対して、愛知県警本部 港警察署は、何処の連中かを知っているのではないですか???

2011年2月25日に愛知県名古屋市港区東海通四丁目東海通道路上にて、jikeidanの管理人の私が、トラックから急激な追突をされた状況に対して、愛知県警本部 警察尾行追跡捜査員は 24時間体制で、jikeidanの管理人に対して 徹底的に管理捜査をしている状況で、何故に何度もjikeidan管理人を狙うトラック等々の危険行為をする 犯罪者に対して検挙しないのですか???

jikeidanに対して、携帯電話の位置情報を見ながら 目視の捜査関係者と、距離間を取りながら直接的にjikeidan管理人の私から、目視で気がつかれ無い距離間を取る捜査員達は、jikeidan管理人の私が、どの様な状況に於かれているのか!jikeidanを追跡する警察捜査員なら、全て状況が解るはずですが、何故に犯罪者の危険運転行為を取る 殺人未遂行動を取る犯罪者に対して、見逃すのですか???愛知県警本部幹部殿

以前から、jikeidanに対して殺人未遂行動を取る 大型トラックと、それに協力する殺人未遂行動の仲間達の 危険運転行動をした犯罪者の連中に対して、jikeidanの管理人は 咄嗟に殺人未遂行動を取る大型トラック 大型ダンプ 乗用車等々の、証拠の写真を撮影して 愛知県警港警察署と、愛知県警本部に対して被害状況を告発していますが、何故に捜査をしないのですか???
愛知県警本部幹部殿

犯罪者を知りながら、一切 やりっ放しは、犯人隠匿罪になるのではないですか!愛知県警本部幹部殿

又、jikeidanのパソコンに対して 不正アクセスが頻繁にありますが、愛知県警本部サイバー犯罪課の捜査担当者は、何度もjikeidanから、被害状況を聴きながら 何故に捜査着手をしないのですか??? 愛知県警本部幹部殿

報道を交えながら、世論と政治関係者をお願いしなければ、法律的に対処出来ませんか 愛知県警本部幹部殿

何処か 変ではないですか???

警察捜査機関に対して疑いたくは無いですが!愛知県警本部幹部は 事情を承知では無いですが!!!
信じたいですが、状況証拠を足して行くと 疑いから、確信に繋がって来ます。
残念ですが jikeidan 以外の第三者機関に対して、検証をお願いしなければならない状況になりました。

世論 世の中の皆様方は、jikeidanの告発内容書き込みを見られて如何に思われますか!!!

以前ら自警団に対して、不祥事隠し関連警察関係者から 前々から尾行追尾が頻繁に続いていて、普通の捜査員に見えない方々から 危機感を肌で感じる程、嫌な気持ちになる位の追尾捜査員に対して、何か私達に対して 陰湿な邪推な考えや命令をされているような気を感じていましたが、何故にここ迄尾行追尾捜査員が 躍起になり違法でっち上げ捜査をして来るのかの理由は 色々とありますが、愛知県警本部幹部殿はjikeidanに対して 何を望んでいるのですか!!!

今回トラックにより、狙われて作為的に追突されたと思う理由は何故か?
実は 以前から何度も乗用車や 大型トラック ダンプカーから狙われましたが、警察捜査員から尾行されているタイミングで何度も停車中に、大型ラックから不自然な行動をされてしまい 命の影響に関連する 激突を目的にした、命を狙らう作為的な追突事故行為が何度も続きました------

今まで jikeidan 管理人はタイミングよく逃げ延びて来ましたが、2011/2/25 に和考運輸川㟢運転手から 不自然な追突事故をされてしまいました。
和考運輸が、まさか引越し業務会社がjikeidanに対して作為的に追突する訳が無いと思い、 激突した理由は、川㟢運転手は居眠りだと説明していました!加害者側運転手川㟢の言葉を信じましたが、自警団の私は納得はしていませんでした。

後々から加害者側川㟢運転手の言い訳説明が、間接的に伝わって来て!私に対しては事故現場にて居眠り運輸で追突したと説明していましたが!被害者側運転手と同乗者は、119番通報後に救急車に乗り 事故現場で 待たされて居る間に 加害者側和考運輸川㟢運転手が、被害者に説明した居眠り運転をひるがえしてしまい!被害者側が事故現場に立ち合っていない事を良い事に、ブレーキも踏ま無い危険運転をした川㟢は、嘘を説明してしまい(安全運転をして走行中に 何で触ったか分からない)と嘘の説明をしてしまい!!港警察署交通課警察官 早崎 高橋 に対して、虚偽の言い訳説明をして、騙された港警察署交通課警察官は、加害者側運転手川㟢の説明に合致した現場検証を作ってしまいました。

この怠慢な加害者側運転手の責任で、嘘の事故状況調査書が作られてしまいました。
被害者側の私達に対して片手落ちな対応をした警察官は、全ての事故調査書を事故後三日後の、2011/3/1には事故状況調査報告書が、加害者側だけの現場検証だけで 全て作りあげてしまい 出来ていました。

この為に、被害者側同乗者は全身骨折だらけの上体でありながら、加害者側川㟢運転手の虚偽説明の現場検証だけで全ての事故調査報告書が作られた為に、事実からかけ離れた状況に誤解されてしまい、被害者の私は重傷事故でありながら、嘘の加害者運転手川㟢の虚偽説明の為に、事実からかけ離れた扱い方をされてしまい、軽傷事故と誤解される内容の 事故状況調査書の責任で、被害者の首の骨折は ((後から自称行為か!別の事故で したのでは無いかと))書類を目にした交通検察官副検事より、誤解されてしまい 疑われる原因にも繋がりました。
デタラメな空想的な扱われ方をされた理由は、規則通りに被害者側に対して現場検証をしなかった片手落ちの理由から、有り得ない警察官の怠慢な失態が原因で、事実からかけ離れた内容になってしまいました。

自動車運転過失傷害事件として、頚椎骨折等々の診断書を愛知県警港警察署に対して告発した後から、後々から交通検察副検事により 港警察署交通課警察官早崎 高橋 の現場検証の怠慢が原因で無駄骨をされました。

愛知県警港警察署交通課警察官から怠慢な片手落ちな現場検証の責任で、嘘からの責任で、虚偽告訴罪に指摘する迷惑な扱われ方をされてしまい、いらん疑いを交通副検察官から掛けられる原因になりました。

確かに加害者側川㟢運転手の片手落ちな加害者側だけの現場検証だけで全ての実況調査書類を作ってしまった交通課早崎 高橋の責任もありますが、平然と現場検証にて 救急車の救急隊が警察官から話しを聴いている最中に、加害者が平然と安全運転をしたとか!追突事故現場にて被害者側の乗用車に対して、ちょこっと触った程度の追突事故だと、紛らわしい誤解を生む嘘を 加害者運転手川㟢が、言わなければ 被害者の私は、真面に整形外科が居る病院に搬送されたと思います。

又 激痛の私から、首の痛さの異常を伝えた患者の説明に対して、搬送先の医師は 専門外の患者に対して CT MRI 検査をしながら、不慣れな担当外の検査記録をみずに、何故か骨折等々後を分からない診察をしました!!!
整形外科の対応を、内科医 脳外科医が診察をしてしまい、不慣れな対応判断をしてしまいました。
経験が無い担当以外の整形外科診察を、内科医と脳外科医がしてしまい、複数ヶ所の骨折状況に対して 担当外の診察をして 分からない専門外の回答を安易に説明してしまい、誤診をしてしまいました。

骨折状況は、通常の整形外科医師なら 石灰化する状況日数を考えた 判断をして、初診では確定的な判断をしない回答をらしますが、整形外科以外の内科医と脳外科医医師は、整形外科医師が判断する内容をしませんでした。

ハッキリと全身打撲傷だと診断をした為に、被害者のjikeidanは 整形外科医師では無い方々から、デタラメな診断決定を伝えられてしまい、飛んだ迷惑な間違った紹介状まで頂き 誤診内容が転院先の整形外科医師にまで伝わり、治療内容が後手になる原因になりました。
このために頚椎骨折 胸椎骨折 肋骨骨折 股関節骨折 他等々の複数ヶ所骨折であるのに、全身打撲傷の誤診内容紹介状を頂いた為に、激痛の怪我でありながら 泣く泣く痛みを我慢して、休みながら激痛に耐えて 日々通院して、一日も入院をせずに、首の複数ヶ所骨折であるのに耐えて 通院を続けた為に、治療が遅れてしまい 後々に影響が出てしまいました。
--------------------------
警察関係者と疑う方々により、強制的に通信傍受盗聴をされてから、私 jikeidanの個人情報が盗まれてしまいました。

法律化された通信傍受法に対して、警察組織は裁判所の許可を得て通信傍受盗聴をしています。
警察捜査機関に対して、一般国民は法律化された通信傍受盗聴行為に対して苦情を言えない立場にされていますので、通信傍受盗聴行為にて個人情報である 個人のID パスワード IPアドレスを警察捜査機関が自由に個人情報を取得してしまい、取得した個人の大切な個人情報を悪用してしまい、警察捜査機関関係者は、個人情報保護法を無視してしまい 悪用しています。
通信傍受盗聴行為により、警察捜査機関関係者は、捜査に関係が無い個人情報を利用して、警察に都合上悪い方々の個人情報を無断で取得してしまい、無断で得た個人情報を利用して、警察が都合上悪い相手方に対して、無断で取得した個人情報を使い、不正アクセスを繰り返してしまい 警察の狙う相手に対して、不正アクセスをして誤字 脱字 文章の改ざん 意味を解らなくする行為、写真のボカシ 遠隔操作 個人のブログに対してハッキングをして不正アクセスを頻繁にしています。

しかしながら、飽く迄 裁判所の許可が問題点がある事を国民は考えなければならないと思います。
自警団の真実の実話告発ブログ jikeidanが不正アクセスをされてから、頻繁に 告発ブログが改ざんされています。
私 jikeidan 管理人は、不正アクセスに対して何者か調べる為に、色々と心見て 私なりに試しました-----

不正アクセスをする方々から頻繁にブログ内容を改ざんされて((誤字 -脱字 -文章に対して意味不明にする改ざん -写真のボカシ-写真の消し去り-題名事文章の削除-ブログ上に出しているjikeidanのタグにヒットする名称の削除行為-私のID パスワード IPアドレスを盗んでコピーして 私に化けて不正アクセスを繰り返しして 真実の実話告発ブログ内容に対して信用失態行為を続ける警察不祥事隠し関係者の!悪意に満ちた不正アクセス禁止法違反罪行為がある)) この((.... ))内容により何者かに作為的にjikeidanの真実の実話告発ブログが削除された為に何度か訂正を繰り返していますが、訂正してもブログを閉じた後瞬間に切りが無い程 同じ改ざん内容に戻されてしまいます。

ここに上げた静止画像を16枚出して、トラックによる追突事故状況の説明の為に証拠写真を出しましたが、侵入者から改ざんされる為に 訂正しますが何度も何度も訂正しています!

不正アクセスをする方々は、組織的であり ハッキング改ざん行為に対して自警団の私は、警察に対して110番通報をしてから愛知県警本部 港警察署に対して被害届けを出す為に届けを出しましたが、特に愛知県警本部サイバー課担当さんは、私の被害の状況に対して 詳しく説明を求められました!!
私は被害状況を事細かに説明して対処の相談を求めました。
愛知県警本部サイバー課担当さんは、あなたの被害状況を聴く限り 限られた応えかありませんが、恐ろしい内容ですね-------と 前置きされた後に!
怖い内容ですが、令状がなければ出来ないような内容であり!警察がしている疑いがありますね---と 恐ろしい内容を説明されました。

不祥事隠し警察に対して不信感を抱いていた為に薄々は警察捜査機関関係者が絡んでいるのではと疑っていましたが、事実サイバー犯罪課担当様から、大掛かりな不正アクセス禁止法違反犯人に対して、疑わしい内容を直接的に聴いて見ると、警察機関に思える疑い例を聴き、私は動揺し慌てました。

まさか通信傍受法を利用した方々から、通信傍受盗聴により警察捜査機関が堂々と通信傍受盗聴をして警察が狙った相手に対して、個人情報であるコンピューター電磁取引に関わる個人情報の証明番号である、jikeidan 管理人の ID パスワード IPアドレスの証明番号を盗み利用して、警察捜査機関関係者が jikeidan 管理人の暗証番号から個人データーである個人情報迄をコピーしてしまい、自警団の管理人に化けてなりすまして、不正アクセスを繰り返してサイバー攻撃犯罪を取り続けています。

•(改ざんあり注意)•
警察が不祥事を隠す為に、警察上層部幹部が法律を破り、警察の維新を傷つけてしまい 間違った組織防衛の大義名分を続けた結果が、(警察幹部組織関係者)からの命令で地方自治体県警 警察署は、不祥事隠しの責任問題点をひた隠してしまい、不祥事隠しの影響が警察に多大な悪影響と判断した、不祥事隠しに携わる不祥事隠し警察関係者により、罪無い通常警察官まで駆り出されてしまい、不祥事隠しの繰り返しのれんさに及んでいます。

通信傍受盗聴から 個人情報保護法まで、警察に都合上良い事に利用されてしまい 警察の秩序は 何処にあるのでしょうか!!!

自警団は警察に対して、世の中に取って必要だと思い、警察の本来の不祥事隠しの実体に対して、隠す協力を続けていましたが、今の警察のモラルは 保身主義 天下り 目先の欲としか思えない実体に対して、いち国民市民として悲しく思います。

このまま警察不祥事隠しの協力を続けていけば、冤罪者から罪無い幼い子供達まで 浮かばれ無い状況が、解決に向かは無いと思えてなりません。

道徳心の判断材料にする為に国民市民の生の声を、皆様方から直接的に聴きたいとjikeidanは望みます。
是非 自警団の私に対して、正義感の心の声を届けて下さい。
jikeidan に対して 心の声と正義感の力を 分けて貸して下さい。
命がけの告発です。

------------------
2011年2月25日に不自然な追突事故が発生する---

私は自宅前道路にて車助手席から降りるさいに、四トントラックロング箱型に激突追突されました!
疑わしい追突事故状況であり重傷状態になりました!
首の頚椎骨折 、脊髄複数骨折 、左側肋骨複数骨折 、右側股関節骨折、 右側膝靭帯損傷 、左側足首こう剥離骨折、等重傷被害者になりました。

愛知県警港警察署交通課にて、此の度交通事故について!虚偽の加害者側虚偽発言があり!事故報告書が正しく申告していないデタラメな事実が発覚いたしました!

1. 防犯目的で目の前の道路側周りを360度東西南北側に24時間体制で防犯動画撮影していますが!2011年2月25日AM04時05分頃にトラックから追突を、まともに激突されていますが、後日動画を見るとリヤルに追突場面が写っていました!
私は事故被害車両パッソ白色小型普通車助手席に乗っていて、知り合いから自宅に送って頂いて左側車線を西側から東に進行して停車中、私が自宅前で降りる間際に知り合いの方に対して、お礼挨拶の為に温泉を招待して頂きありがとうと、運転手側に向かって向き直し真横を見て御礼を言い 今日はありがとう 明日は人口透析日ですか!長生きして下さいよ、、、 と 心を込めて挨拶をしている最中に、運転手が急に声に成らない唸り声を上げた為に!私は何事かと思い右側後ろを何気に見ると急にライトが見えた途端、激痛と衝撃波が同時に来て!耳の中にボキボキボキボキボキと一瞬に6~7回前後大きく何かが折れる骨折音が聴こえたと同時に飛ばされて一瞬気が遠くなりました。
トラックに追突されて激痛の為に痛い思いをしました。

事故直後トラック四トンアルミ箱型ロングトラック運転手は車から下りずに不自然なエンジン音がしだしたので、激痛を無理して危険だがトラック前に直ぐに行き、おりて来るように、、、逃げるなーおりて来るようにと、声を上げて腰に携帯しているカメラでナンバー方向を、急いで撮影した途端!加害者側トラック運転手は(もお逃げんで下がる!)と 直ぐに返答が返ってくるのと同時位にトラックが直ぐに下がり始めました!
可なり大きなエンジン音を一瞬の間 うなり音を上げましたので!突っ込んで来るのかと思い私は緊張感で慌てました!

後日防犯カメラ撮影映像を確認すると!被害車パッソ小型乗用車の後方ギリギリまで加害者トラックは減速せず走行して来て、減速無しで行き成りトラックがパッソ白色小型車の後方50センチから1m位以内に通常速度以上のスピードで急激に接近して!追突する間際瞬間に!トラックが大きくパッソ後方右寄りに激突追突して!追突の勢いで後方右寄りを潰してえぐり!激突のスピードの力によりパッソ白色小型車は左側道路歩道にギリギリに近い状態を追突された為に、パッソのタイヤが左側方向に向いている状況の為に衝撃波で、急激に押されて歩道上の縁石にパッソが飛ばされてタイヤの部分が縁石に激突して、トラックに挟まれるような形になり!追突の勢いで車内の助手席同乗者は、降りる状態でしたのでベルトを外し身体が運転手方向に真横を向いて半腰状態で、挨拶をして無防備姿勢の為!トラックの激突を予期出来無い為に、身体の真横から直接的に跳ねられたような追突衝撃を受けました。
追突の衝撃波の勢いが強すぎて全身骨折の状態になりました。

2. [追突事故による助手席同乗被害者の怪我状態
首骨折3ケ所(複雑な頚椎骨折の影響で右肩腕が麻痺状態が発生して腕が冷たい状態が続いている影響を受けている) - 左脇腹肋骨2ケ所骨折- 左足こう剥離骨折- 右足股関節骨折- 右足膝靭帯剥離損傷- 右肩靭帯損傷- 腰骨の損傷により両足に血行影響の為に麻痺状態が発生する為に歩行中に転ぶ原因が発生している- 複数ケ所の完治しずらい複雑な骨折の影響力の為に、今だに足の浮腫みが出て押さえると凹む状態が続いて不安定な状態が続いています。]

3. 愛知県警交通警察の事故状況書類の図面上によると、何とトラック運転手は居眠りでブレーキをせずに追突したと事故後に言い訳を被害者同乗者に説明していたのに、被害者が救急車にて搬送されている最中に加害者だけで単独現場検証をしてしまい加害者の都合の良い嘘の追突状況説明を事故係りに、被害者を無視する虚偽説明していた事実が警察の交通課が書いた事故状況書類に実際の追突事実と、かけ離れた内容が記載されていて発覚しました。

4. 実際は交通量の少ない夜中の4時過ぎに パッソ白色小型車は追突の衝撃波で左側の歩道縁石に1メートル位パッソ白色小型車が瞬間的に飛ばされ押され、やや斜めに傾き左側前輪が縁石に突っ込んで当たり、タイヤが真面にぶつかり反動の二重の衝撃波のエネルギーが同乗者の被害者に瞬間的に加わり複数ケ所の骨折をさせる衝撃波の原因になりました。
速度が出ていた事に対して 加害者川㟢運転手は嘘を言い制限時速以下に繋がる言い訳的嘘を言っています!)
事実をねじ曲げてトラック運転手は嘘の説明を警察にしたのです。

5. <加害者側川㟢運転手の嘘の証言は
!可なり手前で気がついた形にして、右側追い越し車線に徐々に進路を取った形にして 停車中のパッソを軽くちょこっと当てたと虚偽の発言をしている!>

6. 追突されたパッソ白色乗用車が、事故の衝撃のわりにグチャグチャに思え無い外見をいい事に、加害者側運転手は平喘と軽く当たっただけだと、ごまかして直ぐに止まれるような状況だと嘘を言い、実際は速度が出ていて激突追突する瞬間まで気が付かず減速などは一切間に合って無い状況であるが、加害者側運転手が虚偽発言しました!
トラック運転手川㟢加害者は自分自身に影響を受けないようにする為に、事実からかけ離れた嘘の追突状況をごまかした内容を、私が110番に通報して出向いて来た愛知県警港警察署交通課事故係りに嘘の追突状況を軽い事故に見せかける為に、ブレーキをかけずに激突した追突事故をねじ曲げて、(ちょこっと当たっただけ)だと嘘の説明を話したのです。

A. 保険会社がちょこっとコツンと当たっただけの事故で何故色々と首の骨折までするのかと!嘘から作られた事故状況調査書を参考に不自然だと思わせる言い回しを医師に対して話しています!
実際は酷い追突事故であるのに事実からかけ離れた嘘の内容説明がありました!
愛知県名古屋市港区臨港病院整形外科担当医師に対して、あいおいニッセイ同和保険会社から不誠実な間違った説明があり!保険会社、愛知県警港警察署交通課、交通検察庁から電話連絡が私の担当医師に連絡が来て!何故ちょこっとコツンと当たっただけなのに、何故いつ迄も治らず骨折ケ所が多いのかと!不合理な発言意見を言って!被害者を冒涜する形になり追い詰めるような犯人を疑うような言い回しをした為に加害者側の嘘が間接的に解りましたが、被害者側同乗者が事故直後に加害者側トラック運転手に直接的に聞いている現実と余りにも違う為に 追突状況をごまかした加害者トラック川㟢運転手の嘘が一人歩きしている流れが解り!虚偽告訴罪以上の被害者を落とし入れる冒涜する状態になり、交通検察庁 清水修副検事から原告である被害者の同乗者は、対した事がないのに何であちこち首まで骨折をするのかと!自傷行為を自からしたかのような言い回しをされる原因まで起きて、嘘の追突説明を受けた交通課の間違った事故状況報告書の影響が、検事に疑っているとまで脅される原因を作ってしまったのです。
加害者のちょこっとコツンと当たっただけだと嘘が、そのまま事故の実況見分書類に記入されている事自体!デタラメであり何か、被害者を落とし入れるような現実があるのです。

今だに被害者側の現場検証が無く、被害者抜きの現場検証には!法律が正しく守られていません!何故後日 現場検証を被害者にさせないのか!疑問に思いました。

被害者の同乗者は、複数ケ所骨折の影響で可なりの激痛状態であるが、病院嫌いの被害者は、脇腹肋骨複数骨折、左足こう剥離骨折、右足付け根股関節骨折、首の複数骨折 頚椎骨折、右膝靭帯損傷、衝撃波による内蔵疾患等相当の打撃を受けていますが、一度も入院をせずに今だに通院だけで我慢しています。

7. 医師の正しい診察結果に対して!疑いを持つ言い回しをした保険会社の担当は、医師に対して被害者を侮辱するような発言をする度に、被害者の患者に不合理な嘘の内容が耳に入り、加害者側運転手が嘘の説明を現場検証にて言っている事実が見え始めた為に、私は防犯カメラ録画記録を見直して加害者側運転手の追突説明が、デタラメだとはっきりと証拠証明ができます。

被害者側の助手席に乗っていた私は、追突の衝撃波で一瞬数秒 気を失う程衝撃を受けて全身複数ケ所骨折をして首の3ケ所骨折頚椎骨折までもしているのに、事故後!私が自傷行為でやったのではと思わせる!疑っているとまで言った!
名誉毀損を言われた名古屋交通検察官清水副検事の言動に対して心底腹立しく思い、どのような経験を繰り返したら被害者側原告に対して!此の様な暴言を云うのか副検事の器を疑いました。

8. 間違った事故報告書を出した愛知県警港警察署交通警察官の、調査の不手際に対して非常に腹立ちしく思います。
初動の事故現場の現場検証は、やはり被害者加害者側が一緒に立ち合い互いに誤解の無いように調べるのが平等であり!後日言った言わない等!双方が苦境に落ちない様に第三者的立場で、極端にかたよらないような公平な科学的検知から正しい実況見分を正しくして頂きたいです。

被害者が、もし死人に口無しなら!今回の事故に当てはめると被害者が泣き寝入り状態になってしまいます。

9. 奇跡的に防犯カメラ録画記録がありましたから、加害者側のデタラメな嘘の追突状況説明が今回証明されますが、もしこの防犯カメラ録画記録が無ければ!
私は でっち上げ状態にされて、自傷行為で自ら自分の首を骨折させたと言う、デタラメな交通検察官清水副検事の陰謀的に思える考え方に落としいれられるところでした。

10.この加害者側の嘘の現場検証証言の為に、被害者の真実の声を放置した交通警察官 交通検察官 保険会社等が騙されてしまい被害者の権利を無視して!被害者側の現場検証を一度もせずに!事故当日容疑者だけの説明を鵜呑みにして現場検証して嘘の言い訳をそのまま採用してしまい、追突時のスピードと被害者側パッソ白色小型車の50cmから1m以内まで減速せずに走行接近して激突間際に加害者トラックは一瞬回避行動を右寄りに取ろうとしたように防犯動画撮影に写っていましたが、被害者パッソ白色の激突瞬間まで制限時速以上の速度に見える状況では被害者側パッソに余りにも近寄り過ぎて到底回避行動を取ろうと思っても証拠動画を見る限り激突追突を回避する事は不可能だと見えます。

現場の状況を愛知県警港警察署交通課担当係りの方々が事故現場にて詳しく調べてない事が問題であり、加害者側だけの説明を採用して加害者側だけで現場検証を済ませてしまった事が、今回間違った追突事実内容が問題点でもあります。

11. 重傷被害者である被害者に対して何で、ちょこっと接触しただけで首等の骨折をしたかの疑いまで口に出して!私は疑っていますと交通検察官清水副検事が話す切っ掛けになった嘘の加害者側運転手の発言の影響が、このタイミングで出てしまい後々被害者が余分な経費と悪影響があったのです。

12. 被害者側同乗者は交通費まで自腹で大迷惑をしています、、、
全く片手落ちな対応で、やはり現場検証は被害者加害者双方が、立ち会わないと 今回のように怠慢な対応を!加害者側 あいおいニッセイ同和損害保険会社のように、支払いを渋る会社は真実が解っても都合上、会社に不利益な内容は見て見ない振りをします!
保険会社は会社に都合上良い内容は訂正せず怪我の状況が酷い為に!おかしいと気が付いても支払いをしたく無い側は、目をつむりやりっぱなしで本来の事故動画にある事実を無視してしまい、被害者の真実を無視して保険会社の都合上 不利益な内容は隠し通して支払いをしません、、、!
加害者は、ブレーキが間に合わなかった事故に対して、(加害者は可なり手前でブレーキを踏んで間に合わずコツンと当てたと嘘を報告しています!)

備え付けの警備上防犯カメラ撮影記録日 2011/02/25 AM04:05 事故証明記録時間
防犯カメラ事故状況確認

13. 動画撮影では、加害者側トラックが二車線道路左側を西側から東側方向に夜中の四時過ぎに直進しているが(西側信号が青色で)東海通交差点の信号まで約100メートル位あり同じく同時間帯青色であり、速度計算の基準値を割り出すと、夜中の四時頃の青色信号を通過するスピードの速度は、約60キロから70キロ位が妥当だと考えられる速度で通過していると考えられますが、判断出来る目安の同時間乗用車と加害者側以外の四トンロングトラックが追突事故間際の5秒以内に通過して参考速度になりますので、目視で比較して見ると似たようなスピード速度であり、やや早い速度のようにも判断出来ますが、加害者側トラックは確かに左側通行をしてますが、追突する瞬間間際まで決して速度を減速しているようには全く見る限りでは思えない速度にみえますが何故何でしょう!

小型車パッソ白色が二車線道路左側に同乗者を降ろす為に停車中、加害者側トラック四トンアルミ箱型ロングトラックが西側後方より通常速度以上に見えるスピードで青色信号を通過して50メートル位を過ぎた時、左側に停車中の被害者側白色小型パッソ乗用車に対して、左側後方より追突する瞬間まで減速無しで進行して来て被害者側小型白色パッソの後方50cmから1m以内位に急接近して加害者側四トンアルミ箱型ロングトラックが、速度減速無しで東南右側よりに激突追突した状況が防犯カメラ撮影に録画されています。

14. 何故追い越し車線と変わらない速度で左側通行帯を直進して来たのか疑問に思えます!

15. 何故二車線の左側道路を、追い越し車線の走行スピード以上に見える速度でワザワザ走行したのか!


16. 東海通交差点をもし左折する目的で左側通行帯を直進進行するなら、余裕を持った減速速度を維持して減速しているはずですから、停車中の小型乗用車パッソを、通行量の少ない時間帯の夜中の4時過ぎの時間帯なら防犯カメラ撮影映像の通り、加害者側トラック以外のトラックとタクシー等が走行している車が数秒前に通過して行くのが解りますが、加害者側トラックは何故に停車中の小型白色パッソ乗用車を余裕を持ってよける事が出来なかったのでしょうか!

非常に不自然に思えて成りません!

17.
停車中の小型白色パッソ乗用車に激突追突した状況動画を見る限り減速は一切無く、追突の衝撃でパッソ白色乗用車の後方右寄りをえぐり削り!
加害者側トラックは、道路をふさぎ斜めになり急激に止まる状況が事故発生時に防犯カメラ録画で撮影されていて解りました。
被害者側パッソ乗用車は、トラックの激突の衝撃で急激に早く 遠心力見たいな衝撃波で、歩道高めの側溝にパッソ左側前タイヤが まともに押されぶつかってしまい!激突の衝撃波の力の逃げ場が失う形になってしまい尚更同乗者の被害者が、大きな二重の衝撃の力を真面に受けてしまったのです。

18. 衝撃波が小型自動車パッソの同乗者に与えた衝撃のエネルギーが、急激に伝わっているのが防犯記録動画にて、コマドリ写真の数々と動画撮影記録の映像にて加害者側の虚偽説明が、はっきりとデタラメである事が理解出来て、凄まじい衝撃波のGが、被害者同乗者に掛かっている証明が動画撮影記録にて理解できます。

何度も追突事故の瞬間を、防犯カメラ撮影映像をコマ送りで閲覧しましたが、如何しても納得出来無い状況があります!

此の度 追突事故後から1年4ヶ月間も過ぎて、事故加害者側が只の一度も、連絡お見舞いも一切無く!加害者側保険契約会社の、あいおいニッセイ同和損保会社は、一度も事故処理の対応を被害者側にしない為に!非常に迷惑をしています。
相手様の引越し会社と、保険契約会社の対応に対して企業モラルを疑い、 あいおいニッセイ同和損保に対して違和感を持ちました。

19.

20. 事故直後にトラック運転手から聴かされた内容は、(今さっき会社から連絡が来て仕事に行く途中で 夜中の2時まで仕事をしていて、直ぐに通しで夜中の4時半からやすまず仕事で、寝ていないから!えらくて居眠りしてしまい突っ込んでしまった)と川㟢加害者から聴かされました。!!!

21. トラックの運転手 川㟢加害者に対して、被害者同乗者が逃げるなと声を掛けた時に、バックする前に携帯電話を持って運転していたが、おかしいのではと質問した!!

22. 追突される前に一切ブレーキ音も聴こえてはいません!!

23. 事故現場の道路にてトラックのブレーキ後の確認をしたのですがブレーキを踏んだ後が見られない。

24. 追突事故が起きた後、トラック運転手は人命救助行動を取ろうとせず車からおりませんでしたので、激痛をこらえて慌ててトラック前方部まで無理して行き逃げないように注意をしました。

加害者側運転手の様子が、おかしい為に被害者同乗者の私は激痛をこらえながらトラック運転手に対して直ぐに降りてくるようにと声を数回あげましたが、加害者側川㟢運転手はエンジンをふかして何故か大きくあおりました!
どけどけーと 言っているように思えて、一瞬突っ込んでくるのかとも思えました!
危険でしたが、逃げると思い追い越し車線まで突先に、被害者同乗者の私が行き加害者側トラック運転手に逃げないように一瞬ですが声を上げたのです!

25. 危機感を持った被害者の同乗者は、大きなエンジン音を立てるトラックに引き殺されるのではと思い、突先にトラック運転手に逃げるのを諦めさせる為に普段身につけていたデジタルカメラにて わざとらしく撮影の振りを見せる為に、フラッシュを切りました。
下の( )は加害者運転手の言動
トラックのエンジン音をふかすのを諦めて、(わかった~にげんで~後ろに寄せるだけだとー)と、一瞬のや取りでしたが!川㟢加害者トラック運転手は渋々声を上げました。

26. トラックは、被害者小型パッソ乗用車の後方50cmから1m以内位で、被害者の乗用車後方に気が付き!近すぎて突先に大きく右側追い越し車線に逃げる行為を取ろうとした途端に激突追突する。
証拠にブレーキ後がありませんでした!
トラック運転手が、被害者パッソ白色に気が付いたのが目の前の為に回遊行動が間に合わずに突っ込んでしまったのです。
夜中の4時頃は極端に通行量が何時も少なくトラック等は可なりのスピードで走行しているのが現実的に見えます。

27. 事故後のトラック運転手の言動は、夜中の二時まで仕事して直ぐに通しで四時半から休まず仕事がある為に えらくて居眠り運転で突っ込んでしまったとトラック運転手は言っていました。

28. トラック運転手は、逃げようとしている時に携帯電話を片手に持ちながら エンジンをふかす圧力的な行動を取っていましたが、とっさに逃げようとする方が、どうやって携帯電話で何処かに連絡出来るのか合点がいきません!
両手を使わないと番号が押せませんから、、、、、
居眠りが原因の追突事故が原因か! 携帯電話話中に追突事故をしたのか!
どちらかが真実だと思います!
事故直後に、(運転手は今さっき通しで仕事に行くように会社から連絡が来た)と話していました。
加害者の言葉が真実なら、追突された直後にエンジン音を聞いた私が、加害者側が逃げると思い、激痛の痛さを我慢して無理して追突して来たトラック前に行き、(エンジンを消して降りて来るように)と声を掛けた時、エンジンをフカシテうならした為に!普段から持ち歩いているデジタルカメラでナンバー方向に向けてシャッターを切り 同時に(逃げるとひき逃げだぞー)と、声を上げると直ぐに (もおー逃げんで後ろに下がるだけ)と 加害者側運転手が声を出し直ぐに下がり出して停止しました!トラック運転手を見上げるとバックしながら片手運転で携帯電話を持っていました!
居眠り運転で追突したと言っていましたが!事故直後に被害者同乗者がトラック前に行き降りて来るように、逃げるなーと!声を出した時にトラック運転手は携帯電話を持ち話していました。

29. 証拠として事故状況現場動画撮影記録を提出いたします。

30. トラック運転手の虚偽報告を、鵜呑みにして被害者側の現場検証を一切せずに、加害者側運転手だけを事故当日に立ち合わして、さっさと加害者だけの言い分を聞いて現場検証を全て終わらしてしまいました!!
その為に、加害者側運転手の嘘の証言の為に、ブレーキを踏まず スピードを減速せずに追突した事実を曲げてしまい、嘘を言い(可なり前からブレーキをかけて衝撃が無いような嘘を言い!コツンと少し当てた程度だと!)事実からかけ離れた嘘の内容を交通警察官に説明した為に、この嘘がそのまま採用されてしまいました!

被害者側運転手と被害者側同乗者を今だに現場検証をせず 無視してしまい、片寄った加害者側運転手だけを現場検証をして、重傷人身事故であるのに被害者側が一切現場検証がなされていないです。
とんでもない扱い方であり!これが影響してしまい、、、、、
被害者側同乗者に対して、酷い重傷事故であるのに軽傷事故と誤解される誤った判断ミスを交通警察官が加害者側運転手の嘘の為に、片寄った失態をさせられて被害者側同乗者に対して、大変な屈辱感を与えて不利益な影響を与えているのです。

この現状を保険会社と警察の対応が、間違った嘘の加害者側運転手の影響で、被害者側同乗者に対して!対した事が無いのではと誤解してしまい、被害者側同乗者の正しい真実の声を無視してしまい、自傷行為で怪我をしたか!何処かで怪我をしたか!あたかも今回の被害事故以外で怪我をしたかの如く 疑いを病院医師にまで、先入観を持つような疑い的 言動が、保険会社調査担当からも虚偽告訴的、善人を落とし入れるような犯罪行為と見間違える疑い見たいな言う方をされてました!!

交通事故は頻繁に起きている社会状況下では、交通課が頻繁に起きる事故に追われて急ぎ過ぎで真実を見落とす事件が起きる可能性があります!!

31. 事故後に事実関係がハッキリした場合は、警察交通課が修正申請をして調書を、新たに作成して法律を正しく行使して加害者側の嘘を正して頂きたいと思います。

32. 同じ追突事故でも免許証に影響を受ける職業ドライバーは、免取りを避ける為に必死に嘘を言ったと思えますが、これが原因になり追突ギリギリまで実際は全くブレーキが踏まれて無い追突事故を、加害者トラック運転手は嘘を言い(可なり手前からブレーキを踏んで止まる間際に、少しコツンとちょこっと当っただけと嘘を言ったのです。)
被害者同乗者が重傷怪我状態でダメージが酷く大変な状態であるのに、加害者側の嘘の追突証言が、追突衝撃が無いようなデタラメ証言の為に事故現場にて嘘の加害者側証言が警察等に伝わり、間接的に現場に到着した救急隊員関係者等に事故追突状況の嘘が一人歩きしてしまい!ちょこっとコツンと当たっただけだと加害者の嘘が広がり伝わってしまい、嘘状況を聴いた現場に来た救急隊員に間違った先入観を与える形になり!病院関係者に間違った追突事故状況が伝わった状況がありました!
32:A.
被害者側運転手と被害者側同乗者が、事故直後救急車に乗り一切現場検証は立ち会って無く後日事故現場検証をすると思っていましたが、1年4ヶ月以上過ぎましたが今だありません!!!この為に事故直後の交通警察による加害者側だけの単独現場検証にて片手落ちな加害者側だけの現場検証をしてしまい、加害者の都合の良い勝ってな一方的な嘘の追突状況が警察に伝わりに!事故処理を急ぐ交通警察が加害者側だけの一方的な話しだけを元に事故当日現場検証をしてしまい、間違った嘘の追突状況の実況見分調書が出来てしまったのです。
32:B.
被害者側だけを現場検証無しにしてしまい、加害者側運転手だけの言い分で事故処理をして、あろう事か加害者側だけで現場検証をしてしまったのです。
通常は、被害者側の運転手が怪我をして病院に行っている場合でも、人身事故の場合は後日 立ち合ってない被害者側運転手を立ち会わせて現場検証をして、加害者被害者の現場検証をするのが道路交通法の定めで決まっていますが、今回だけは!何故か片手落ちがあり 今だに被害者側が現場検証がなされていません!
この事だけでも、大変な問題になります!

33. 正しい真実の実況見分調書であるなら、良いですが実際の防犯カメラ録画記録動画撮影にて確認すると、加害者側川㟢克美三菱ふそうファイター名古屋800あ5419号の説明はデタラメで被害者側パッソ白色小型車を、加害者が目視で気が付いた位置が虚偽報告されていて、実際はトヨタ パッソ名古屋530ひ2688号坂野時雄運転被害者後方50cmから1m位直前で気が付き、一瞬やや右南側に大きく逃げようとして激突追突している状況が撮影されていました。
実況見分調書によると、(加害者側川㟢克美運転手が嘘説明した内容だと停止している車両を認めた地点と、危険を感じた地点と、ブレーキをかけ右にハンドルを切った地点は共通して2 とありますが加害者側川㟢克美の2の嘘の説明の距離だと被害者側坂野時雄パッソ被害者側の車の後方距離を目視して気が付いた距離が、(2~X) 23.8mから(2~3) 14.6mと実況見分調書に記入されていますが虚偽説明の記録であり)、本当の距離感は防犯カメラ録画記録動画撮影の証拠では、バッソ坂野時雄被害者の白色小型車の後方目視で50cmから1m位以内に気が付いて、慌てて右南側に大きく逃げようとした途端に激突追突した動画撮影記録にて、加害者側川㟢克美運転三菱ふそうファイター名古屋800あ5419黒色車両総重量7980kgが、パッソ白色坂野時雄被害者側運転手の小型車後方ギリギリにて気が付いたのが、現実に防犯カメラ録画記録動画撮影にて証拠が証明されました。

34. 防犯動画撮影記録では、事故当時2011年2月25日午前04時頃前後では、交通量が極端に少なく通行の乗用車もまばらで、追突事故の数秒前にトラックが追い越し車線を通過する速度が参考になります。
通常この時間帯は、交通量が極端に少ない為に可なりのスピードで走るトラックが多い為に 道路が重量の重いトラックによりスピードも重なり合い、被害者同乗者の住所が極端に近い近隣場所は、トラックによるスピードの振動により家が振動により地震のように響きます。

この時間帯のトラックによる通行車両は、いつ見ても仕事に急ぐ方達の急ぐ速度が目立ち、危険だと前々から思っておりました。
この事故の数秒前に通過した通行トラックを見ても、制限時速を可なりオーバーして走行しているのが目視でも解ります。

35. 此の度の事故原因の要因は、加害者側三菱ふそうファイター名古屋800あ5419号黒色、深夜夜中の2時まで仕事をして、夜中の4時半から通しで仕事をさせたトラックの管理会社 和孝運輸有限会社 港区小賀須3丁目1205 の過労重労働の責任が大きく左右しています。

36. 事故当時保険会社の説明連絡だけで、一度だけ和孝運輸有限会社の責任者から連絡がありましたが、加害者川㟢克美運転手に直接的に事故現場で聴いた内容は、(夜中の2時まで仕事して通しで夜中の4時半から休まず仕事に行く時に 居眠り運転をしてしまい突っ込んでしまった)と聴いていますが、{このような事実は本当ですか!}との質問に!和孝運輸有限会社の責任者は、(事実です、、、)と説明して来て(経営が苦しいので、トラックを一切休ませず仕事をしないと!やっていけないと!!!)本音で回答してきました!!!
被害者の同乗者の私は、運送会社の実情を聴かされて慌てました!
私は重傷事故の影響で、痛さの為に苦情も言わず ただ呆れてその場の説明を聴くだけで運送会社の実情の酷さをしりました。
もしかの為等!一切考えない営利主義の経営方針に対して 企業倫理の欠片も無い対応に残念に思い呆れてしまい 私は一言も苦情を言わず我慢しました。
近い内に見舞い挨拶に行くと言っていましたが、一年四ヶ月以上過ぎましたが一度も一切連絡も保証もありません、、、、、

37. 実際に事故が起き被害者は、散々な対応をされて泣き寝入り状態になって!一切見舞い挨拶等 一度も無い対応と、虚偽の嘘追突状況を平喘と言う運送会社の運転手モラルと非常識な対応に対して、これから証明して正して行かなければ、過労運転で第二第三者の被害者が発生する可能性がありますから努力して正して行きたいと思います。


38. 実際は激突する追突状況が、ぶつかる直前まで前方不注意で当たる間際までトラック運転手が気が付いてない状況が、防犯カメラ録画記録にてハッキリと追突トラックの追突事故状況が解りました。

証拠動画映像、証拠静止画像、 診断書

追伸再入力
動画映像を静止画像にして、番号を付けて70枚以上出しましたが、何故か何者かの仕業にて、ID パスワード IPアドレスを盗まれて入れ替え削除をされました!!加害者側大型トラック運転手は一切ブレーキを踏まず、ノーブレーキで被害者側パッソに追突しましたが、事故直後に加害者側トラック運転手は、((夜中の二時半まで仕事をして通しで、夜中の四時半に仕事を行くように会社から電話連絡が入り仕事に行く際に、疲れから居眠り運転で追突してしまいました))と加害者側運転手川㟢が説明していました。
しかし加害者側運転手は、被害者の私達が119番にて搬送中に、愛知県警港警察署交通課早崎部長高橋警察官に対して、被害者側私達に説明した内容と違う事故状況を、虚偽にて説明をしている事が、事故後一年半後に被害者側の私が、弁護士より頂き確認後に事実と違う内容が分かり驚きました
愛知県警港警察署早崎部長が、2011年2月25日の追突事故を、何と同年の3月1日に作成されていた事故状況証明書が作られていました。
被害者側運転手同乗者の私達は、未だに一切事故現場検証がされてなく!被害者側トラック運転手だけで現場検証が全て終わっていて、加害者川㟢(大山)だけの嘘の説明を そのまま港警察署交通警察官 早崎部長高橋警察官が、加害者だけの言い分で 5日間の間で、片手落ちの被害者側意見無しの 加害者側トラック運転手の嘘説明で、全て終わらせていました。
とんでもない愛知県警港警察署交通課 早崎 高橋警察官の不祥事の対応です。
通常の現場検証は、被害者側が病院に行っている場合は、特に人身事故の場合は必ず数日後には、被害者側運転手又は証人の同乗者被害者重傷者に対して、現場検証をするのは 当たり前の行為でありますが、今回の私達被害者は!何故か港警察署交通課早崎部長高橋警察官、交通課早崎部長の直接的な上司長谷川課長代理は、被害者側同乗者中島から事故状況証明書に間違いがある事と、加害者側トラック運転手は真面に追突したさいに!ブレーキが一切 踏まれていない証明が出来る 防犯動画事故映像を証拠証明をする目的で、早崎部長の上司である長谷川課長代理に、直接的に見せて証明しましたが!
港警察署交通課 長谷川課長代理は、部下の不祥事を庇う為に、被害者側 中島に対して、(もうすんでいる事を今更証拠のビデオを見せられても何ともできん、、、)と逆切れしてしまい!
何で証拠のビデオがあるなら事故時点で早く警察に持ってこないのだ、、、と凄まれてしまい 興奮していました。
私が、加害者側の嘘の説明がされている内容では、事実と反している為に加害者側運転手が、自動車運転過失傷害罪が不起訴処分になってしまいましたから被害者の私達は、一切現場検証がされていない事と、加害者運転手はブレーキを一切踏んでいない追突事故が、余裕を持って安全運転で少し 触った程度の事故だと!加害者運転手川㟢(大山)より片手落ちな加害者だけの都合が良い言い分で、現場検証調書が 早崎交通課部長より作成されて、虚偽の説明調書では本当の事実と掛け離れている為に、被害者側の証拠として2011/2/25交通事故の被害者側の正しい補充調書を取って頂きたいと、愛知県警港警察署交通課早崎部長の上司の、長谷川課長代理に証明説明して、証拠の2011年2月25日AM4時頃の大型アルミ箱型トラックがパッソ白色乗用車に対して、ブレーキを踏まず左側車線を走行して、直接的にパッソ白色乗用車の後方から、トラックが追突の1m以内位から、ブレーキを掛けずパッソ白色乗用車後方やや右寄り後ろ側に追突しながら、60センチ近く追突の勢いで えぐり取りながら、追い越し車線を塞ぐ様にして加害者側トラックが停止した証拠動画映像写真を事細かに説明しました。
しかし長谷川課長代理は、港警察署交通課の不祥事になる為に、被害者側同乗者中島より提出されている首の骨折頚椎骨折等々の証拠診断書が出されていたが、港警察署交通課早崎部長等々の怠慢で、片手落ちな現場検証調書が作られていて、片手落ちな事故状況証明書に加害者が処分を恐れて、虚偽をした内容と港警察署交通課上司 長谷川課長代理は、被害者側同乗者中島より説明を受けながら、真実の証拠を見せた行為を警察官である長谷川課長代理は、被害者の私を冒涜して、、、
わざと怒らせようと!挑発する態度を取り続けて被害者の告発行為を反らす態度を取りました。
交通課長谷川課長代理は声を荒げて 被害者側同乗者の中島に対して、わざと怒らせる態度と言動を続け、真実の訴えを横道に反らす職権乱用をして、その場の訴えを横道に反らす行為を取り不当に被害者を罵倒して 警察官のモラルを侵害する態度にて、姑息なズルい考え方で 対応して逃げる態度を取りました。
散々被害者に凄んだ態度を取り、被害者の訴えを 横道に反らす職権乱用行動を取った長谷川課長代理は、185センチ近い体育会系の凄みがある強引なタイプの40歳位に見える警察官でした。

長谷川課長代理の姑息な手口は、署内で大きな声を上げた場合は、注意を促してから 声を上げる行為を止めない場合は公務出向妨害になるぞと!口癖ですが、交通課長谷川課長代理が自ら凄んだ態度と強い口調にて、被害者側の中島に対して黙れと話して、長谷川課長代理が一方通行的に身勝手論理を、巻くしたてて被害者側の訴えを無視して、被害者の話しを止める態度に執着してしまい聴く耳持たずの態度にて、対応をして来ます。
恐ろしい愛知県警港警察署交通課長谷川課長代理の態度です。

同じ手口を二度迄も使われてしまい、屈辱感で呆れました。

同乗者被害者の私は、100%被害者側でありながら、愛知県警港警察署交通課早崎部長高橋警察官と、上司の長谷川課長代理より不当に扱われてしまい 首の骨折 肋骨骨折 左側足甲剥離骨折 右膝靭帯損傷 右股関節損傷等々の重傷怪我をしながら、全治三ヶ月頚椎骨折等々の診断書が出ているのに、港警察署交通課早崎部長高橋警察官等々の間違った、意図が有ると思えるような片手落ちな加害者だけの現場検証であり、被害者抜きの怠慢な事故状況証明書が、事故日から5日後には、事故状況証明書が出来上がっていた、納得の出来ない大型トラックのブレーキをしない追突事故が嘘の加害者運転手の説明で、安全運転にされていて、追突の表現が触ったとされた意図が思える追突事故でした。
被害者側パッソ白色乗用車は、可なり酷い追突の衝撃でリヤータイヤが、ボディーに押されている状態であり、後部が追突の衝撃波で潰れています。
私はこの告発ブログにて 事故状況証明の為に写真等々と、事故説明を書きましたが、個人の被害者側の私が 告発形式にて説明書きを書きましたが、何度も何度も ハッキングにより 内容と写真迄も順序が変えられてしまい、決定的なポイントが削除される不思議がありました。
侵入者よりIPアドレス パスワード IDが盗まれて、事故の証明写真まで削除されたり、動画映像写真を静止画像にして貼り付けましたが!大型トラックが追突した場面を、追突する瞬間を静止画像にして数枚 分かりやすく出しました。
しかし追突した後と、追突する前の瞬間の写真が 入れ替えられていました。
何度も訂正して改ざんを直しましたが、その都度デタラメな入れ替えをされました。

警察が組織挙げて、不正アクセスを続ける理由は、作為的な事故を 誤魔化す目的で 不正アクセスをしていると判断します。

自然の事故なら警察が、ワザワザ危険なハッキング犯罪行為までして 改ざんする必要性が無いのでは無いですか???
偶然の事故なら、ワザワザ危ないハッキング行為をして迄も 何故に不正アクセスをするのか???
トラックが追突するシーンを軽微な事故に見せかける、入れ替え工作迄する事は、事故自体が やはり作為的に行われている可能性があるのではないですか!!!不正アクセス改ざん行為は、警察不祥事隠し行動の状況証拠と思えてなりません。

jikeidanはワザワザ自ら都合悪い内容に書き変える行為はいたしません。
2011/2/25のトラックによる追突事故以外に、複数回も大型トラックと小型トラック等々と、京都ナンバー等々の連中から追い回されてしまい!命を狙われた事が複数回も続きました。

この様な危機的状況が続く間に、用心していましたが 2011年2月25日に、やはり大型トラックによるブレーキを掛けない 危機的な危険運転追突事故に繋がるのです。

何故に法律を守らなければならない、愛知県警港警察署交通課早崎部長 長谷川課長代理が、ここ迄 頑なに 加害者側トラック運転手川㟢(大山)を、愛知県警港警察署交通課が庇うのか理解出来ません。
全く法律を守らない港警察署の体質に対して問題が山積しています。
この告発ブログを観てる愛知県警港警察署交通課職員の長谷川課長代理等々は、これから常識的な対応を望みます。

また地方自治体県警を監督 指揮する警察庁は何の為にあるのですか!
何故に愛知県警本部に指導しないのですか!
愛知県警本部が怖いのですか!

jikeidan告発ブログにて、警察庁科警研DNA血液型遺伝子鑑定検査方式の問題点を、以前から告発して弱い立場の弱者の冤罪者を救う為に、命懸けで自警団中島は ボランティアで、正義感より努力している事は、警察庁科警研関係者の多数の方々は承知であり、自警団の管理人の中島が、どのような嫌がらせを、愛知県警港警察署関係者よりされたかは御存知ですね、、、
警察庁は、愛知県警本部等々に指導は出来ないのですか、、、
警察庁殿 愛知県警殿
全てのjikeidan告発ブログの証明が世論により公になれば、戦後最大の警察不祥事に成りかねないですよ、、、
私は警察不祥事を公にしたくないと、今でも考えていますが、あえて疑わしい事故に対して 余り追求をしていませんよ!警察殿 公安等々殿
追突事故間際に 私達を尾行していた公安等々の捜査関係者は、何故追突された後に 警察に通報をしないのですか!
公安等々の尾行があり尾行されていて、写真迄取られていながら大型トラックから狙い撃ちにあい、、追い回されている最中を警察捜査関係者が目撃しながら、何故尾行関係者は警察に緊急配備若しくは赤色灯を出して、助けに来てくれないのですか、、、 納得が出来ません。

何故に何度も複数台で、jikeidan管理人中島に対して警察関係者が尾行している最中に、何度も追突を目的に大型トラックから狙われている最中に何故トラックを捕まえないのですか!

殺人未遂事件ではないですか!
何故110番通報をしても県警本部のパトカー及び機動捜査隊は来ないのでか?

何か可笑しくないですか警察庁殿 愛知県警殿
いつから警察は法律を破る腰抜けになったのですか!

仕事が出来ない警察官等 ヤル気がないなら辞職せよ!

お人好しの自警団でも 酷い警察の実態を今迄に散々見続けて来て 本当に情けないです。

真面な警察官は署内に本の一部分しかいません。

愛知県警港警察署の不祥事隠し警察官に対して県警本別同様 法律を正しく守って下さい。

愛知県警本別 港警察署の動向を観察して判断致します。
愛知県警本部 052 110
愛知県警本部直通 052 951 1611

港警察署 052 661 0110

追突事故写真 2011/2/25 防犯記録より
1.


2.


3.


4.


5.


6.


7.


8.


9.


10.


11.


12.


13.


14.


15.


16.


写真は16枚 番号順に出しました。

写真入れ替えが又も発生した場合に限り、尾行関係者の写真を出します。
追伸 重複する書き込むが、警察不祥事関係者らしき侵入者より作為的にありましたので、削除された不当犯罪尾行者より張り出します、、、
ーーーーーーーーーー
追伸 記入

あいおいニッセイ同和損害保険会社代理店が 保険契約書を騙して詐欺行為を会社内部で発覚して問題になりましたのでニュース記事を貼り付けます。


あいおい損害保険会社の対応に不誠実が横行している実情と!社員に対する管理に問題がある実情と契約者に対するデタラメな事件の発覚

下の書き込みはあいおい損害保険会社の事件後の謝罪文挨拶ですが!保険料費消事件とありますが!完全な契約時の詐欺事件です!文章を言葉を選んで書いてあるように見受けられますが!会社の看板の信用で仕事をしている以上あいおいの社員が、お客様様から契約金として受け取った代金に対して社員が背任横領もしくは詐欺を働いてお客様に契約代金の詐欺行為事件をした以上 自信を持って確定的な言葉で保証するとコメントするのが紳士な対応と思えますが!どうなんでしょうか!世論の皆様は如何思いますか!
損害人身事故の対応に対して被害者を侮辱するような対応が!あいおい損害人身事故担当の不誠実が横行してますが 100%被害者の重傷患者に対して自傷行為をしている様な!疑いがある様な発言を患者の通院している病院関係者に虚言的発言がある事が発覚しましたが!支払いを拒む為にマニアルがあるような言動を疑います!
何故あいおい損害保険会社の人身事故担当さんは不穏な噂が良くあるのでしょうか!危惧します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
ニュース記事を下に貼り付けました。

弊社代理店主による保険料費消事件について
2012年05月31日
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
今般、弊社が委託している損害保険代理店において、架空の保険契約等により、お客様から受領した保険料の費消が行われていたことが判明いたしました。
このような事態が発生したことは、極めて遺憾であり、被害に遭われた方および関係者の皆様にご迷惑、ご心配をおかけいたしましたことを、心からお詫び申し上げます。
弊社では、被害に遭われた方への補償に万全を期して取り組むとともに、既に警察には告発を視野に相談を行い、その他の関係機関には報告を行っており、当該代理店扱いの他の契約の調査も含め、本件の全容解明に全力を尽くして参ります。


1.現在判明している事件の概要

主に兵庫県内に居住する方を契約者とする保険契約について、弊社が委託する代理店主(下記2参照)が、積立型保険と称して保険料を受領したにも拘らず、掛捨型の保険契約として取扱い、差額保険料を費消しました。
また、積立型保険の一時払い保険料を受領したにも拘らず、分割払いの保険契約として取扱い、差額保険料を費消しました。

なお、弊社は5月8日に事態を認知し、その後、調査を進めて参りました。現時点で被害に遭われた可能性のある契約者数は225名・契約数は492件であり、予想される被害額は約5億1600万円となっております。


2.当該代理店の概要

(1)代理店:有限会社荒木保険センター(事務所所在地:兵庫県西脇市西脇 148)
(2)店 主 :代表取締役 荒木正勝(65歳)
※なお、当該代理店は既に募集停止手続きを行っており、現在、保険募集を行うことはできません。


3.お客様への対応

被害に遭われた可能性のある方に対して、直ちに弊社からご連絡を開始し、ご契約内容を確認させていただくとともに、弊社として被害の補償に万全を期して参ります。
また、フリーダイヤルの窓口を設置し、お客様からのお問い合わせ・ご相談等に対応して参ります。

<お問い合せ・ご相談窓口 0120-358-880(通話料無料)>
受付時間   平日     午前9時~午後7時
         土・日・祝日 午前9時~午後5時まで
         ーーーーーーーーーーーーーーーーーーニュース記事参照
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

いつも拝見しています。
応援していますので身体に気をつけて頑張って下さい。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

サラリーマン
興味深くみてます。

大変な嫌がらせ事件に思えます。頑張って犯罪警察組織に立ち向かって、

負けないで下さい

あなた様が、正義のヒーローにおもえます。

公務員

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

jikeidan

Author:jikeidan
人助けを目的にするjikeidanです .誘拐事件に巻き込まれた子供達を救出する為努力してます. 誘拐事件犯人を追い詰め 真実を世の中に出す事を目的に頑張ってます. 冤罪者を助ける事と 社会正義を守る道徳心の為に努力してます.個人の限界を超えて頑張ってますが 命懸けで 少しでも世の中の為になる事ならと思い 人生をかけてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。