FC2ブログ

真実の実話告発ブログ jikeidan 2015年5月11日 (自警団 jikeidan)内容が第三者から改ざんされてしまい、出鱈目内容に改ざんされました。偽物の(自警団 jikeidan 38)がjikeidanと同じ名前を使い如何わしい内容のフィルタリングブロックが発生するエロサイトの書き込みをして、jikeidan 真実の実話告発ブログに対して、見えなくする為に警察不祥事内容を不正アクセスを繰り返す第三者(警察関係者)により自警団中島に対して妨害工作が発生しています。不正アクセスの影響で何度もタイトルが短くされる被害が発生しています。この書き込み訂正も不正アクセスの影響で正しく再記入出来るか分からない状況です。以前と同じ不正アクセスの影響で写真等々が文章と違う内容写真と入れ替えされる影響を受けて 大変に迷惑している状況です。警察庁幹部の皆様 jikeidan 告発ブログを注目して調査過程の最中に、明らかな ID パスワード IPアドレスを盗んだ不正アクセス侵入者のハッカーに対して犯人を特定出来る警察庁幹部達は知らぬ顔はマズイのではないですか!長年に渡り警察不祥事から未解決事件の犯人に対して真実の告発を続けている自警団管理人に対して、全く警察組織の方々は法律を守らず 見て見ぬ振りは犯人隠匿罪に接触するのではないですか!法律上マズイ対応策を取る警察幹部殿に法律を守る様に徹して自ら襟を正して 告発内容を紳士に対応して下さる事を切に望みます。警察庁幹部様 宜しくお願い致します。

自警団中島のブログ内容が外部からの不正アクセスの影響で、訪問者の方々に対して閲覧出来ない細工をされました。
1.
docomoの音声認識にてWeb検索で、自警団中島を検索すると自警団中島が、同じ名前の自警団 jikeidan が、少し数字の38が足された名前になり、内容はエロサイトの貼り付けをされた!
明らかな第三者のエロサイト内容を巧みに継ぎ足したような内容であり、明らかな第三者の警察関係者による不祥事隠しの嫌がらせに見える改ざんされた(自警団 jikeidan 38)が作られていて、閲覧者 訪問者が初めて見た時に、jikeidan ブログは如何わしい内容だと錯覚させる意図が、ありありと出ている不正アクセスがエスカレートした重大な犯罪行為が発生しました。
サイバー攻撃をjikeidanに対して仕掛けてくる警察関係者の担当者は、日頃の自身の私生活で閲覧しているのではと思える、警察不祥事隠し担当者の趣味に思えるエロサイトの宣伝広告を貼り付けた内容は、通常の方は知り得ないエロサイトの情報が沢山に張られていて自警団管理人は驚きました!
自警団真実の実話告発ブログは、命懸けで弱い立場の方々の為に必死に人助けをして、弱い個人の立場の私が 世の中の正義感の強い方々に対して救済応援を望み真面目な人助けブログを行っています。
此の度の卑劣極まりない偽者の自警団 jikeidanの内容を閲覧した時は、酷い嫌がらせ内容の為に衝撃をうけ、警察不祥事隠しの実態が 此処まで酷い犯罪行為に走るとは、世もすえになりました。
jikeidanの自身のブログ内容を閲覧した際に、命懸けの自警団活動の内容がエロサイトの広告宣伝用に変身している為に悲しくなりました。
全国の正義感の強いブログ閲覧者の皆様方々に対してjikeidanから緊急メッセージです。

警察庁科警研の旧式血液型DNA遺伝子塩基配列鑑定検査方式が原因してしまい無実の冤罪者の方々が違法な間違った方式にて、誤認逮捕をされた事から始まり、社会市民の方々に対して多大な御免枠を掛けた内容は、酷い悪意に満ちた行動行為が発生してしまい、無罪の方々が泣かされている実情です。

東大での警察キャリアの現在の立場を本当に理解して行動をしているのかと
疑う行為 行動 判断を疑います。
jikeidan 告発ブログは、2011年から運営していますが、未だに警察組織に対して告発状 告訴状を郵便物配達証明付きで告発 告訴をしていますが、警察庁 最高警察庁 前橋地方検察庁 徳島地方検察庁に対して、未解決の横山ゆかりちゃん 松岡しんや君の未解決事件に対して犯人を訴えた事実を、警察庁 検察庁等々は、未解決事件の真犯人を知りながら 警察庁科警研の旧式血液型遺伝子の誤認鑑定を隠したい警察庁科警研組織関係者は、不祥事事件を直接的にインターネット上に告発した自警団中島に対して 今だに不祥事隠しの手を緩めず やけくそに思える行為行動を、警察庁科警研組織関係者は、何でもあり状態になり行なって来ます。
此の問題点に対して、自警団管理人は必死に正義感から 心折れず努力してまいりました。
2015/5/にjikeidanブログを他のサイトから検査検閲した途端に、法律無視する警察庁科警研組織関係者からのプレッシャーは、最悪の情けない圧力をかけ る組織に成り下がりました。
違法な不正アクセスを繰り返す警察庁組織関係者の行動に対して、正義感が有るとは思えない内容写真を貼り付けます。











上に挙げた不正アクセスの案件は、自警団 jikeidanのブログを消し去る圧力の為に、新しい携帯電話端末機器は フィルタリングの影響で jikeidan ブログを閲覧出来ない環境を進める警察庁関係者組織は違法な法律違反であり 犯罪者だと思える事実に対して、反省を求めます。

警察庁科警研殿


以前も警察に不都合な内容を改ざんされ最新機器のipad AiL2にて、公開されている自警団中島の内容は 酷い作られた内容に変えられています。
docomoのipad AiL2で検索すると何故か
(フィルタリングサービス・インターネットなどで、未成年者にふさわしくない有害な内容のウェブサイトにアクセス出来ないようにすること)になっている為に調査しました。
すると下の写真内容にされていました。




2.
下の内容は、一部の宣伝広告の被りだけです。




2015/5/11 月曜日 am2:27


不正アクセスを繰り返す警察組織関係者に警告でした。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

真実実話告発ブログ

東大出身者警察庁幹部は全国で警察を正しい方向性に修正出来るのか疑問発生 : 2015年6月1日月曜日※自警団jikeidanに各社携帯電話会社の店舗販売店店頭でjikeidanを閲覧したら「何故かエロ画像が出る偽物のjikeidanが警察の不祥事隠しに便乗して本物のjikeidanに対して違法な圧力をする」親が子供達に対して保護する目的で使われる有害サイトにアクセスしないようにする目的で使われる(フィルタリングブロック)がされて携帯電話各社の店頭で自警団中島のブログ訪問が音声認識で調べても手動でjikeidanを調べてもブロックされていて一切開きません?やりすぎの警察庁科警研幹部の冤罪者不当逮捕の実情を隠したい警察関係者による丸出し法律無視状況の暴走をする警察庁幹部が絡んだ疑いが濃厚な通信傍受法違反が行われている大胆不敵な警察犯罪の現実に見ていてイラつく情けなく思う日本警察の大罪容疑事件発生、不正アクセスを繰り返し行う警察不祥事を警察内部で取り締まれんのか?警察正義警察官は警察内部に存在しないのですか?警察庁東大出身警察幹部殿

幼女 幼児 女性誘拐連続殺人未解決事件容疑者犯人 イチハラマナブの存在を平成17年度に郵便物配達照明付きで告発告訴された警察庁 最高検察庁 群馬県前橋地方検察庁 徳島県徳島地方検察庁
等は、いまだに告発告訴者の自警団中島に対して大切な情報協力者の存在を、黙らせる警察組織による一蓮托生の不祥事隠しを目的に自警団
中島に対して弾圧する行為は、司法制度の根幹を揺るがす大罪であり、全く警察庁科警研の過去の不祥事隠しの実体が原因であり、此の不祥事隠しの影響が切っ掛けになり、冤罪者が無罪でありながら最高裁に対して旧式血液型DNAの再鑑定を求めて再審請求を何度もしても、警察庁 最高検察庁の旧式DNA血液型遺伝子塩基配列鑑定検査方式の誤認鑑定検査の不祥事の影響が存在してしまい、絶対にあってはいけない重大
な間違いを、検察庁科警研等々が知りながら強引に不祥事隠しに舵取りした結果、無実の冤罪者の方々が無罪を証明する為に、旧式DNA血液型遺伝子検査を求めて再審請求をしても、警察庁が絡んだ不祥事隠しの影響で最高検察庁から最高裁判所にまで及び、間違った判断をする片寄った警察庁科警研の旧式DNA鑑定検査の誤認鑑定の間違いの不祥事を隠した影響で、当時 肝心な証拠制度につながる旧式鑑定検査方式を、正しい証拠基準になると誤認させられる結果になり、間違った判断をさせられた裁判所は、知らず知らず間違った旧式DNA血液型遺伝子塩基配列鑑定検査方式を正しいと誤認してしまい、警察庁科警研の旧式血液型遺伝子鑑定検査方式を誤認して正しいと信じてしまった為に、裁判所は証拠採用してしまい警察庁科警研を信頼した裁判所は判決に影響を与える原因になり、無実の冤罪者が再審却下される不合理な結果を招く原因になりました。
一番初めに採用された旧式DNA血液型遺伝子塩基配列鑑定検査方式を、証拠採用された足利事件冤罪被害者の菅谷利一さんは、強引な脅迫的な取り調べにて 力尽くで犯人扱いをされた挙句に、間違った旧式DNA血液型遺伝子塩基配列鑑定検査方式を証拠採用されてしまい、間違った確定を証拠にされた為、冤罪者が無実でありながら再審却下される暴挙が続き 多数の冤罪者が旧式DNA血液型遺伝子鑑定を証拠にされてしまい極刑の司法判決結果になったのです。
此の問題点を告発ブログ jikeidan に告発した結果、有り得ない警察庁科警研等々からの法律無視される徹底的な強引圧力が始まり、通信傍受盗聴行為がエスカレートしてしまい、通信時の通話妨害が今だに続き、通話時の雑音が異常になる事は頻繁であり、FC2様に jikeidan ブログを出す自警団中島に対して、ID パスワード IPアドレスまで個人情報を簡単に法律範囲内で通信傍受してしまい、個人情報を悪用した警察不祥事関係者は、jikeidan 管理人に化けて、なりすまして告発ブログ自警団に浸入して改ざんをして、警察庁科警研等々に都合上悪い内容を題名事 消し去る事をして来ます。
とても警察のやるべき事とは思えない暴挙が発生しています。
にて入手不正アクセスを繰り返す一般の方々から想像も付かない程に、通話妨害がエスカレートしています。

不審者から大型トラックを使った殺人未遂事件が2011年2月25日に発生していますが、追突内容がブレーキを一切踏まない危険運転にてトラックにより追突された事故が、何故か不思議に虚偽の内容で事故後の3日後に、事故状況調査報告書が愛知県警港警察署交通係により、被害者側だけ一切現場検証無しで、加害者側のトラック運転手の嘘の一方的な内容で全て終わっている状況で、全身10ヶ所以上の首 肋骨 腰 骨盤 膝等々の骨折重症怪我事故であるのに、全く交通法規規則が守られず、愛知県警港警察署は交通法規を全く守らない交通係の対応が発生しています、この怠慢な対応を立証する為に事故現場の当日のトラックによる追突動画撮影記録を、一部証拠として出しましたが、何故か事故状況の書き込み内容まで改ざんされていて、追突シーンの写真の順番までもが前後を変えられていました。
まさか警察組織内部で、公安警察の方々も以前から不祥事隠しに関連して尾行する方々も見えて、トラックによる追突事故時も公安警察関係者と思える捜査員の方々も目撃していますが、
何故か追突される間際も自宅前を通過していますが、作為的な追突事故だと自警団中島は、間違いなく疑っていますが、何故に個人の告発ブログ jikeidan に対して、警察組織関係者が自警団中島を襲ったトラックによる追突事故内容を、警察組織あげて改ざんから、警察署まで圧力を掛けて事実から懸け離れた、軽微な追突事故にしたい内容に改ざんさせる力が発生する事は、警察組織関係者が不祥事隠しの影響で、jikeidan 管理人に対して口封じで 第三者まで巻き込んで、依頼殺人未遂事件を計画的に行なったと思えてなりません。

第一に理由は、偶然性の事故なら何故此処までしてトラックの運転手を一方的に助けるような事実を捻じ曲げてまで、事故状況調査書までを介入して被害者側だけを一切現場検証無しで、片寄った加害者だけの現場検証だけして、被害者側を差別するのか!此処まで交通法規無視までして、本当の防犯カメラ録画記録の事実内容を改ざんしてまで、真実をねじ曲げる違法な工作を、警察組織が一蓮托生してまで 捻じ曲げて行い、告発ブログjikeidan 管理人のブログ内容を、警察が不当に危険な不正アクセスまで何度も繰り返して行い、自警団中島の真実の実話告発内容を改ざんしてまで、殺人未遂追突事故を隠ぺいしたいのか!不思議に思います。
トラックによる殺人未遂事件を、単なる軽微な追突事故に変えたい警察の姿勢には、驚異を思い警察不祥事隠し関係者が絡んでいるのではと疑いたくなります。
実際 自警団中島の被害にあった状況を、事細かに振り返り、事実を検証して見ると 明らかな状況証拠を閲覧すると、警察組織関係者が明らかに絡んでいないと理屈に合わない事が多すぎます。
携帯電話の盗聴をしている警察組織関係者は、
会話内容を吟味して待ち合わせした携帯電話内容を聴いて、不祥事にも警察捜査関係者が何度も先回りして、自警団中島の目的待ち合わせ場所に 警察覆面車や明らかに刑事捜査員らしき方々が事前に先回りしている事が異常に多すぎます。
いくら何でも、ボランティアで人助けする自警団中島の行なった行為は、幼い子供達を誘拐犯人から助けてあげたい事と、此れから先に起きる可能性がある、まだ逮捕されていない横山ゆかりちゃんを誘拐した誘拐殺人連続未解決事件犯人容疑者が、警察庁科警研旧式DNA鑑定の不祥事隠しの影響で、誘拐犯人のイチハラマナブが野放しになり、又 幼い子供達と女性の方々が何時又 被害者が出てしまうかと思うと、警察庁科警研の対応は度が過ぎていると思えます。

自らのブログ書き込みが、警察不祥事隠し関係者から異常な妨害工作をされる為に、やもをえずコメントらんに本日書き込み致しました。
2015年7月

2011年6月11日のブログ内容が何故消された途端に、新たに2015年8月に書き直した文面に異常発覚


中川妊婦猟奇殺人強盗未解決事件の時効 に一部の手柄 に焦る間違っ た警察不祥事が絡んでいた為に容疑者が引き継ぎ捜査されていない事実が発覚: 中川警察署が1988年3月18日に発生した中川妊婦猟奇殺人強盗未解決事件の容疑 者を何故に中川警察署が知 っていたのか疑問だと思いますが、以前からインターネット上で別件事件被害者女性から、中川妊婦猟奇殺人事件犯人と疑う被害者側女性 (犯人が別の女性を陰湿に狙う別件事件あり)から事件当時後に犯人と疑う中川区富田町近隣の女性が、何度も無理矢理に扉のノブを回しながら開かせようとした現場の危機感を目撃した住人女性は、愛知県警に対して110番通報をして警察官の到着を待ちましたが、何故か同じ容疑者が数回に渡り同じ部屋を狙い、同じように扉のノブを回す行為を繰り返した為に、部屋の女性がその都度110をして警察官の到着を待ちましたが、緊急通報である110をしたのに警察官が到着するのは、殆ど30分以上かかり 危機感を感じた女性は何度も中川警察署に対して、理由を正した敬意をネット上に告白していますが、内容はやはり当時の中川警察署刑事課の方々は容疑者に目星をつけて、次の犯行を犯すのを見張っていたと解り、狙われた女性は激怒して中川警察署に対して断固と抗議した内容の書き込みをしていました。
興味ある方見て下さい
愛知県警中川警察署に対して、何度も時効前から中川妊婦猟奇殺人強盗事件犯人に対して訴える努力をした自警団中島の努力が実りませんでした。
この警察不祥事は、過去に警察官による冤罪不祥事事件を告発している自警団中島に対して警察刑事課関係者の中に、自警団中島に対して過去でっち上げ事件を数回に渡り行った警察不祥事関係者による偽装工作があり、自警団中島は警察の間違った体質に対して、何度も人権を守る為に弁護士と一緒に正義感から冤罪事件の追求を何度もして警察の間違った考え方に対して、真正面から抗議告発告訴をして人権を守る為に、道徳心を持ち倫理観にはじない行動行為を続けて参りました。
この内容を読まれた正義感ある方々は、是非とも自警団中島 jikeidan を応援して下さい。
私個人の力には限界があり、自らの器以上の努力を続けています。
警察組織が正しく法律的な行いをする事を望み頑張って命懸けで努力していますが、法律を守る側か法律を正しく守らない現実を見てきて悲しくなりました。
日本国民の皆様方が、正しい心ある気持ちで 他人に対して少しでも 想いある優しさを望みます。
2015年8月25日 火曜日
転ばぬ先の杖に似た jikeidan

Re: 妊婦猟奇殺害強盗未解決時効事件の本当の真実

> jikeidan 真実の実話告発ブログ内容で2011年6月11日 愛知県名古屋市 中川区妊婦猟奇殺害強盗事件 記事内容が、全て消されていますが愛知県警中川警察署の不祥事が発覚する前に中川警察署が1988年当時 犯人が中川区富田町に住んでいる泥棒容疑者のikが犯行を犯した状況証拠に近い証言を、1988年代にikが働いていた店舗経営責任者により、当時事件発生時後直ぐに愛知県警中川警察署 妊婦猟奇殺人捜査本部担当者に対して犯人容疑者に対する直接具体的な犯行証拠に繋がる情報提供が訴えられている真実が隠されています。
> 中川警察署刑事課責任者TK様に訴えられた直接的な犯人の中川区富田町千音寺市営住宅に住んでいたik(上下服が事件当時に血だらけ状態で就職先の店舗にikが閉店後間際に人情沙汰をした状況説明をして泣いて震える異常事態の告白を聴いた雇用主側から、異常事態の殺人事件の容疑者のikに対して、当時 中川警察署妊婦猟奇殺害捜査本部は、極秘扱いでikを内定捜査をしていました。
> 実際は中川警察署捜査員はikが次の犯行を犯す事を想定して、長きに渡りikに対して内定していた事が本当の真実であります。
> 自警団管理人は極秘裏に腕利き刑事課捜査員TK様の協力関係を隠して、同じ中川警察署警察官方々には極秘裏に協力関係者でした。
> 当時の愛知県警本部中川警察署は、自警団管理人の存在すら隠されている為に、現在の自警団管理人の信頼関係者とは、当時の愛知県警本部中川警察署の殆んどの警察官は自警団の協力関係を知りませんでした。
> 1988年当時発生した妊婦猟奇殺害強盗未解決事件犯人を、愛知県警本部と中川警察署の殆んどの警察官には伏せられて極秘裏に中川区富田町千音寺 犯人のikに対して、次の強行を犯すと見て極秘内定捜査を当時の捜査本部は粘り強く捜査を続けていたのが現実に起きていた裏事情なのです。
> 実は自警団の私は当時から、愛知県警本部内の一部の腕利刑事の裏側から命懸けの隠密捜査の手助けをして支えていたのが事実であります。
> この裏事情を知らない警察組織内部の派閥抗争の内紛に近いトラブルの影響で、実際は究極の貢献者的存在者の自警団の私は、愛知県警本部中川警察署の裏側で貢献していた事実を当時の警察署長も知らない状況の為に、裏側では最高の情報提供者でありながら、派閥争いの影響で別の班に対して、強引に捜査協力を無理矢理求められる不合理な弾圧もあり、警察の見えざる縁の下の裏方の存在の自警団は、苦しい立場で人生を翻弄される冤罪被害者になる弾圧も発生して協力している警察本部港警察署 中川警察署の一部の不祥事隠し警察関係者から、でっち上げ事件を捏造されてしまい 過去の中川警察署に対する多数の自警団の功績を、此れから告発をしなければならない状況に成りつつあります。
> お盆休みの本日 中川警察署管内にて発生した未解決事件内容で、時効になった1988年当時発生した妊婦猟奇殺害強盗事件犯人に対して、2015年7月27日に、名古屋市中川区富田町千音寺市営住宅に住む、妊婦猟奇殺害犯人のikに対して、頻繁な泥棒行為の現行犯を犯したikに対して現行犯で捕まえて反省を求めましたが無駄骨でした。多数のカギの束を盗んだikに対して鍵の変換を請求しましたが頑固に応じない異常な精神に両親の欠片もない人間性に驚かれました!ikに対し時効にさせた殺人事件の経緯に対して追求し自白させた敬意と、懲りない二重人格性に逃げて 平喘と騙して泣いて逃げる姿は異常性格者だと思いました。嘘泣きを得意にする常習的な人格の為に通常の常識人は ikに まず騙されます。事実 事件当時後に別件逮捕されたikに、中川妊婦猟奇殺害強盗事件捜査本部担当者に直接的に連絡が入り、ikがあなたの店舗で事件当日に働いていたからアリバイがあると、殺された守屋さんの捜査本部担当者が 確認の為に連絡して来たのも事実です。
中川妊婦猟奇殺害強盗事件の犯人のikは、雇用先の経営者側の私が 事件後に中川妊婦猟奇殺害強盗事件担当警察署の刑事課捜査員の関係者だとは極秘の為に、到底ikは知りませんから まさか事前に愛知県警中川警察署刑事課捜査員ktに対して、告発情報協力の為に事細かに情報協力をしていた経緯が存在している事は、此の書き込みをikが閲覧して見て 衝撃を受けていると思います。
1988年3月18日 金曜日の夜に、ikが上下の服を血だらけの状態で異常ないでたちの姿を目撃した私は、当人のikからの説明告白の状況だけで、殺人事件の様子は察しが直ぐに理解した為に私が平静を装い、ikを見張り監視していた事をikは、当時から一切気が付いていませんでした。
此の為に経営者サイドの私からは、中川妊婦猟奇殺害強盗未解決事件の情報が、中川警察署に対して告発されていたとは全く知らないikは、何を勘違いしているのか完全犯罪を成功させたと思い違いをして、運良く たまたま担当者の未解決事件の引き継ぎ状況の不備で事件捜査が曖昧(あいまい)になった為に、ikの犯した妊婦猟奇殺人事件が時効になる結果になった事で ikは、過信してしまい
、殺人事件を時効にさせたうえ 反省後悔も無く 相変わらず泥棒行為を続けて来たikは、異常な女性好きな変質者の性癖事件を犯している犯罪者であるが、平喘と趣味のカラオケ動画や 目くらましの似非のボランティア写真まで撮り利用してインターネット上画面上に出しています。
jikeidan ブログに対して、中川妊婦猟奇殺害強盗未解決事件犯人の犯人だといkが出された事で、事実を告発された為にikは、身内の妹さんからばれて追求された為に、必死で妹さんに言い訳で知らないと弁解したそうです。
肝心なikの妹さんは、自警団管理人の元の家業店舗にikが就職した事実を知っている以上、経営者の身内からikの犯した中川妊婦猟奇殺害強盗未解決事件内容を具体的に告発している内容を読んだikの妹さんは、相当のショックの為に兄のikに対して縁を切ると怒って疎遠になったと、2015/3/15にキャナルリゾート温泉施設にて偶然性に見つけたikに対して、泥棒行為の追求を求めたさいに、鍵を盗んだ事と貴金属 宝飾品 骨董品 美術品 現金等々を盗んだ追求をした際に、全てを水に流したるから鍵を返せと迫り 心に刺さる優しさを前に出して食事まで進めた敬意の結果、大半の泥棒行為と仰天の仕業を自供したのです。
実話 此の時に自警団管理人の関係者が真横にいて 中川妊婦猟奇殺害強盗未解決時効事件の犯人だと友人の前で説明して追求した時に、関係者も前半の話しを耳にしています。
当日に安心させる説明をした為に、私が聴いたikの連絡先の携帯電話番号からikが連絡をして来て、以前2011年3月に自宅前で私の自宅から出て来たikを現行犯で捕まえた時も、厳重注意した後で音信不通になった経緯がある為に、今度は人情に刺さる優しさを見せましたが、やはり性根の腐っているikには、人の人情の心根はいくら努力して理解出来ないと今回初めて覚り悟りました。
結局 鍵を捨てたと嘘吹いて逃げているikに対して、自警団管理人の実家まで忍び混む大胆さに、同じ共通する防犯カメラの録画機器の証拠改ざんと、忍び込んだ時のテープの持ち出し等々の共通点の一致と、複数点の貴重品等を盗んだ際に 決まって場所が違う場所から員数合わせの様に、数を合わす細工が頻繁に忍び込んで泥棒に来た際にする手口の共通点の一致を、ikに追求した際に自白した為に、常識人では想像もつかない大胆な手口に対して治らない性根の持ち主だと理解しました。
此の為に、又もや約束を破り盗んで隠している鍵の束にて、懲りずに泥棒に来たikに対して捕まえて警察に引き出す為に2015/7末に中川区千音寺近隣にてikを捕まえる為の努力を自警団管理人が努力致しました。
就職先にて盗んだ鍵を使い忍び混んだ会社宅から、27年の年月に渡り再三に忍び混んだikの根性の歪んだ性格に驚きです。

例え一時でも、縁があったikを構成させようと我慢して努力しましたが、全く性根の腐った考え方が治らないikに対して、構成は望めない為に、中川区千音寺近隣の地区の協力者の方々と話し合い7/29にikを捕獲する為に出向き苦労して捕まえる事が成功致しました。
説得の末に逃げようとしたikが豹変した為に、油断した自警団管理人は怪我をする結果になり、虚言癖のある嘘の行為が治らないikに最後まで手こずり困らさせられました。
晴天の霹靂です。
> お盆休み前に 亡くなられた守屋様の魂に、少しでもikに自警団の私がプレッシャーを与えた事により、殺人事件を時効にさせたikに対して懲りさせてやりたいです。
愛知県警中川警察署の過去の不手際ではと疑う 道徳心から外れている倫理観の欠落に近い扱われ方をさせられた事実も発生している事も事実です。経緯を次の書き込みに屈辱的な対応策を取った愛知県警中川警察署の過去から起きている問題点に対して告発を検討していかなければならない状況も発生している為に心痛めています。
> 2015/8
> jikeidan
> 2011/6/11 の妊婦猟奇殺害強盗事件記事を不正アクセスされて題名事 削除された事実を此処に告発致しました。

愛知県警察委員会に出席した愛知自警団管理人中島 

愛知県警本部ー警察幹部約全員に近い100人位が愛知県の予算案の提出報告会議に出席する為に集まる定例的な会議が愛知県庁の会議場で行われます。

名前は警察委員会です。

警察委員会出席者は、愛知県警桝田好一警察本部長警視監:伊藤敏男総務部長警視長:根本純史警務部長警視長:中村正孝生活安全部長警視長:大濱健志刑事部長警視長:渡部太計志地域部長警視正:脇田泰嗣交通部長警視正:今井宗雄警備部長警視正:戸鹿島組織犯罪対策局長刑事惨事官警視正:渡邉彰参事官警務課長警視正:大江英生参事官兼首席監察官警視正:佐治徳忠警備部参事官警視:山本佳朗刑事総務課長警視:等の他の幹部を含め100位の県警幹部の警察官が警察委員会に出席していました。
この警察委員会に対し見学したい為に手続き許可を得て自警団管理人が:愛知県警察委員会を見学して学習させて頂きました。   

2015年12月11日
に愛知県の会議室でありました。
 愛知県警警察幹部全員が愛知県の会議場に出席して定例的な県警幹部方々から警察予算案件等に対して説明がありました。

 愛知県警桝田本部長 総務伊藤部長警視長等の複数人から会議席場にて起立して説明発表がありました。 
愛知県会議員から愛知県警幹部に対して質問もあり、質問内容に気になる案件の質疑がありました。

1「愛知県警北警察署内の刑事課部屋にで盗聴器が発見されて問題化した事件に対して愛知県会議員より県警幹部に対して 今回の盗聴器が仕掛けられた事に対してどうなっているのですかと警察の対応策に対して質問がありました:愛知県警桝田本部長が代表して席上から立ち上がり「現在各警察署にて直ちに調査するように命令させました」と議場席から説明していました。 

●自警団管理人からのコメントですが、誰が何の為に刑事課部屋に堂々と盗聴機器を取り付ける事が可能か不思議です。

犯罪を捜査する側の愛知県警警察北警察署が第三者から刑事課部屋のパソコン機器がセットしてある電気コンセント器具に対して、盗聴を目的にする為に違法に取り付けられた盗聴機器から北警察署の刑事部屋の会話内容が盗聴機器により、第三者から丸聞こえ状態になる様子を、テレビ局側の私立探偵会社の盗聴発見器により会話を受信した為に確認を取り、間違いなく北警察署側から盗聴電波が北警察署外に漏れていた為にミヤネヤ番組司会者によりテレビ中継中に全国の一般家庭に事実関係が放送されて、愛知県警に対して番組内で盗聴電波が北警察署内部から発信されている状況が全国に放送されました。
刑事課部屋の会話が放送中に聞こえる事が分かった北警察署の管理体勢に対して問題ありだと、重要視される苦情も言われていました。   

jikeidanさんへ!!

迎春
あけましておめでとうございます。!
お体には十分注意されて頑張っていただきたく思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

2016年4月2日 土曜日 13:08送信時間 jikeidan 真実の実話告発ブログ
自警団管理人のjikeidan ブログが警察不祥事隠し関係者によりFC2 jikeidan ブログに対してサイバー攻撃が発生しています。
自警団管理人が自らのブログに対して書き込みが制限されるような乗っ取り事件が横行してしまい、アクセス中にダンウしてしまい書き込みが出来ないような状況にされ 大変に迷惑しています。
直ちに警察庁幹部は不祥事隠しを止める対応をしなさい。
横山ゆかり誘拐未解決事件目撃者に対して、口封じ策略を中止して足利事件等々に関わりのある真犯人のイチハラ マナブに対して、告発告訴訴えが郵便物配達証明付きにて自警団管理人から平成17年5月23日に、連続幼女誘拐強姦殺人未解決事件に対して訴えている犯人の愛知県名古屋市に住む、イチハラ マナブに対し、警察庁科警研関係者は不祥事隠しを止めて 直ちに真犯人のイチハラマナブのDNAの再検査をして、いさぎよく真実を国民に発表して 足利事件 飯塚事件 福井事件等々の犯人である イチハラ マナブを逮捕しなければならない。警察庁科警研は何故不祥事隠しをして犯人隠匿をしたかを 国民に謝罪しなければならない。
自警団管理人 jikeidan から正式に訴えられている犯人のイチハラマナブに対し、何故に警察庁は違法に犯人隠匿罪をして、警察庁科警研が旧式血液型DNA遺伝子塩基配列鑑定検査方式の鑑定能力を偽り、確率性をごまかして1990年代から2003年まで確率性の極端に低い旧式血液型DNA鑑定を強引に採用して大勢の冤罪者方々に対して、裁判所を欺き証拠能力の極端に低い旧式血液型DNA鑑定に拘り 大切な証拠制度を崩壊させるような汚点を残す間違った旧式DNA血液型鑑定に拘り判決に左右する大事な証拠として採用した為に、大量の冤罪者が次から次に逮捕される一大事な不祥事が発生してしまいました。
取り返しがつかない警察庁科警研の戦後最大の不祥事隠し事件です。
此の重要な警察庁科警研の不祥事隠しにより、全国の地方自治体県警本部まで警察庁の不祥事を隠す為に 初めて採用された当時の第1回目に証拠採用された、旧式血液型DNA遺伝子鑑定により 足利事件冤罪者 菅谷利和さんは無罪であるのに、間違った判断をされる確率性の極端に低い旧式血液型DNA鑑定を証拠採用をされた為に、次から次に冤罪者が不当な鑑定により逮捕起訴される原因になり、確率性の低い旧式血液型DNA鑑定を証拠採用した為に、冤罪者は最高裁にて無罪を証明する為に再審請求を何度もしても最高裁が却下してしまい 最高検察庁の意向に合わした 間違った判断を、最高裁判所が騙されてしまい、間違っている旧式血液型DNA遺伝子塩基配列鑑定検査方式を正しい鑑定と誤認させられた影響力により、中立性を重んじる最高裁判所まで検察庁科警研の出した確率性の極端に低い旧式血液型DNA鑑定を、正しい鑑定だと信じさせられた事による、警察庁科警研の世論まで巻き込んだ虚偽発表により、警察記者クラブはじめ各社新聞会社 報道機関までもが、旧式血液型DNA鑑定に踊らされてしまい、無実の冤罪者が大勢 拘束されてしまい 極刑の判決をされました。
此の中心的な役割をした問題点は、旧式血液型DNAであり 今だに警察庁は一番初めに逮捕された足利事件の問題点を隠す事に必死であり、足利事件犯人は、1996年7月7日に群馬県太田市パチンコ店舗にて誘拐された横山ゆかりちゃんを誘拐した名古屋市港区に当時住んでいたイチハラマナブであり、1996年7月8日の時点で、名古屋市港区東海通四丁目メゾンド東海マンションに住んでいたイチハラマナブが、横山ゆかりちゃんを連れていました。
目撃者の自警団管理人から相当の強い注意をされた後に、解放しない様子の為に愛知県警 港警察署 中川交番(現在は移動して港名交番)に対して数え切れない程に犯人を訴えました。
今だに真犯人が逮捕されない理由は、足利事件の真犯人が横山ゆかりちゃんを誘拐したイチハラマナブの為に、イチハラを警察が逮捕すれば 自動的に足利事件の真犯人だと分かれば、旧式血液型DNA遺伝子塩基配列鑑定検査方式で逮捕した事件は、全て間違いの鑑定で逮捕したと証明されてしまう為に、警察庁は最高検察庁等々と一蓮托生してしまい、此の問題点を闇から闇に隠す裏工作をしてしまい 足利事件犯人でもあるイチハラマナブを警察庁が指揮監督して警察幹部が一蓮托生して不祥事隠しに舵取りして、自警団管理人 jikeidan に対して、あらゆる犯罪行為までして警察が法律を破り捨て、命懸けで一人で必死に告発告訴する自警団中島に対して、恐ろしい圧力を加えて、命まで影響する行動行為をしてまで口封じに躍起になっています。
2015年12月11日と2016年3月17日に愛知県警本部幹部が全員出席する
警察委員会に自警団管理人中島が出向き、会議を見学して自警団中島をマークした警察幹部の一部の方々に質問して、違法な方法で自警団管理人を狙う方々の一部に対して注意勧告を致しました。
自警団管理人中島は、命懸けで不祥事隠し警察関係者に対して、襟を正させる努力を干しまず行っております。
しかしながら命を狙われた作為的な大型トラックを使った殺人未遂事件の影響で、大切な頚椎の567番の骨折をした為に、右腕麻痺が進行してしまい 利き腕がコントロール出来ない状態になって来ました。
実際に骨盤から腰骨から肋骨等々と、深手の骨折後の経過が悪く 骨折後が治っていません。
2011年2月25日金曜日の明け方に、自宅前の道路上にて追突されてから5年以上過ぎましたが、見えない圧力により 真面なブレーキを踏まない酷い追突事故が、愛知県警港警察署交通課担当方々の責任で、重症の怪我事故
であるのに、被害者側だけが現場検証すら一切無く 殺人未遂事故と疑う事故であるのに、加害者側だけ現場検証をして 嘘の内容の軽い偶然の出来事の軽傷追突事故扱い方の、事故状況調査書が 事故後 3日後に全て勝手に終わらして県警に提出されて現場検証が確定していました。
異常な愛知県警港警察署交通課のデタラメな対応でした。
此の為に加害者側は、一切処分が無い扱われ方で刑事罰すら有りませんでした。
不祥事隠しに加担している愛知県警本部の対応と港警察署の対応で、重症事故であるのに加害者が一切処分無い状況に異常な空気を感じ取りました。
自警団管理人中島は、事故状況調査書の怠慢な内容の為に 首の三ヶ所の骨折と肋骨、骨盤、腰骨等々の複数ヶ所の重症骨折事故を受けながら、加害者が一切処分が無い愛知県警と交通検察官 清水副検事の責任で、今だに保険会社から民事暴力をされて、調停をされた為に全て自腹で 治療費 交通費全てを自警団管理人中島が、直接的に払っている状況です。
近々不払いの相手に対して 提訴致します。
自警団中島が被害者側であるのに何故に、無駄な支払いをさせられるかの原因は、警察庁科警研の旧式血液型DNA遺伝子塩基配列鑑定検査方式の不祥事隠しを追求した為に、警察庁幹部達が必死に警察庁幹部達が判断した不祥事隠しの追求をした為に、自警団管理人がこざかしいと思われた事による警察庁幹部達による警察不祥事隠しの影響を、真面に受けた影響があらゆる方向性から、見えない圧力の様にされる為に 個人で命懸けで、弱い立場の冤罪者を必死に救う努力をする自警団中島に対して、潰す為にめげない命懸けの私に対して 恐ろしい警察犯罪事件が発生して苦しめられています。
日本の警察は国民に対して表側は、紳士的で行為的ですが不祥事隠しに対しては、相手構わず 死ぬほど追い詰めて殺人に近い内容の行動行為まで行って来ます。
身を持って経験した為に、いざとなれば公の場所で証明出来ます。
身近な大切な協力者が、五人も最近亡くなりました。
未解決事件の調査を直接的にお願いしていた大切な身近な協力者である岩永さんは、去年 突然に妙な自殺扱いの事件で亡くなりました。
愛知県警中川警察署から圧力が入り、亡くなる前日の明け方まで 岩永さんは中川警察署からイジメられました。
帰宅して午後に連絡が取れない岩永さんの友達が、心配して別の知り合いと一緒にラーメン店舗経営者の岩永さんの店に見にいき、不安を抱いた岩永さんの友達が警察を呼び、中村警察署に連絡して立合って頂き 自宅兼ラーメン店舗2階を調べた結果、口から泡を吹いて亡くなっていたと 岩永さんの嫁さんから連絡が来ました。
疑わしい死因の為に中村警察署が司法解剖をする為に岩永さんを数日間連れ行ったと連絡があり自警団管理人の私は、辛くて心が痛かったです。
岩永さんは武術家であり、空手を長く経験を積み 少林寺拳法中川同院の有段者の門弟でした。
昔は愛知県の名のあるトップの用心棒までした逸材で、一人でヤクザ三人を重症にさせて刑事事件になる位の根性が座った男でした。
真面目になりラーメン店舗の経営者になり、車好きのバイク仲間達と日曜日にはツーリングに通う程に大勢の友達がいて、何で自殺する程の理由が無いのに、慌てて死なないかんのですか!
岩永さんの親友の竹下さんが、同じように港警察署からイジメられてから、突然に練炭自殺してしまい 岩永さんと一緒に葬式に行き 泣き崩れました。
大切な自警団管理人の協力者が、愛知県警本部 港警察署 中川警察署等々から見えない圧力により、納得の出来ない不合理によりイジメられてから 大切な自警団 jikeidan 関係者の協力者が、次から次に不審死亡しています。
同じように最近連絡の取れない自警団管理人の協力者を心配して、紹介されたプラセンター治療病院にて、何気に以前にこの病院を紹介された柳原さん
は来てますがと、看護婦さんに聞いてみると 驚く事に 柳原さんは最近亡くなりましたと、心臓が止まる程の説明をされた為に衝撃を受けました。
個人情報の影響もあり詳しい死因が聞けませんでしたが、手遅れだと聞きました。
以前に柳原さんと私は、健康の為に猿投温泉に何度も一緒に通い 体調が良くなる噂の温泉水を汲みに通いました。
ボトルに入れて冷蔵庫に汲み置きして飲みました。
腎臓が悪い方々に効能がある猿投温泉の地下水は、最高に体調が良くなり評判な温泉水でした。
柳原さんと以前から一緒に温泉水を汲みに行き取り置きした温泉水を、腎臓が悪い猫に飲ませてから、すっかり回復して腎臓病が治ったオーストリアジャンホレストキャットの猫すけは元気になりましたが、ある日 取り置きしてある猿投温泉の温泉水を飲ました際に、普段なら直ぐに慌てて飲み干す水を、ためらい 飲まずに私の顔をジーと見つめてから、暫くしてから水を飲んだ猫助が、当日からグタンとしてしまい 食事を取らないで寝込んでしまいました。
何故か理由が分からず 不安に思った私は、取り置きしてある猿投温泉の水を、銀の検査棒にて毒の検査をすると、水に浸けてある部分の銀の棒部分が、黒ずみ 毒の反応が出た為に 慌てました。
私も同じ水を飲んでいる為に、不味いと察知した私は自らの体調の変化を振り返り考えると、横っ腹に激痛が発生していて 目の周りにパンダみたいに、サングラスを掛けた様に 青黒くなっていました。
皆さん原因を想像して下さい。銀の棒を水にしたして検査をして黒く変色する理由は、一個だけであり 毒が入っていました。
毒を中和指せる薬を持っている私は、慌てて飲みましたが 暫く飲み続けていた為に、私は身体を痛めてしまい 腎不全を起こして危なく 死ぬ所で助かりました。
大切な可愛い猫助が亡くなった原因は、知らずに飲んだ毒水の影響で猫助が死んだのてす。
大切な猫助の異変がなければ、私は手遅れになったと思います。
誰が自警団管理人の自宅に対して進入して、取り置きしてある薬水に対して 猛毒を混入させたのか!
私が生きて困る方々が居る事は 明らかになりました。
自警団管理人の書き込みを見ている皆様も、犯人に対して想像して下さい。
同じく猿投温泉に薬代わりに温泉水を汲みに行っている柳原さんも、私と同様に猿投温泉の温泉水を汲みに行き、ボトルに取り置きして飲んでいました。
私の猫助が 温泉水を飲んで亡くならなければ、私も同様に死んでいたと思います。
毒による死因は、劇状肝炎になるか 肝不全になるかで、最後に重症の酷い肺炎患者になり亡くなるでしょう。
病院に来た際に柳原さんは 酷い連続の咳をしていて、他院に柳原さんを紹介した先から、柳原さんの訃報を聴いた経緯を、通院している病院の看護婦さんから直接的に聴いた説明でした。
又 私の彼女の子供さん17歳が、仕事帰りに食事後に裸になり、テレビを見て笑っていた時に、姉を美容院に送り帰って来た時に、テレビがついたままでベランダでトイレに座る様に、うなだれた姿で動かない為に 何してるのと話しても、反応が無い為に確認すると、半腰状態で首にベルトを巻き、テラスの物干し竿のかける金具に、メッシュの編んだ網状のベルトを通して 首を吊った状態で、絶命していました。
次の日に亡くなりました。
私は養子にする考えでいましたから、死ぬ程 苦しみました。
2014年8月1日に息子が不審死亡しました。
世の中の皆様 自警団管理人の血が滲む様な苦しみが分かりますか。
私の協力者の彼女の気持ちを考えると、責任を痛感して自警団活動で多大な迷惑をかけてしまったと苦しんでいます。
此の書き込みを見て、異常に自警団管理人の関係者の死が異常に多く、変だと思いませんか!
第三者による見えない圧力の力が介入していると思えてなりますん。
確信して疑っています。
私が追突被害を受けて5年以上過ぎましたが、2月に三人の弁護士と打ち合わせして、重症追突被害事故の相手に対して損害賠償請求をする為に、弁護士から手続き上に、加害者側の会社と加害者トラック運転手の法人と個人の謄本を上げたさいに、とんでもない事実が発覚致しました。
何と加害者トラック運転手は、2014年9月1日死亡していました。
私の大切な息子が亡くなった一ヶ月後に、私の命を狙う命令をされた運転手が亡くなっていたのです。
2011/2/25の追突事故時に、加害者トラック運転手に対して 以来されて追突したのかと、追求した敬意を以前に真実の実話告発ブログ自警団 jikeidan に対して書き込みした事実がありますが、100%の確定的な証拠自供が無い為に、疑うとまでか書いていませんでした。
私は8回も大型トラックから追われて、殺されそうになり 5回目に狙われたトラックによる不自然な追突事故が、2011/2/25のトラックによる追突事故でした。
被害者側同乗者から訴えられて裁判沙汰になり追求をされる立場の加害者トラック運転手川嵜(名字を変え大山)は加害者にトラックを利用した殺人を以来した相手が存在すると疑っていますので、裁判沙汰にしたさいに追求する予定でいました。
加害者側トラック運転手は、依頼した相手側の関係者から裏切られて口封じをされたと今でも疑って思っています。
此の度 加害者側トラック運転手が亡くなっていた為に 請求相手が死んでいる為に 頭が空白になりました。
悔しいです。
自警団管理人は身内関係者と協力者の方々を多数亡くして屈辱感で悔しさでいっぱいです。
必死に今だに愛知県警本部幹部達に対して襟を正す努力を続けていますが、自警団管理人中島の屈辱に満ちた心を、少しでも閲覧者の方々は理解して下さい。
結果が出ずに亡くなられた方々に対して 未解決事件解決に繋がっていない現実の警察不祥事隠しに対して結果が出ていない為に大変に申し訳がないです。
警察庁科警研旧式血液型DNA遺伝子塩基配列鑑定方式による間違った証拠制度の判決で、冤罪者が多数無実でありながら実刑になられた苦しみを、今の新たな2003年から改められた新DNA鑑定で再検査されるまで、たどり着かなければ 今迄の努力が実りません。
世の中の皆様方 我が身に置き換えて 私の志しを少しでも理解して下さい。

一生懸命に他人の為に努力して、大切な私の関係者と仲間を亡くした重さを理解して下さい。
命懸けの告発ブログです。

私を攻撃した方々は必ずバチが当たるでしょう。
私を狙う方々は、都合上悪くなった関係者まで裏切り口封じして裏切りました。
異常事態です。


個人情報保護法通信傍受法等を守らせる側の警察が自ら法律を破る行為行動をする警察関係者が存在する。◆警察庁地方自治体県警本部は何をしているのか。◆肝心要の中枢部が法律を破ったら何の為に法律を作ったか訳がわからない。■法律を守らなければならない警察幹部が指揮を取り上から下に間違った不祥事隠しの為に法律違反を繰り返すサイバー攻撃をする警察関係者の不祥事を事件受理をさせない命令をする不祥事隠し事件が頻繁に愛知県警本部にて発生しています。■サイバー攻撃被害者が犯人を特定して正式に愛知県警本部サイバー犯罪課に対して数十回と告発しても上からの不祥事隠し命令が明らかに発生していると思われる対応策を取り続けるサイバー犯罪課責任者の間違った対応。●愛知県警本部は上層部の命令なら県警幹部は何をしても良いのか。●何故にサイバー攻撃被害者からの切実な告発訴えを何時までも取り続けるのだ!

警部が夫婦を強盗殺人を自白し判決が犯人の証拠ないと無罪放免の顛末ありの身内に甘い実情

2016年 気になる記事を見て下さい
4月12日 配信
「自白重視が冤罪生む」 足利事件で無罪の菅家さん警鐘
「自白重視が冤罪生む」 足利事件で無罪の菅家さん警鐘
04.12 17:00東京新聞
 <栃木>「物証がなく、頼りは自白だけ。もしかしたら冤罪(えんざい)なのではという不安は消えない」。宇都宮地裁で八日開かれた小一女児殺害事件の判決公判後、二〇一〇年に「足利事件」で再審無罪が確定した菅家(すがや)利和さん(69)は、本紙の取材にこう語った。この日の判決は、被告の自白は信用性があると認めた。ただ、菅家さんは、自白に重きを置いた捜査や司法のあり方に警鐘を鳴らす。 (中川耕平)

 菅家さんは公判を直接傍聴していないが、法廷で明らかになった警察や検察の取り調べに関し、自身が受けた当時の捜査を振り返りながら、気になった点を指摘した。

 「被害者より自分のことがかわいくて仕方ないか」「いろんな人間に恨まれ続ければいい」

 再生された取り調べの録音・録画(可視化)には、検察官の厳しい追及に耐えきれず、被告が涙を流す様子も映し出された。

 一方、女児を誘拐、殺害したとして、一九九一年に県警に逮捕された菅家さんは、任意同行に応じた日に深夜まで十数時間に及ぶ取り調べを受けた。「おまえがやったんだ。証拠はある」。髪をつかまれ、耳元で怒鳴る刑事の詰問に疲れ果て、悔し涙を流しながら「やりました」とこぼした。

 パニック状態の中で、虚偽の自白をすることは「誰にでもありえる」と菅家さんは言う。自白偏重の捜査は「無実の人を犯人にしかねない」と懸念を示す。

 菅家さんは逮捕から十八年後の二〇〇九年、宇都宮地裁での再審公判中、古里の足利市に戻ることができた。現在は講演で全国を回りながら、全ての事件で任意も含めた取り調べの全過程の可視化や、弁護士の同席、現場検証も映像に残すべきだと訴える。

 「捜査機関は時に暴走し、誰かの人生を台無しにすることもある。だからこそ、証拠を重ねて自白に頼らない捜査を徹底してほしい」


自身が受けた取り調べを振り返りながら、全面的な可視化を訴える菅家さん=足利市で

◆教訓胸に刻むべき

 <元裁判官の木谷明(きたにあきら)弁護士の話> 今回の判決では、無実の人が自白に追い込まれてしまう可能性について、詳細で客観的に検討された形跡が乏しかった。足利事件に代表されるように、本当は潔白にもかかわらず、犯行を事細かに供述した被告の実例は多い。その歴史をいま一度、胸に刻むべきだ。
◆強まる全面可視化の声

 <解説> 七時間超に上る取り調べの録音・録画(可視化)を踏まえ、被告の自白の信用性を認めた判決は、有力な物証がなくても、具体的に語られた自白の内容や状況証拠を総合し、「被告を犯人と認定できる」と結論づけた。

 物証が乏しい中、自白の可視化は事実上、検察の立証の切り札だった。黙秘しようとする被告に、検事が「ひきょうだろ」と迫る様子など、検察の印象を悪くしかねない場面も隠さず再生したことは、結果的に「捜査側が利益誘導してうその自白をさせた」との弁護側の主張を切り崩した。

 一方で、公判では捜査のずさんさも明るみに出た。被害者の遺体に付いていた粘着テープに、鑑定に関わった県警の担当者のDNA型が付着した疑いが浮上。テープは事実上、犯人の唯一の遺留品だった。誤ったDNA鑑定が誤認逮捕につながった「足利事件」を経験したはずの県警で、捜査の在り方があらためて問われる形になった。

 今回の判決を受け、検察が取り調べの可視化を有罪立証に活用する流れは加速するだろう。ただ、この事件でも可視化は一部に限られ、自白の強制や誘導が一切なかったか、映像で全てを確認することはできなかった。

 捜査側は立証を自白の可視化ばかりに頼るのではなく、証拠収集の大切さに立ち返るべきだ。自白の任意性や信用性を正確に判断するためにも、任意聴取を含む全面可視化を求める声も一層強まるだろう。 (大野暢子)
 
<足利事件>

 1990年5月、足利市で当時4歳の女児が行方不明になり、翌日に遺体で見つかった。女児の下着に付着していた体液のDNA型が一致したなどとして、91年12月、元幼稚園バス運転手の菅家利和さんが県警に逮捕された。最高裁で無期懲役が確定したが、2009年5月に東京高裁で、再鑑定されたDNA型が不一致だったことが判明。同6月に菅家さんは釈放、東京高裁は再審開始を決定した。10年3月に無罪が確定した再審判決は、重要な証拠とされた自白は信用性がなく、虚偽と結論づけた。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

jikeidan

Author:jikeidan
人助けを目的にするjikeidanです .誘拐事件に巻き込まれた子供達を救出する為努力してます. 誘拐事件犯人を追い詰め 真実を世の中に出す事を目的に頑張ってます. 冤罪者を助ける事と 社会正義を守る道徳心の為に努力してます.個人の限界を超えて頑張ってますが 命懸けで 少しでも世の中の為になる事ならと思い 人生をかけてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR