FC2ブログ

愛知県警 中川警察署と愛知県警本部の殺人課の努力の足を引っ張った 形跡がある中川漫画喫茶店従業員 加藤さん殺害死体遺棄 加藤さんの乗用車に対して車体番号を削り ナンバーを捨て・車検ステッカー・車庫証明ステッカー・点検ステッカー等々を削り 軽四黒色スティングレー新型車体を名古屋港金城埠頭堤防からダイブさせて失敗して宙ズリ状態にして、加藤さんを殺害した犯人が慌てて車から逃げて、待たしていた車に乗り込み 殺された加藤さんの車を証拠隠滅行為をした犯人が、港警察署の怠慢な対応の為に 初動捜査が進まず捜査妨害行為と取られる事件告発110番届けでを6回も無視して、自警団からの捜査協力を邪魔して放置を続けた対応をする港警察署を自警団が注意目的で告発する。2012年4月27日の時点で 殺害事件の疑いで 加藤さん所有の黒色スティングレー証拠隠滅行為放置車を調査して、自警団から殺人事件の可能性がある事件だと、110番通報後から港警察署に10回程出向き刑事課に捜査要望を2012/4/27以降 何度も捜査するように告発して、捜査を求めた案件が やはり自警団が予想していたとおり、殺人死体遺棄事件が発生していました。

愛知県警 港警察署が殺人事件の情報提供を 放ったらかしにしていた疑い事実あり!













上の写真は2013年8月28日の中日新聞記事です。

2012年4月に起きていた 中川漫画喫茶店従業員 殺害死体遺棄事件が発生して殺害された加藤さんが使用していた真っ新な綺麗なスティングレー軽四黒色乗用車を証拠隠滅行為を目的に、愛知県名古屋市港区金城埠頭岸壁から海に落とす行為を、犯人が証拠隠滅目的に 加藤さん所有のスティングレー軽四乗用車に対して、殺害後ナンバーを外して ・車庫証明シールを削り落として・車検シールを削り・コンソールボックスの中味を全て持ち去り・内装の荷物を全て持ち去り・窓を全開にして海に沈み易い状態にして・堤防から海にダイブさせようと失敗して、釣り人から目撃されて 慌てて逃げた犯人である。
釣り人の目撃者情報を自警団 jikeidanが聴き込みをして、釣り人より目撃者情報を調べる。
犯人は逃げる際に 仲間の車に乗り込み逃亡を図る。
2012/4/に堤防から スティングレー軽四黒色乗用車が海に落ちそうになっている状況を目撃して、目撃当時に 名古屋港金城埠頭近隣の釣り人に聴き込みをして目撃者を探して、目撃当時に110番をして写真撮影をしてから、愛知県警港警察署に出向き当直警察官に対して写真を見せて、新車に近い黒色軽四乗用車スティングレーが堤防から計画的に捨てられている状況を説明する。

実は名古屋港金城埠頭近隣を巡回している際に、110番通報をして事件性の可能性の高いスティングレー軽四黒色乗用車を発見した為に自警団が調査する!港警察署に証拠品として引き上げるように指導したが、相変わらず放置されたままである。
一切やりっ放し状態が二週間に渡り 続いた為に堤防に晒されている新型スティングレー軽四黒色乗用車を調べて持ち主の家族に返す手続きをするように港警察署に対して 要望する。
再三に渡り堤防に放置されている黒色スティングレーに対して、事件性がハッキリと分かる為に、110番通報を何度もして対応をせまりましたが、港警察署の対応に問題点があり、放置されている状態が続いたので、やる気のない港警察署に対して 余り期待はしていませんでしたが!
証拠品を粗末にしている港警察署の対応に対して違和感を抱いていた自警団ですが、恐らく持ち主が殺害されていると思い、2012/4の時点で、おおよその検討が着きましたから、呑気な港警察署の当直責任者方々に対して、6回程 緊急通報した際にjikeidan 自警団が港警察署に出向き、何時ものように 捜査するように、熱心に説明説得をして事件性がある疑いがある為に、刑事課に要請して捜査を求めました。

この事件は やはり殺人事件であり、持ち主の加藤さんが、勤め先の経営者から 日頃から酷い扱い方をされて、散々な状況だと情報がはいりました。

港警察署は、結果自警団 jikeidanから 再三に渡り放置したままの軽四黒色乗用車スティングレーを証拠品として引き上げをしない為に、jikeidanの私は 呆れてしまい 港警察署に乗り込み 心配している家族の元に車の引き渡しをするように、何度も訪ねて行き 港警察署の怠慢を注意しました。

港警察署に対して告発をしていた事実が、隠されていた不祥事隠し事件の疑いあります・・・

中川警察署の管轄下の殺人事件ですが、明らかな事件性がある 証拠隠滅行為で堤防から、スティングレーをダイブさせようとしたスティングレー軽四黒色乗用車を、誰が見ても事件性がある事は、歴然で有るのに 何の捜査もせずに、放置したままにした港警察署の対応の責任で、殺害された加藤さんの捜査が遅れてしまい、2013年8月28日の新聞内容を見た為に、港警察署の怠慢行為に対して 抗議の気持ちで、自警団が実際に目撃した黒色軽四乗用車スティングレーの写真を撮影していますので 貼り付けます。

実は愛知県警本部 殺人捜査係りに対して、協力の為に2012/11頃から 目撃者情報通報の為に、撮影した写真を愛知県警本部殺人事件捜査係りに提供しました。

港警察署は何故か処分がありませんが!
犯人がNシステムに顔が写っている可能性が有る為に、証拠隠滅目的で被害者の加藤さんのスティングレー軽四黒色乗用車を車体番号を削り 持ち主が誰か分からなくして証拠隠滅を図り、名古屋港金城埠頭堤防から海に捨てる行為をして、犯人が失敗して逃げさったのです。















上の写真は、堤防からダイブ状態の状況のスティングレー軽四黒色乗用車を、結局 自警団が推測するとおり 持ち主が殺害されているのに港警察署が引き上げず、自警団 jikeidan から再三の証拠品として引き上げをするように要請しましたが 港警察署が無視しました。
殺人事件が絡んでいると自警団から港警察署に何度も出向き、スティングレー軽四黒色乗用車を証拠品として再三に渡り引き上げを要請しましたが、港警察署はめんどくさいようで!無視してしまい 堤防側に移動だけして放置して、一切やりっ放し状態で港警察署は、結果自警団からの予想通りだった殺人事件でしたが、何度も指導注意する事を疎ましく思い、港警察署は証拠品を引き揚げず7番倉庫前に移動して、又もや放置したまま やりっ放し状態にしたのです。












2012年5月13日に名古屋港金城埠頭堤防手前7番倉庫の前に、自警団 jikeidan が目撃して110番通報を、この日で6回も通報して事件処理をして刑事課から捜査するように再三求めましたが、何もしようとしない法律無視の対応に対して、此れでも市民を守る警察かと 情けなく思い 辛かったです。
自警団 jikeidan の個人では、市民の為にと思い一生懸命に正義活動をしても、何時も足を引っ張る行為をするのは、決まって愛知県警港警察署等々です。
この事件は、自警団が目撃した時点で110番通報をして、名古屋港金城埠頭近隣の釣り人から目撃者情報を集めて、その情報を持ち港警察署に出向き、犯人はスティングレー軽四黒色乗用車持ち主の関係者だから、偽装工作をして!ワザワザ車体ナンバーを削り、証拠を残さず所有が分からないようにして、犯人が海に沈める行為の失敗をしていますから、必ず犯人は名古屋港金城埠頭近隣迄 ナンバーを付けた状態で車を運転しているはずですから、交通課に依頼してNシステムで スティングレーのナンバーを調べて、ナンバー照会をすれば、必ず直ぐに放置した日にちを調べれば、犯人の顔が分かりますから、頑張って調べて事件解決をして下さいと港警察署に出向き要望しました。

結局港警察署は、やりっ放し状態のまま捜査しませんでした。

この事から、中川警察署 愛知県警本部殺人事件課は、情報が入らず捜査着手が遅れたのです。




この堤防に証拠隠滅目的で沈めようとされていた黒色軽四乗用車スティングレーを目撃した時点で、直ぐに直感的に 真新しい高額の新車の様な軽四乗用車を見た時に 何か悲痛な感覚を感じましたので、何度も110番通報をして事件処理をしない港警察署の怠慢行為に対して、根拠に何度も通報をした後から港警察署に出向き、最低でも持ち主の家族に車を返すように手続きを迫りました。

帰らぬ我が子を思う親の気持ちが、痛いほど感じる自警団は何が因果か!駄まっていられない性格の為に、正義を通す為に 警察から白い目で扱われても正義をとおして、私の努力を理解しない港警察署の警察官に対して法律を守るように努力しています。

誰が好き転んで 融通の効かない港警察署に度々行く事は、非情に気分が悪いですが 困っている方々がいて 見え無い何かの悲痛な感覚を感じる私は、直感的に人助け行動をしてしまいます。

出来るならば 関わりたくないですが、誰かが嫌な役目をして、前に出て間違った体質の港警察署に対して、法律を守らせねば 益々治安が悪くなる為に嫌われても嫌われても、めげずに困っている人の為に正義感を通しています。

追伸
愛知県警港警察署の一部の警官の方々で、思い遣りのある 今時珍しい 的もな警察官が見えますが、的もな方が港警察署に見える為に、港警察署の不祥事事件は告発ブログ jikeidan
には未だ未だ書いていません。

私の愛読者の警察庁科警研 警視庁公安 港警察署の飛んでもない不祥事をした方々が見えますが、港警察署の的もな方は、据え置き 不良警察官に対して厳重注意ないし指導をしないと マズイのではないですか!

警察庁等々殿

訪問ありがとう ございました。
自警団 jikeidan
スポンサーサイト



飯塚事件の謎 足利事件真犯人は飯塚事件犯人ではないですか!!! 福岡県飯塚市で92年、女児2人が殺害された「飯塚事件」で、死刑が執行された久間三千年(くま・みちとし)・元死刑囚(執行時70歳)に付いてお答えします。 一度あなた様が警察庁科警研の旧DNA血液型遺伝子鑑定検査方式の塩基配列の物差しに付いて学習なされると!参考になります。 当時の旧式DNA血液型遺伝子鑑定検査方式では、未完成の研究段階の鑑定確率が低い血液型遺伝子鑑定方式を強引に取り入れてしまい、証拠能力の未だ未だ極端に低い研究途中の方式を手柄にはやる現場の捜査関係者が、確立性の低い旧式DNA血液型遺伝子鑑定を証拠として裁判所迄も欺き、虚偽の過大評価結果まで捏造してしまい 記者クラブ に対して旧式DNA血液型遺伝子鑑定検査方式は確立性が高い信頼性がある検査方式だと情報リークしてしまい間違った考え方を植え付けてしまい、此れが原因になり 実際は研究段階途中の未だ未だ極端に鑑定確率が低い旧式DNA血液型遺伝子鑑定検査方式を誤認にて、嘘の確立性が高い鑑定だと情報操作させた警察庁科警研の関係者の失態が、複数人の冤罪者を実際に生んでいます。

警察庁 科警研 不祥事隠しの追求
第一回目の鑑定から、足利事件 菅谷利和さんが やはり旧式DNA血液型遺伝子鑑定検査方式を警察庁科警研が証拠として最高裁迄 第一回目の科警研のDNA旧式検査方式を証拠採用された為に冤罪者でありながら、松田まみちゃん殺害の濡れ衣を強引に鑑定確率の低い旧式鑑定方式で間違った誤審鑑定されてしまい、冤罪者に対して鑑定確率の低い旧式DNA検査方式を証拠として採用をした為に、第一回目から冤罪者を作る結果に成ったのです。第一回目の足利事件冤罪被害者 菅谷利和さんが、弁護団により菅谷さんの髪の毛を手紙に入れさせて、DNA検査機関に対して鑑定検査をして、実際に足利事件被害者のまみちゃんを殺害した犯人の体液DNAを比較する目的の為に検査した結果、別人と分かりました!正式の裁判所の許可無しの結果であった為に検察 警察の圧力により、不当な対応をとられてしまい無罪と鑑定検査で分かっても正式の最高裁判所の再審決定が無い結果、折角の弁護団の努力が無駄になり!実際に最高裁判所に対して再審申請をしても却下決定が出てしまい、最高裁判所の判断は警察 検察よりの対応をしてしまいました。
この為に又もや足利事件冤罪者の菅谷さんが無罪でありながら無期懲役刑が確定して服役を続ける結果に成ったのです。
第二回目に足利事件同様に旧式DNA血液型遺伝子鑑定検査方式が採用されました。
警察庁科警研の旧式DNA血液型遺伝子鑑定検査方式を証拠として飯塚事件 久間三千年さんが、同じ鑑定確率の極端に低い旧DNA血液型遺伝子鑑定検査方式を足利事件同様に第二回目の血液型遺伝子鑑定にも使われてしまい、菅谷さん同様に無罪を訴える久間三千年さんは飯塚事件被害者の二人の子供達を殺害した容疑で逮捕されて、被害者に付いていた犯人の体液が、旧式DNA血液型遺伝子鑑定検査方式により犯人の体液と一致した事にされてしまい、警察庁科警研の旧式DNA血液型遺伝子鑑定検査方式を証拠として採用されてしまい、足利事件同様に同じ方々で間違った誤審の旧DNA血液型遺伝子鑑定を証拠にされて死刑判決が出てしまいました。
飯塚事件も足利事件同様に無罪を争い、最高裁判所にて再審申請を幾度か却下されていました。
足利事件弁護団 佐藤弁護士により菅谷さんの髪の毛を鑑定させた事による犯人とは別人である事実鑑定がハッキリした以上 、いくら強権力で押さえ付ける警察力でも国民市民に無罪である鑑定結果が公に成った以上、無罪の冤罪者を何時までも刑務所に入れていては、警察の威信に影響を及ぼす為に 初めて特例で最高裁判所の判決決定前に、潔い釈放を警察庁と検察庁と裁判所は、初めて司法制度の枠を超えた究極の判断をして 冤罪者の菅谷利和さんを判決結果無しで釈放したのです。
第一回目から旧式DNA血液型遺伝子鑑定検査方式の間違いがありながら、この時点で鑑定確率に影響を完全に及ぼす結果は警察庁科警研は 完全に発覚してから、確率性に問題かある事は気が付いていても不祥事を隠す工作に舵を取ってしまいました!足利事件無期懲役 菅谷利和さんか釈放が近いと噂になり、同じ様に同じ条件で二回目の旧式DNA血液型遺伝子鑑定検査方式で逮捕された飯塚事件 被告人扱い方をされた久間三千年さんは菅谷利和さん同様に、最高裁判所に対して再三に渡り無罪を訴えて再審請求をしていましたが、足利事件 冤罪者菅谷利和さんが再審却下と同時位に 突然に死刑が出向されてしまいました。
当時の、旧式DNA血液型遺伝子鑑定検査方式はこの書き込みを見ているあなた様方でも、当時の鑑定方式なら犯人にされても不思議では無い程度の旧式鑑定方式でした。
此れを読まれた方々は冷静に、我が身に当時同じ境遇の様な出来事が起きてしまったら、同じ結果にて落としいれられる結論が来る危険性を、国民全てに考えて頂けなければならない問題だと思います。



冤罪事件と分かっても今の司法制度では、不祥事事件が公になる事を嫌い 一蓮托生で警察組織全てに警察の不利益な状況をなくす為に、冤罪事件に対して目撃者証人が声を挙げて、警察に対して犯人を逮捕させる協力をしても!公に成っている重要性の高い事件に付いて警察庁が絡む誤認逮捕者がいる場合は、警察庁が地方自治体県警に対して強引な命令で、目撃者証人に対して口封じ的な圧力を徹底的に取り 誤認冤罪者を逮捕している場合は、目撃者が警察に協力目的で礼儀を尽くしても、警察組織は我が身に少しでも影響を受ける事件には、絶対にあやふやな対応で証人潰しをしてしまい、絶対に真実の事件解決につながりまん。
長年に渡り警察に対して協力をしてきて痛感して嫌程、法律を無視する警察の威信は一体何なのかと、トコトンに考えさせられました。
正義感を持ち正義から目撃者証人が警察に対して、犯人を告発告訴をしても間違って警察が、(足利事件被害者 菅谷利和)別人を逮捕している場合は、真犯人に対して追求して誘拐事件をした自白を犯人から直接的に聴いている証言をしても、警察は不祥事事件を隠す為に600万円の懸賞金がついている事件でも、誘拐事件の目撃者から証言調書を取ろうとはしません、恐ろしい警察の実体です。
足利事件 飯塚事件 横山ゆかりちゃん誘拐行方不明事件は、共通点があり同一犯と見ています。
但し飯塚事件は同一犯でありながら、犯人の後輩が絡んでいる恐れがあります。
横山ゆかりちゃん誘拐行方不明事件犯人が一連の、パチンコ店にて連続幼女誘拐事件の犯人であり、飯塚事件直前に横山ゆかりちゃんを誘拐した犯人が、自慢気に聴くも吐き気がする内容をwに話していて、2人が計画的に話していている光景を偶然に別のS君と同時刻に、名古屋市栄バスターミナルで聴いた内容の結果事件が飯塚事件なのです。
横山ゆかりちゃん誘拐行方不明事件に対して、犯人を警察庁 最高検察庁 前橋地方検察庁 徳島地方検察庁に告発状告訴状を郵便物配達証明付きで送り付けた日は、平成17年5月23日であり、愛知県警 港警察署 群馬県大田警察署等々が、告発連絡を何度しても前々から、一切 目撃者証人からの訴えを無視して、やりっ放しの対応の為にやもを得ずに、平成17年度の5月23日に関係各署検察庁迄 訴える形で送り付けましたが、こんな重要性のある連続誘拐犯人を逮捕出来る目撃者証人の告発状告訴状に!対して送り返してきた警察庁の法律無視に対して呆れました。
平成17年5月23日に郵便物配達証明付きで告発告訴状を、jikeidan 自警団が送り出してから何と平成17年8月10日頃に、警察庁が一番遅く送り返してきました!それも私の出したやり方で郵便物配達証明付きで送り返してきたのです。
最高検察庁は、平成17年6月12日頃に送り返してきました!同じく郵便物配達証明付きで送り返してきたのでず
前橋地方検察庁と徳島地方検察庁は発想して わずか2日目には同じく郵便物配達証明付きで送り返してきました!
全く警察庁科警研の旧式DNA血液型遺伝子鑑定検査方式の塩基配列の鑑定確率の、低さを隠す為に必死だと分かりますが!証人に迄 口封じ的な強引な不当捜査迄 捏造してされるとは、警察の威信は一切ありませんし!法律を無視する犯罪軍団的な一蓮托生に見えてなりません。
飯塚事件内容に対してコメント ニュースを書かれたブログユーザーの方々に、この真実の苦しい事実を拡散させて頂きたいです。
命懸けの告発告訴行為になるとは予想外の事であり、信じていた警察組織に裏切られた気持ちです。
私の真実の告発ブログ jikeidan は、サイバー攻撃を警察関係者よりされてしまい散々です。
誤字 脱字 文章の改ざん 写真のボカシ等がされて写真が入れ替えられたり消されたりしてしまい ブログ自体を消す行為等々まで有り法律を無視する事件が頻繁に発生しています。
これは組織的な警察不祥事隠しを目的にした明らかな法律を犯した警察関係者による犯罪行為です。
事件受理する警察側に問題がある場合は、サイバー攻撃被害を受理する側に対して、何故か天の声の様な 不祥事隠し関係者幹部から圧力が入り、扱う担当上司筆頭に直接的に影響が及びます。
私のiPadノート型パソコンコンピュータに対して通信傍受盗聴行為の影響で、私の個人情報が盗まれ ID パスワード IPアドレスを勝って使われてしまい不正アクセス禁止法違反行為が頻繁に起きてしまいました。
警察庁科警研幹部関係者から 不祥事を隠す為に 地方自治体県警にまで影響が出ている事実が浮上しました。

今一度 正しく法律を守る為に正しい采配を 警察庁科警研幹部に対して 心から望みたいです。

jikeidan
ーーーーーーーーーーーーーー
追伸
参考内容の写し ありがとうございました。

通信傍受法 【つうしんぼうじゅほう】犯罪捜査のために警察機関による通信の傍受を認めた法律。
「組織的犯罪三法」として 1999年に公布されて 翌2000年に施行されました。
背景には、犯罪事件による組織的犯罪の危険性が高まり社会に認知されるようになった事と警察庁及び地方自治体県警は、テロをはじめとする組織的な犯罪に対して通信の傍受が不可欠であるとの意見が強まったことが通信傍受法が作られた原因であります。
しかしながら憲法に通信の秘密の保障が明記されている以上、通信傍受法は憲法に抵触する可能性があるという批判が立法時からなされています。

憲法との摩擦を減らす為に、盗聴傍受が可能な事件は組織的な殺人事件等 薬物の取り締まり、拳銃火薬取り締まりの取引に限定されていて、地方裁判所の許可なしには通信傍受ができないという制限もありますが、実際に個人情報 プライバシーを無視した通信傍受法は人権侵害になる危険性があり、警察組織の都合上の解釈にて拡大解釈された危険性のある線引きの曖昧な法律を作ってしまった事に変わりはないという意見が頻繁に持ち上がっています。

通信傍受法の影響で、犯罪事件に関わる案件以外の民間ボランティア正義活動家に対しても同様に、警察組織に取って不祥事に関わる不都合な不利益な相手と認識した場合は、警察組織の不祥事事件に繋がる場合は、通信傍受法の法律の枠を 超えた法律を破る行為に走り、社会にばれなければ良いと法律を無視する明らかな行きすぎた盗聴傍受を利用した、個人情報を現行法律の枠の範囲内で得た情報にて、警察機関が絶対に犯していけない成りすましによる侵入改ざん行為及び、個人の携帯電話の取引会社に対して堂々と裁判所の許可の元で盗聴傍受する相手に対して、嘘の情報操作を行使してしまい、警察組織が警察に取って不利益な情報及び新事実を知る目撃者等々に対しても、虚偽の情報操作をして警察に対して協力的な民間人に対しても、虚偽の犯罪者のレッテルを嘘で調査報告書を作り上げてしまう実例案件が頻繁に日常化してしまい、正義活動家に対しても警察に取って不利益な場合は盗聴傍受してしまい、警察組織は犯罪者に対する取り締まりの対象で作った通信傍受法を、法律の枠を強引に超えた解釈にて 不当な利用をしてしまい個人情報を、警察の都合主義にて通信傍受法の内容を骨抜き状況にしてしまいました。
明らかな法律違反と思われる行為を犯す実例事実が頻繁に発覚しています。
法律を守らなければならない警察組織は行き過ぎた犯罪行為を平喘と犯しています!
特に通信傍受法が可決された後に、警察組織機関にて不祥事事件に携わる警察組織の不利益な不祥事を知るボランティア正義活動家に対して、警察不利益情報を公にさせない目的の為に、警察の狙っている内定者に対して携帯電話の発信 受信に対して、不当な圧力をかけてしまい携帯電話通信の妨げをしてしまい、携帯電話の受信発信時点にてコントロールされているような状況にされてしまい、殆どに近い通話時点で、回線がつながっている時点でも時間秒表示が進んでいる状態でも音声が双方全く聴こえない通信状態が頻繁になる事が当たり前になり、不当な回線コントロールをする盗聴傍受犯人による、個人情報保護法を無視する行為を、捜査警察等々が行う法律無視が発生しています。





概略[編集]

刑事訴訟法222条の2では、「通信の当事者のいずれの同意も得ないで電気通信の傍受を行う強制の処分」は、別の法律に従って規律されるとしている。ここにいう「別の法律」というのが、本法である。
本法は、犯罪捜査の手段として通信傍受を用いることにつき法的根拠を与える。つまり、本法は、傍受することができる「通信」とは何か、通信を「傍受」するとはどういうことか、どのような犯罪の捜査において、どのような手続に従って、どういった内容の通信傍受をすることが許容されるのかについて規定している。
また、本法は、通信傍受によって権利・自由の侵害が生じることに配慮し、通信傍受を用いた犯罪捜査を規律する側面を有する。つまり、通信傍受が可能な場面は限定され、裁判官による傍受令状に基づいて行わねばならず、管理者の立会い等・通信の当事者に対する事後的な通知も要求されている。
更に、不服申立の手続も用意されている。
規制の内容[編集]

「通信」「傍受」とは何か。[編集]
何が傍受の対象となる「通信」に該当するかは、本法2条1項に規定されている。電話(固定電話・携帯電話)のみならず、「その他の電気通信」も傍受の対象たる「通信」に含まれる。具体的には、電子メール、及び、FAXが「その他の電気通信」に該当すると解されている。
本法で許容される「傍受」の方法は、通信線に傍受装置を接続して行うワイヤータッピング (wiretapping) である。いわゆる「盗聴器」によって直接会話を傍受するバッギング (bugging) については規定されていない。
バッギングによる捜査の適法性については、後述残された問題を参照
通信傍受による捜査が許容される犯罪[編集]
通信傍受による捜査が許容される犯罪(対象犯罪)は、通信傍受が必要不可欠な組織犯罪に限定される。具体的には、薬物関連犯罪、銃器関連犯罪、集団密航、及び、組織的に行なわれた殺人の捜査についてのみ、通信傍受が許される(3条1項、別表)。
通信傍受のための手続[編集]
通信傍受は、裁判官から発付される傍受令状に基づいて行われる。通信傍受という人権制約を伴う強制処分を実施する根拠・必要性があるかどうかについて、裁判官によってチェックされる仕組みをとっているのである(令状主義)。
捜査機関が通信傍受を行おうとする場合には、検察官または司法警察員が地方裁判所の裁判官に対して傍受令状を請求する(4条1項)。傍受令状の請求ができる検察官は検事総長からの指定を受けた指定検事に限られ、また、司法警察員についても、国家公安委員会等から指定を受けた警視以上の階級を有する警察官等に限定されている。つまり、他の令状よりも請求できる者がさらに限定されている。例えば逮捕状の場合(逮捕状については逮捕の項目を参照)、これを請求できる警察官の階級は「警部以上」とされている(刑事訴訟法199条2項)。
上記請求を受けて、裁判官は傍受令状を発布する(5条1項)。傍受令状を発布するための要件は通信傍受法3条に規定されている。その概要は以下である。
対象犯罪が犯されたと疑うに足りる十分な理由があり、対象犯罪が数人の共謀によるものであると疑うに足りる状況があること(3条1項1号)
対象犯罪の実行等に関連する事項を内容とする通信(犯罪関連通信)が行われると疑うに足る状況があること
通信傍受以外の方法によったのでは捜査が著しく困難であること
1に代わり、通信傍受法3条1項2号または3号に規定する状況がある場合にも傍受令状が発布される。また、「数人の共謀によるものであると疑うに足りる状況」がなくとも例外的に傍受令状が発布される場合も規定されている(3条2項)。
傍受令状に記載すべき事項は6条に列挙されている。さらに、令状を発布する裁判官によって、傍受の実施に際しての条件が付されることもある(5条2項)。
傍受令状は、「通信手段の傍受を実施する部分を管理する者」等に対して提示される(9条1項)。例えば、電話の傍受に際しては、電話会社の従業員に提示される。他の令状であれば、強制処分を受ける相手方に令状が提示される。例えば逮捕状は、逮捕という強制処分を受ける者(逮捕される者)に対して提示される(刑事訴訟法201条1項)。しかし通信傍受においては、強制処分を受ける相手方(通信傍受であれば傍受される通信を行う者がこれに該当する)に提示する必要はない。通信傍受の目的達成のためには、当然である。
また、傍受実施の際には、通信手段の管理者等を立ち会わせなければならない(12条)。
傍受してよい通信の内容[編集]
傍受してよい通信は、傍受令状に記載された通信のみである。傍受実施中に行われた通信であっても、傍受令状に記載されていない内容は傍受してはならない。例えば、犯罪に関わらない家族からの電話等は傍受できない。
これには例外がある。
まず、傍受してよいかどうかはその内容を確認しないことには分からないので、傍受してよい内容であるかどうかを判断するため必要最小限度の範囲であれば傍受することも許される(13条)。この場合、結果的に傍受した通信が犯罪に関わらない通信であったとしても、適法とされる。
また、通信傍受を実施している間に、傍受令状に記載がない他の犯罪に関する通信がなされた場合には、その通信を傍受できる場合がある(14条)。
傍受後の手続[編集]
傍受した通信は全て記録媒体に記録しなければならず(19条)、検察官・司法警察員には傍受した通信内容を刑事手続において使用するための記録(傍受記録)の作成が義務付けられる(22条)。更に、傍受終了後30日以内に(捜査に支障があるならば延長可能)、傍受された通信の当事者に対して傍受したことを通知しなければならない(23条)。裁判官による傍受令状の発布、及び、捜査機関による通信傍受について、不服を申立てる手続も用意されている(26条)。
本法に基づく通信傍受によって被疑者が検挙された初めての事例は、2002年1月、覚せい剤取締法違反の事件である。携帯電話の通話を傍受することによって、暴力団組員ら3人が逮捕された。
立法経緯[編集]

本法は、憲法違反・刑事訴訟法違反という批判を受けながらも、特に組織犯罪における犯罪捜査のために通信傍受(特に電話傍受)が必要であるとして制定されたものである。
本法は、組織的犯罪への対策立法の一環として、平成11年8月に成立した(施行は平成12年8月15日)。第145回国会にて成立した組織的犯罪対策三法[1]の一つと位置づけられている。
本法の成立以前においては、犯罪捜査のために電気通信の傍受(盗聴)を行うことができる旨を明確に定めた法令はなかった。
通信の傍受は、「通信の秘密」(日本国憲法21条2項)を侵害する行為であり、その結果、個人のプライバシーが侵害されるものでもある。よって通信の傍受を犯罪捜査の手段とすることは日本国憲法に反するという主張もある(本法が成立して以後においても、同様の根拠から、本法が憲法違反であるとの主張がなされている)。本法の成立以前に通信の傍受が認められるかどうか、という点については、刑事訴訟法はじめ当時の法令では、犯罪捜査のための通信の傍受を正面から認めた法令はないことから強制処分法定主義に反して認められないという主張もあった。
しかし、麻薬取引のように、電気通信(電話など)による緊密かつ巧妙な連絡をとることで組織的に実行される犯罪においては、通信傍受以外の方法による捜査によったのでは証拠収集(犯罪行為がどのようにして実行されているかという実態を解明すること、または、被疑者が誰であるかを特定することなど)に限界がある。
そうした犯罪捜査の必要性を理由に、従来の刑事訴訟法に規定された捜査の方法である検証の枠内に通信傍受を位置づける試みがあった。すなわち、電話会社の機器を対象とする「検証」として裁判官から検証許可状の発付を受け、電話での会話を傍受する「電話検証」と呼ばれる方法である。この方法は、最高裁判所においても合憲・適法であると判断された[2])。
このような実務上の対応に明確な法的根拠を与えたのが、本法である(上記最高裁決定においても最高裁判事全員が賛成したわけではなく、元原利文裁判官の反対意見があった)。本法によって、捜査機関が正当な法的手続きに則って執り行う場合に限り通信傍受は適法とされ、この問題はとりあえずの解決をみた。
残された問題[編集]

上記のように、本法によって通信傍受は適法な犯罪捜査の方法であることが明確となった。しかし、「通信の秘密」を犯し、もってプライバシーを侵害する通信傍受を認めた本法それ自体が憲法違反であるとの主張は、なお続いている。ただし、本法は通信傍受について上記のように厳格な規制をおいてプライバシー等に配慮していることから、憲法違反ではないとの見解が多数となっている。
また、本法で規定されたのは、あくまで電気通信による通信の傍受という捜査手段である。現実に人同士が相対して口頭行う会話のように、電気通信という方法を用いない会話を盗聴器等を用いて傍受すること(バッギング)は本法の対象ではなく、本法を根拠にこれを適法な捜査方法であるということはできない。
なお、電気通信によらない口頭での会話の傍受は、通信の秘密を侵さないので傍受自体に違法性はない。ただし、盗聴器等の設置手段等が犯罪となることもある。
民間人による傍受[編集]

本法は、あくまで捜査機関による犯罪捜査のための通信傍受の根拠となる法律である。捜査機関以外の一般私人による通信傍受をも適法と認めるものではない。
詳細は「盗聴」を参照
暗号化通信による対抗[編集]

通信内容を暗号化することによって、捜査機関による通信傍受から通信内容を秘匿することが可能である。そのコストは通信技術(特にインターネット)の発達とともに下がる一方である。すでに通信内容の秘匿については特別な機材を必要とせず可能となっている。具体的にはGnuPGやSkypeを用いればよい。
内容については秘匿できるが、内容以外についてはそうではない。「誰がどこから通信をしているか」という情報は固定端末・携帯端末ともに捜査機関が容易に手にすることが可能である。公衆端末の場合は、「誰が通信しているか」はわからない。また、「誰に向けて通信をしているか」という情報は暗号化手段にもよるが、たとえばSkypeの場合であれば少なくともSkype Technology社に捜査機関が照会しなければわからない(照会してもわからない可能性も大きい)。
法律の略称について[編集]

本法の略称として論文・報道などにおいてしばしば用いられるものに、通信傍受法と盗聴法との2つがある。このうち、「盗聴法」という呼称は、本法に対する批判的な意味合いを込めて用いられることが多い。
法案審議の過程では、1999年6月1日付で、法務省は「盗聴法案」の呼称を「極めて遺憾」であるとして、報道各社に「盗聴」と呼ばないよう要請した。野党や朝日新聞などの反対派は反発したが、朝日も含め「通信傍受法」を主表記に変えるマスコミも現れ、一定の影響があった。逆に賛成した読売新聞や産経新聞などは、法務省と共に「盗聴法案」表記を批判した。また、自民党の森喜朗は6月4日、「盗聴法」表記の報道を「公平に扱っていない」と批判した。
適用外の通信記録[編集]

携帯電話における端末と基地局が定期的に行う交信の記録は、通信傍受法の適用外で検証令状で取得できる。これに含まれる位置登録情報により捜査機関は特定の番号の端末がどこの基地局を中心とする数キロメートル四方内にあるのかを監視することができる。端末と基地局の定期的な交信は自動的に行われ、端末の電源が入っていて端末が基地局との通信圏内にあれば行われる。
ーーーーーーーーーーーーーーーー

警察不祥事事件 でっち上げ事件は如何にして作られて行くのかの真実の証明

でっち上げ事件が何故起きるかの謎!
jikeidan 自警団中島に対する不当な対応をした愛知県警港警察署 交通課の不当な対応・・・・・
自警団中島に対する口封じ行為が発生する。

2011年2月25日 am4時すぎに不自然なブレーキを踏まない危険運転をする追突事故が発生しました!!!
以前から自警団中島を狙うトラックを使う殺人未遂事件が発生しています。
普通乗用車からも二度に渡り、作為的に自警団中島を狙う 警察不祥事隠し関係者と公・・関係者から不当な行為をされました。
大型トラック 小型トラック ダンプカー
トラック等々から7回も追い掛けまわされ!命の危険にさらされました。
危機感を持ち用心している間に、川㟢克美(大山)より大型トラックから追突されました。
自警団中島自宅前でブレーキも踏まず激突追突されました。
悪質な狙っているように見える危険運転な事故です。

ブレーキも踏まず追突して、全身複数骨折をさせながら、不自然な事実と違う工作をした加害者運転手と港警察署の不自然な片手落ちな加害者だけの現場検証で、被害者を落とし入れる事実と違う工作がされていました。
殺人未遂に近い行動を取り被害者を落とし入れる事実が発覚しました。


愛知県名古屋市港区東海通4丁目東海通幹線道路左側歩道よりに停車中に黒色大型車和孝運輸会社引っ越し業務トラックにより、自宅前の歩道寄り前で降りる間際に不自然な追突をされる。
不自然なブレーキをかけない追突事故がありました。
被害者側運転手同乗者に対して、愛知県警港警察署交通課早崎交通部長と高橋警察官は、被害者側運転手同乗者に対して一度も一切現場検証に立ち合わせていない状態で事故状況調査書を加害者側川㟢(大山)だけの現場検証で片手落ちな一方的な加害者の嘘証言だけで作成してしまいました。
2011年2月25日から三日後の2011年3月1日には事故状況調査証明書が、港警察署交通課 早崎交通部長(高橋)により一方的に作られてしまい、実際の防犯録画記録と懸け離れた状況の、一方的な加害者だけの嘘の弁明の内容が 被害者側の証言を無視して加害者側だけで現場検証が成されて、事故状況調査書が一方的に作られてしまいました。

事実の事故状況は、加害者側 川㟢克美運転のトラックが東海通4丁目の幹線道路の左側を走行中、停車している白色パッソ後方側に対して、一切ブレーキを踏まず勢いのついた状態で激突しながら、ややパッソ後方右よりに対してトラックが追突してから、トラックは追い越し車線に対して、ブレーキを一切踏まず運転操作だけで避けようとして、トラックはブレーキを踏まず勢いが着いたまま追突しました。
白色パッソはトラックからの追突でスピードの勢いが着いたまま衝撃波の勢いで、飛ばされてしまい 左側歩道上に向いていた角度もあり、歩道寄り縁石にトラックによる追突の衝撃波の勢いで、被害車パッソは歩道縁石に飛ばされて突っ込み、タイヤのゴムの反動で跳ね返る二重の衝撃波がパッソに伝わり、助手席同乗者の被害者 自警団中島はトラックによる追突と左側歩道縁石に対して跳ね返される二重の衝撃波をモロに全身に受けてしまい、二重の衝撃で全身の骨折による首の頚椎5番目の骨折、胸椎脊椎7番目8番目の骨折 左側の肋骨骨折 右側足股関節骨折 左側足甲剥離骨折 等々の重傷骨折をしました。
しかしながら、被害者側が後に人身事故の現場検証に呼ばれず、事故日の加害者側だけの説明にて一方的な現場検証がなされてしまい、加害者側が嘘の言い訳で((安全運転をして制限時速以下の40キロで走行して被害者のパッソにちょこっと触った程度の事故ですと嘘を説明する))
この嘘の説明で出来た港警察署交通課早崎交通部長警察官が一方的に加害者側だけの意見で作成された事故状況証明書がズサンな内容の為に、被害者側同乗者の重傷骨折をした自警団中島が証拠として2011/2/25の防犯録画記録の録画テープ証拠を愛知県警港警察署の交通課早崎交通部長警察官の上司である課長代理 長谷川課長代理に対して、事故状況の真実の説明と証拠の防犯録画記録テープを港警察署に持ち込み長谷川課長代理に直接的に見せて証明をしました。
しかしながら、長谷川課長代理は部下の作った事故状況調査書に対して庇いだてしてしまい、済んだことだから今更事実が分かっても、文句があるなら交通検察庁に言ってくれ~、今更私に言われても済んだ事だから何にも出来ないし、、、今更現場検証をやれる訳無いだろ~と凄まれました!!忙しいから帰ってれー何度同じ事を説明されても何も出来ん!文句があるなら交通検察庁に言ってくれー此方に言われても迷惑だ~、、、早く帰ってくれ仕事が出来ん、、、直ぐに帰らないと仕事を妨害した罪で、処罰されるぞ~、、、と、同じセリフを何回も説明されて、((これ以上粘ると公務出向妨害で処罰されるぞ、、、))と、脅されました。
以前から愛知県警港警察署の交通課長谷川課長代理は、被害者側同乗者の中島から片手落ちな現場検証について正しく法律を守るように説明する度に、長谷川課長代理は((何度同じ事を言われても何とも出来ん聴きたくない!交通検察庁に言ってくれ~文句があるなら検察庁に言え~、何度いったら分かるんだ~、仕事の邪魔をするなー帰ってくれないと、本当に公務出向妨害で検挙するぞ~本気だぞ~))等と同じセリフを使い被害者の切実な告発行為に対して、職権乱用罪に当たる不当な扱い方を何度も告発に行く度に長谷川課長代理より言われました。
加害者側の嘘の言い訳で事故状況調査書が、加害者側の一方的な言い訳により作成されている事故状況調査書では、被害者側同乗者自警団中島の重傷骨折怪我は 何故に骨折するのか!疑問だと不本意なデタラメな言動が名古屋交通検察庁 副検事より愛知県警港警察署交通課早崎交通部長の作成した加害者側川㟢克美の嘘の説明だけで作られている一方的な説明では、ブレーキが一切踏まれない激突追突事故が、軽微な触った程度の事故に変えられている為に、名古屋交通検察庁が正しく判断出来ず、被害者側同乗者自警団中島に対して片手落ちな真実から懸け離れた状況調査書を立てに、被害者側中島に対して不当な扱い方をして、被害者側中島を疑っていると迄 真逆な取り調べ的な対応をしてしまったのです。
好い加減な事故状況調査書では、この嘘の説明で出来た事故状況調査書を土台で、交通検察庁副検事が調べても正しくない虚偽で作られた事故状況調査書を元に、被害者側同乗者の自警団中島に対して片手落ちな真実から懸け離れた状況に変えられている事故状況調査書を元に対応しても、被害者側同乗者自警団中島に対して誤解を生む対応がされてしまい、倫理から外れた違法な真逆な不当捜査が成されてしまいました。
この港警察署交通課早崎交通部長が作成した事実から、懸け離れた事故状況調査書の影響で、自警団中島は首の頚椎骨折の事故後2011年9月半ばに新たに三ヶ月の複数骨折の診断書を港警察署交通課早崎に対して、自動車運転過失傷害罪にて提出して、事故後今迄に一度も連絡も見舞いも保障も一切無い不誠実な加害者川㟢に対して、お人好しの自警団の私が訴えました。

事故状況調査書を正しく訂正をしなければ、厳正な調べ事等は絶対に出来ない為に愛知県警本部にも港警察署にも同じ内容の証拠である防犯録画記録テープを見せて抗議告発証明をしました!事故後 2年6ヶ月になりますが、警察の潔い対応が未だに成されていません!!!
この不当な事故状況調査書の影響で、虚偽告訴罪事件の被害が発生しました。
無罪の冤罪者に対して、詐欺行為の濡れ衣を追わせる不当な、対応をした名古屋交通検察庁副検事の対応が発覚しました。
嘘の加害者川㟢の言い訳で、一方的に作られた事故状況調査書の責任で、重傷骨折怪我をした私の全身骨折の状況の怪我を、自警団中島が自らしたのではないかと!疑うと迄、、、清水副検事に不当な言動を言われた後から、重傷でありながら、一日も入院をせずに治療する自警団中島に対して、担当医師病院名古屋市港区 臨港病院 古谷医師に対して、不当な言い掛かりを付けて 家宅捜索令状を取り付けて、レントゲン写真 カルテ迄 写しを取り押収迄して、虚偽告訴罪に当たる!不当に被害者に対して虚偽の犯罪の疑い行為を致しました!!!

以前から愛知県警港警察署は問題山積であり、正しく法律を守らない行為に対して自警団中島は 抗議して法律を守るように告発を数えきれない程 しましたが、仕返しに殺人未遂の疑いがある!トラックによる激突追突事故被害者の助手席同乗者中島に対して、又もやでっち上げ事件行為をしました。

許されない不当行為であり、一生を台無しにする怪我を自らする訳が無いです。
一方的に悪い加害者側 川㟢克美に対して一切処分無しで、恐ろしい愛知県警港警察署交通課早崎交通部長の対応と、それを庇う交通課長谷川課長代理の証拠隠滅行為に近い、犯人隠匿罪行為がありました。
何の為に防犯録画記録テープをわざわざ港警察署交通課長谷川課長代理に見せて、被害者の立場を正しい方向性に戻す為に努力したのに、一切港警察署の対応が 正しく法律が守られていません。
残念です。
此れが原因になり名古屋交通検察庁副検事から、虚偽告訴罪に当たる行為をされてしまいました。

でっち上げ事件を何度も繰り返す愛知県警港警察署の対応に対して反省を求めます。

この法律無視をする愛知県警港警察署の対応を成された交通課早崎交通部長の上司である長谷川課長代理の采配が、警察不信に繋がる対応の為に被害者側同乗者自警団中島は飛んだ無駄骨の骨折り損な役回りをさせられて、遠回りさせられる影響を未だにされてしまい大変に迷惑をしています。
しなくて良い余分な経費も掛かり弁護をする為に、弁護士費用迄 無駄に掛かり一体警察組織の体制はどうなっているのでしょうか!疑問に思います。




警察署の名前をクリックしていただくと、それぞれ署の交番・駐在所の所在地をご覧になれます。
交番・駐在所に御用の方は、各警察署へお問い合わせください。
警察署名 郵便番号 電話番号 FAX番号 最寄り駅
住所 最寄り駅からの経路
愛知県
港警察署 455-0032 (052)661-0110 (052)654-0199 地下鉄名港線名古屋港駅
名古屋市港区入船2-4-16 3番出口から西方へ徒歩約3分
港警察署





愛知県名古屋港警察署玄関側

名古屋港水族館から100m以内


航空写真左側丸いドームが名古屋港水族館 右側写真中央より住所マークが港警察署です。


愛知県警本部 052-951-1611(代) http://www.pref.aichi.jp/police/safety/high-tech/index.html
http://www.pref.aichi.jp/police/safety/high-tech/e-mail.html(専)

千種警察署 464-0841 (052)753-0110 (052)753-0221 地下鉄東山線池下駅
名古屋市千種区覚王山通8-6 2番出口から東方へ徒歩2分

東警察署 461-0003 (052)936-0110 (052)936-0115 地下鉄桜通線車道駅
名古屋市東区筒井1-9-23 1番出口から北方へ。二つ目の信号を左折して徒歩5分(車道駅から徒歩10分)

北警察署 462-0843 (052)981-0110 (052)981-2070 地下鉄名城線黒川駅
名古屋市北区田幡2-15-18 1番出口から東方へ。黒川交差点を右折して徒歩2分(黒川駅から徒歩5分)

西警察署 451-0065 (052)531-0110 (052)531-0190 地下鉄鶴舞線浄心駅
名古屋市西区天神山町3-25 5番出口から西方へ。天神山交差点を左折、二つ目の信号を右折してすぐ(浄心駅から徒歩10分)

中村警察署
453-0015 (052)452-0110
(052)452-0490 名古屋駅
名古屋市中村区椿町17-9 JR名古屋駅太閤通口から南東へ徒歩3分

中警察署 460-0012 (052)241-0110 (052)241-0094 JR中央線、地下鉄鶴舞線鶴舞駅
1番出口から西方へ徒歩5分
名古屋市中区千代田2-23-18 地下鉄名城線、鶴舞線上前津駅
2番出口から東方へ徒歩5分

昭和警察署 466-0854 (052)852-0110 (052)852-0266 地下鉄鶴舞線川名駅
名古屋市昭和区広路通5-11 4番出口から西方へ徒歩5分

瑞穂警察署 467-0806 (052)842-0110 (052)842-0353 地下鉄桜通線瑞穂区役所駅
名古屋市瑞穂区瑞穂通2-22 4番出口を出てすぐ

熱田警察署 456-0022 (052)671-0110 (052)671-0654 JR東海道線熱田駅
名古屋市熱田区横田1-1-20 熱田駅前交差点を右折北進して徒歩5分

中川警察署 454-8522 (052)354-0110 (052)354-1855 金山総合駅
市バス金山22号系統、篠原橋バス停下車、西方へ徒歩2分
名古屋市中川区篠原橋通1-4 名古屋駅
市バス幹名駅2号系統(市バス名駅27号系統)、篠原橋バス停下車、西方へ徒歩2分 

南警察署 457-0072 (052)822-0110 (052)821-0099 JR東海道線笠寺駅
名古屋市南区寺部通2-20 笠寺駅前交差点を右折して徒歩2分(笠寺駅から徒歩5分)

港警察署 455-0032 (052)661-0110 (052)654-0199
地下鉄名港線名古屋港駅
名古屋市港区入船2-4-16 3番出口から西方へ徒歩約3分

緑警察署 458-0833 (052)621-0110 (052)621-1699 名鉄本線鳴海駅
南口から南へ。国道1号線を東に鳴海町平部交差点を右折して徒歩2分(鳴海駅から徒歩16分)
名古屋市緑区青山3-20 名鉄本線左京山駅
国道1号線を西へ。鳴海町平部交差点を左折して徒歩2分(左京山駅から徒歩8分)

名東警察署 465-8558 (052)778-0110 (052)778-1160 地下鉄東山線上社駅
名古屋市名東区猪高台2-1009 1番出口から北へ。突き当たりを左折、上社駅西北交差点を右折、名東警察署西交差点を右折すぐ(上社駅から徒歩12分)

天白警察署 468-0053 (052)802-0110 (052)805-2469 地下鉄鶴舞線塩釜口駅
名古屋市天白区植田南1-401 3番出口から東方へ。植田西交差点を右折して徒歩5分(塩釜口駅から徒歩10分)

守山警察署 463-0024 (052)798-0110 (052)798-3805 名鉄瀬戸線大森金城学院前駅
名古屋市守山区脇田町401 南方500m中町田交差点を左折、東方500m
守山署北交差点右折すぐ(徒歩15分)

愛知 470-0155 (0561)39-0110 (0561)39-2900 名鉄豊田線日進駅
愛知郡東郷町白鳥2-1-8 2番出口から南方へ徒歩15分

瀬戸警察署 489-0889 (0561)82-0110 (0561)85-1363 名鉄瀬戸線瀬戸市役所前駅
瀬戸市原山町1-2 東方へ。瀬戸京町交差点を右折して徒歩10分(瀬戸市役所前駅から徒歩15分)

春日井警察署 486-0849 (0568)56-0110 (0568)56-3080 JR中央線春日井駅
春日井市八田町2-43-1 名鉄バス八田町二丁目バス停下車すぐ
小牧 485-0041 (0568)72-0110 (0568)76-9453 名鉄小牧線小牧駅
小牧市小牧1-9 1番出口を出て西方へ徒歩20分

西枇杷島警察署 452-0006 (052)501-0110 (052)501-0459 JR東海道線枇杷島駅
清須市西枇杷島町弁天32-2 北方へ徒歩3分

江南警察署 483-8233 (0587)56-0110 (0587)56-0881 名鉄犬山線布袋駅
江南市木賀町大門23 西方へ。布袋交差点を右折、徒歩5分(布袋駅から徒歩15分)

犬山警察署 484-0086 (0568)61-0110 (0568)61-8654 名鉄犬山線犬山駅
犬山市松本町2-1 東方へ。犬山駅東交差点を左折して徒歩1分(犬山駅から徒歩5分)

一宮警察署 491-0859 (0586)24-0110 (0586)24-0750 JR東海道線尾張一宮駅、名鉄本線名鉄一宮駅
一宮市本町1-6-20  東口から出て東方へ。一宮市役所北側(尾張一宮、名鉄一宮駅から徒歩10分)

稲沢警察署 492-8268 (0587)32-0110 (0587)24-3422 名鉄本線国府宮駅
稲沢市朝府町15-5  名鉄本線国府宮駅から名鉄バス、稲沢市役所前下車、北方へ徒歩1分

津島警察署 496-0047 (0567)24-0110 (0567)28-4151 名鉄津島線津島駅
津島市西柳原町2-8 2番出口を出て東方へ。西柳原町1丁目交差点を左折(北方)して徒歩2分(津島駅から徒歩5分)

蟹江警察署 497-0044 (0567)95-0110 (0567)96-7075 近鉄名古屋線富吉駅
海部郡蟹江町富吉3-225 南口を出て南方へ。富吉駅南交差点を左折して徒歩3分(富吉駅から徒歩5分)

半田警察署 475-0903 (0569)21-0110 (0569)24-0110 名鉄河和線住吉町駅
半田市出口町1-31 1番出口を出て西方へ。住吉町駅西交差点を右折して徒歩5分

東海警察署 477-0036 (0562)33-0110 (0562)32-9543 名鉄常滑線太田川駅
南口から南西へ。(太田川駅から徒歩20分)
東海市横須賀町天宝新田52-1 名鉄常滑線尾張横須賀駅
西口から北西へ。(尾張横須賀駅から徒歩15分)

知多警察署 478-0047 (0562)36-0110 (0562)36-0113 名鉄常滑線朝倉駅
知多市緑町31-1  南西へ徒歩3分

常滑警察署 479-0837 (0569)35-0110 (0569)34-9198 名鉄常滑線常滑駅
常滑市新開町5-57 西口を出て南方へ徒歩5分

中部空港警察署 479-0881 (0569)38-0110 (0569)38-0121 名鉄空港線中部国際空港駅
常滑市セントレア3-8-3 北方へ徒歩10分

刈谷警察署 448-0856 (0566)22-0110 (0566)24-6406 JR東海道線、名鉄三河線刈谷駅
刈谷市寿町1-302 南口から南西へ。刈谷警察南交差点を右折して徒歩1分(刈谷駅から徒歩8分)

碧南警察署 447-0878 (0566)46-0110 (0566)48-0110 名鉄三河線碧南中央駅
碧南市松本町26-1 東方へ。碧南警察北交差点を右折して徒歩2分(碧南中央駅から徒歩5分)

安城警察署 446-0045 (0566)76-0110 (0566)76-0010 JR東海道線安城駅
安城市横山町下毛賀知117 南口を出て南方へ。錦町小学校南交差点を右折して徒歩8分(安城駅から徒歩25分)

西尾警察署 445-0073 (0563)57-0110 (0563)57-8474 名鉄西尾線西尾駅
西尾市寄住町下田14  東口を出て西尾駅東交差点を右折、市役所前交差点を右折して徒歩1分(西尾駅から徒歩8分)

岡崎警察署 444-0864 (0564)58-0110 (0564)58-0116 JR東海道線岡崎駅、名鉄本線東岡崎駅
岡崎市明大寺町字銭堤4-1 JR東海道線岡崎駅、名鉄本線東岡崎駅から名鉄バス、岡崎警察署前下車すぐ

豊田警察署 471-0877 (0565)35-0110 (0565)35-0330 名鉄三河線上挙母駅
豊田市錦町1-59-1 東方(改札を出て右)へ。三叉路を右折、踏切を渡り、点滅信号を左折、道なりに進み、錦町二交差点を左折約200m。(上挙母駅から徒歩10分)

足助警察署 444-2351 (0565)62-0110 (0565)62-0099 名鉄本線東岡崎駅、名鉄三河線豊田市駅
東岡崎駅からは名鉄バス岡崎足助線(70分)、豊田市駅からは名鉄バス矢波線(40分)で足助大橋下車、南方徒歩約2分
豊田市岩神町仲田6-4 名鉄豊田線浄水駅、愛知環状鉄道四郷駅、名鉄三河線猿投駅
とよたおいでんバスで、浄水駅(60分)、四郷駅(45分)、猿投駅(40分)、各駅から足助病院バス停下車、西方徒歩約2分

設楽警察署 441-2301 (0536)62-0110 (0536)62-0600 JR飯田線本長篠駅
北設楽郡設楽町田口字小貝津6-2 JR飯田線本長篠駅から豊鉄バス、田口バス停下車、北方へ徒歩5分

新城警察署 441-1354 (0536)22-0110 (0536)22-1900 JR飯田線新城駅
新城市片山字東野畑349-2 北東へ。新城警察署南交差点を北進し徒歩1分(新城駅から徒歩約10分)

豊川警察署 442-0068 (0533)89-0110 (0533)89-9164 名鉄豊川線諏訪町駅
豊川市諏訪3-245 北方へ徒歩8分

蒲郡 443-0048 (0533)68-0110 (0533)68-7900 JR東海道線蒲郡駅、名鉄蒲郡線蒲郡駅
蒲郡市緑町3-12 北口から北方へ。元町東交差点左折西進し、徒歩15分(蒲郡駅から徒歩約15分)

豊橋警察署 440-8503 (0532)54-0110 (0532)54-9970 豊鉄東田本線(市電)市役所前駅
豊橋市八町通3-8 豊鉄東田本線(市電)市役所前駅下車すぐ

田原警察署 441-3427 (0531)23-0110 (0531)22-9737 豊鉄渥美線三河田原駅
田原市加治町東天神8-2 豊鉄渥美線三河田原駅から豊鉄バス、田原警察署前バス停下車すぐ


運転免許証の更新手続き等ができる5幹部交番は以下のとおりです。
運転免許証の各種手続については、こちらをご覧ください。
警察署名 郵便番号 最寄り駅
住所 最寄り駅からの経路

高蔵寺 487-0011 JR高蔵寺駅
春日井市中央台2丁目1番地の8 高蔵寺駅から名鉄バス、高森台下車西へ100m、徒歩3分
尾西 494-0007 名鉄一宮駅、JR尾張一宮駅
一宮市小信中島字郷南33番地 一宮駅から名鉄バス、尾張中島下車西へ100m、徒歩2分
大府 474-0036 JR大府駅
大府市月見町六丁目17番地 西口から南へ155号線を西へ500m(大府駅から徒歩約10分)
高浜 444-1321 名鉄三河高浜駅
高浜市稗田町四丁目1番地1 西出口を南へ。46号線を左折すぐ(三河高浜駅から徒歩8分)
知立 472-0006 名鉄知立駅
知立市山町桜馬場29番地の4 出口を東へ。知立駅前交差点を左折、知立駅北を右折500m(知立駅から8分)






実話全ての動画撮影記録があり、裁判になれば証拠として提出されます。
虚偽告訴罪をした加害者川㟢克美に対して、殺人未遂の疑いで告訴を検討しています。
理由は、虚偽告訴罪に当たる為に やもを得ず判断しました。

潔さが一切ない加害者の影響と、事故事実を事故後に防犯録画記録テープ証拠を見て 真実を知る愛知県警港警察署の対応が、虚偽告訴罪に触れる結果になった為に、此れから先に公になり処分者が出る経緯になる恐れが出ました。
我慢強い自警団は、出来るなら愛知県警の潔さを期待したいと思い我慢強く耐えていましたが、真実を捻じ曲げる行為をする警察組織の対応に対して違和感を持ちました。
出来るなら警察に対して、でっち上げ事件になる告訴行為をしたくありませんが、自分自身を守るには世の中に対して公にして 何故このような警察による不当な犯罪行為の法律無視が何度も行われ、冤罪者を生むのか!検証し 証明して今の警察組織の実体を明らかにしなければ冤罪事件が減らないと思います。

この小さなでっち上げ事件の影響で、愛知県警港警察署が、2011年2月25日の片手落ちな加害者の嘘説明だけで出来た現場検証で、事実を捻じ曲げた事故状況調査書が、事故後3日目には全て作られて被害者側運転手と助手席同乗者自警団中島は、今に至るまで現場検証が一切無い状態が続いている状況です。
港警察署交通課早崎警察官より作為的に作られて、被害者に対して不利益になる恐れを知りつつ、真実のブレーキを踏まない危険運転事実が隠された!悪意に満ちた捏造事故状況調査書でした。
被害者側自警団中島より愛知県警本部交通指導課 交通警察課に対して2011/2/25 の大型トラックによる激突事故は、被害者側だけが 一切現場検証がなされていない為に、加害者側だけの言い訳的な嘘の事故状況の説明で、愛知県警港警察署交通課警察官が作った事故状況調査書では、複数ヶ所骨折怪我の原因なった ブレーキを一切踏まない危険運転の追突が 重要性である原因であるのに、この事実を置き去りにしてしまい!事故状況調査書と愛知県警港警察署交通課警察官の言動と、名古屋交通清水副検事の言動内容は、事実を捻じ曲げた内容を、jikeidan 自警団中島が通院中の担当医師に対して連絡して話し、2011/2/25のトラックによる追突事故状況に対して、事故担当交通警察官早崎と名古屋交通検察庁清水副検事と、あいおい損害保険会社調査係りは、3双方方々は各自別々に個別に連絡して F整形外科医師に対して、((トラックが被害者の車に対して ちょこっと触った程度の追突事故なのに!何故 首の骨折等がするのは おかしいではないか!))と、、、何度も被害者の人権を無視して被害者が通院中の担当医師に対して連絡面会迄して事実から懸け離れた、<<実際はブレーキを一切踏んでいない追突事故>>であるが、3双方がワザワザ第三者の医師に面会迄して(担当交通警察官は電話だけで)双方の悪意に満ちた言動の共通点は、((トラック加害者運転手は余裕をもって安全運転していて ちょこっと触った程度の事故で何故被害者の車に当たったか、、、おかしい、、、原因が分からない位だ))と!共通の事実から懸け離れた内容を説明している.加害者側運転手の言動の内容を調査もしないで被害者側同乗者に対して事故の状況を一度も紳士に聴かず、

初めから意図が有るような状況の形があるように被害者側同乗者自警団中島に対して、落とし入れる計画的な共通した口合わせ的な言動が出ている。

何故か初めから意図がある状況の為に、加害者側運転手だけで このような計画的な事は個人では絶対に出来ない。
大きな組織が介入しなければ、自警団が告発ブログに書いた証明を、根気に潰す計画的な行動は出来ないと思えます。
自警団中島の調査でも分かりました。

被害者側同乗者 自警団中島に対して全身骨折等々をさせながら、明らかにレントゲン写真 MRI写真 CT写真に骨折ヶ所がハッキリと撮影されていて、証拠としてデジタルカメラ等々で証拠撮影していますが検察庁 愛知県警本部 港警察署に対して不当な圧力をかけている関係者がいます。
到底警察署のレベルでは無く、正義活動を根気にするjikeidan に対して、自警団を潰したい組織が、追突事故を仕掛けて失敗した穴埋めに、依頼された運転手に対して処分者無しにする為に 一石二鳥を考えて事故自体を利用して、被害者自警団中島に対して 落とし入れ為に、でっち上げ事件を捏造して、上手く行けば 自傷行為で怪我をした形にして微罪狙いで、逮捕させる為に愛知県警本部交通課 港警察署に対して、強引に 真実の事故事実を被害者自警団中島から被害届けがあっても、一切受け付けない不当な計画的な、悪意に満ちた工作が取られています。

過去に程度の低いでっち上げ事件を捏造した愛知県警港警察署 刑事課 関本係長の 手口に似た計画的な落とし(((狙った相手が真面で微罪が無い場合に 悪質な刑事達が自ら計画的に仕掛けて狙った相手を計画的にでっち上げ事件を捏造して逮捕する事)))
このやり口は公安関係者の方も真似する手口でもあり、(((四課から移動した刑事には関本係長一派が複数人いて先輩である関本から刑事の基本を学んでいる為に、例え関本から学んだ部下が公安に移動しても不思議では無く、この手口は悪い事であるが 昔から未だに存在している)))

当たり前の重傷事故は、被害者側に対して必ず生きていたなら、現場検証をしなければならない原則が自動車交通規則に存在しています。

裁判になった場合、重傷怪我の状況を診断書を提出して明らかになりますが、必ず現場検証をした事故状況調査書が裁判所に提出されます。

この時に事故状況調査書には、被害者(同乗者被害者) 加害者が双方現場検証に立ち会ったかが確認されます。
物損事故程度なら双方の運転手が車検証を警察署にて見せて、車の事故状況の写真を交通課の警察官が必ず撮影します。

又人身事故の場合は、必ず事故後に 被害者側と加害者側が、双方都合上の良い日を、交通警察官から連絡されて支持されて、必ず重傷の人身事故は 事故状況調査書が作られる前に、現場検証をしなければならない規約規則が交通法則にあります。

今回の場合は、重傷怪我状況であり まだ激痛で検査段階途中であるのに、交通警察官の都合で 不当に急ぐ作為的な怠慢行為があ 被害者側の事故状況の確認無しで、加害者だけで勝手に現場検証を済ましてしまいました。

119番にて搬送された先で、整形外科が不在でした!当直医師が内科医女性と脳外科医医師が、重傷怪我上体の自警団中島を診察して治療対応をしましたが、骨折音が追突衝撃時に7回前後 ボキボキと一瞬にて早く聴こえたと説明したが、整形外科医師では無い当直医師二名では、身体中首の骨折 頚椎脊椎胸椎の骨折ヶ所の見たても解らず、ただヒビ骨折が解らない回答があった為に、整形外科医師の確認をして 整形外科医師ではない為に、骨折ヶ所の上体を知る為と、真面な治療をしたい為に医師の目の前にて、他院に連絡して南区の搬送場所から、地元の港区の整形外科医師がいる病院に、当日転院しました。
治療費は、元来なら整形外科医師に搬送される目的で、整形外科治療を希望して119番で搬送された病院で、整形外科治療が休みであり、治療が出来ない状況の為に!此れが原因で移動転院した事でありますが、何故か内科医女性と脳外科医医師の診断書と治療費が、あいおい損害保険に請求された為に、整形外科医師では無い、
内科医女性 脳外科医男性の誤った見た手の診断書が、支払いをしたあいおい損害保険会社に診断書も提出されていた為に、整形外科医師では無い為に複数ヶ所の骨折が、一切 理解出来ない内科医脳外科医の粗末な診断書の責任で、この整形外科医師では無い検査前の診断書の影響を立てに取られてしまい、骨折 ヒビが無いから帰って良いよと言われ、散々な扱い方をされましたが、何故優れた整形外科医師が随時日勤の午前中9時から、診察をしているのに金曜日の明け方am6時前に搬送されてから、夕方6時近く迄 中京病院の救急治療室 車椅子にて病院待合室に待たされていましたが、何故に整形外科医師が病院内に居た時間に診察をさせないのか!疑問に思います。
転院の際に脳外科医から紹介状を書いて頂い内容が、全身打撲だと書いてあり散々でした!このたわけた紹介状が 招いた原因は、評判の良い中京病院がまさか整形外科医師ではなく、専門外の脳外科医から書かれた紹介状だと判断出来なかった臨港病院年配整形外科医師にとんだ迷惑をかけた事実があります。
常識で119番搬送でトラックによる追突事故で 骨折音が聴こえたと説明する患者を、まさか整形外科医師が休みの中京病院に搬送する事自体 問題点であり、救急車にて30分以上も待たされた挙句、整形外科医師が居ると聴かされた病院に搬送された先が中京病院でしたが、ずさんな扱い方を受けた為に 骨折のレントゲン撮影記録を見て判断出来ない内科医 脳外科医の判断は、デタラメな言動を言い、激痛で苦しんでいる重傷患者の私に対して、骨折ないから良かった迄 説明した両名の内科医脳外科医に対して呆れています。
内科医脳外科医医師は 実は整形外科医師だと、患者の私に説明をしていたのです。
それも痛さから、骨折の確認を何度も聞き直す、激痛の患者の私に対して 内科医脳外科医医師は、別々にハッキリと整形外科医師と認める返事を何度もした挙句、レントゲン写真を何度確認を求める重傷の自警団中島に対して騙しました。

この不信用な対応のやりとりがあった為に、他院の整形外科病院に転院を希望して、散々の経緯をたどるきっかけにされた事実は変えれません。

此れが原因で他の病院の臨港病院整形外科に移動しました。

確かに初診時の119番による、不確認の救急指令の影響もありましたが、受け入れする病院の長年に渡る隠された、患者を取りたい習慣のマニアル的な対応が、内科医 脳外科医師より ことごとくありました。

専門外の医師では、極端に離れている骨折以外は不可能だと 整形外科医師からハッキリと聴かされました。
整形外科医師は検査段階の患者の状況に対して ヒビ 骨折が無いと、調べていない段階では絶対にしないと聴かされました。

やはり内科医脳外科医に対する、119番にて搬送された時点の救急患者の私に対する対応はズサンでした。

長々と個人の愚痴を書いてしまいましたが、私は几帳面な性格であり 事故状況にても 自らを守る姿勢に隙が無い努力を手抜きしません。
通常の方々が、追突されて首の骨折 頚椎 脊椎 胸椎 左側下肋骨 右足股関節 左側足剥離骨折 等々していたら動けません。精神を痛みから分離する位の気合いを入れて我慢して、逃げるそぶりのトラック前に行き写真撮影をしました。
何故加害者トラック運転手は、バックして体制を立て直した状態で、何故に運転手席から暫く降りず、トラックの前でデジタルカメラを構える自警団の私に対して!エンジンを何度も 唸るぐらいにフカシテ、まるでドケードケードケーとやっている状況でした。

今迄 通常の事故の対応が成されると思い、不当な扱い方を我慢していました。
警察 あいおい保険会社 加害者側運転手と和孝運送会社(引っ越し屋) 交通検察官から最悪な対応をされていましたが、一切潔さが無い対応をされた為に本当に迷惑をしています。
ブレーキを一切踏まないトラックによる危険運転事故の状況を、事実と違う加害者運転手の嘘による(安全運転をして何故か少しちょこっと触った追突事故だと)虚偽の言い訳を加害者一人だけで現場検証を済ましてしまい、被害者側運転手と被害者側同乗者自警団中島に対して、未だに一度も現場検証をしない港警察署交通警察官早崎部長 高橋警察官による片手落ちな交通規則を無視する職権乱用の扱い方で、被害者側は不当な差別的対応をされました。
この加害者の嘘の影響で、被害者側同乗者自警団中島は、全身を複数ヶ所の骨折をしながら、加害者の嘘の説明だけで現場検証をされた影響で、重傷怪我事故扱いに対して、軽度な触った事故に作為的に変えられた為に、交通警察官と交通検察庁副検事により でっち上げ事件を捏造されたと変わらない、被害者に対する落とし入れる行為をされて、虚偽告訴罪にあたる 罪無い冤罪者に対して不当に偽の犯罪者にする強引な事件がありました。
詳しい内容を 次回に記入致します。

何故正義勝活動をすると不当な扱い方をされて、でっち上げ事件を捏造されるのか!又 命迄狙われるのか!今の警察組織と公安関係者と公庁の対応に対してついていけません。
全く法律が正しく守られていません。
非常に残念です。

此れ以上 不当な偽装工作が、まだまだ続くなら世の中の皆様が、興味深い内容の別件事件と不祥事が複数事件 告発される流れになります!!!
上の静止画像は隠し撮りした動画撮影記録を静止画にして貼り付けました。
事故現場の証拠写真です。
控えの写真がハッキングの影響でボカシが入った状態の為に分かり辛いです。
誤字がありましたから追伸を入れて追加しました。
見て頂き誠にありがとう御座いました。
jikeidan告発ブログを支持してくれる訪問者の皆様 心からありがとう御座いました。

未解決事件の真実の告発実話 古い書き込み内容が削除された部分がありましたから再記入致しました。何故横山ゆかりちゃんの目撃者情報を警察庁 最高検察庁 前橋地方検察庁 等々に告発状 告訴状を出しても、警察庁等々は捜査拒否をして目撃者情報を隠蔽したのかの理由を簡単に貼り付けます。 信じられない警察庁科警研の旧DNA血液型遺伝子鑑定検査方式の塩基配列の誤認鑑定不祥事隠しが絡んだ事件が隠されています。 この告発は戦後最大の警察庁科警研の不祥事事件です。 この旧DNA血液型遺伝子鑑定検査方式の誤認鑑定を隠す為に、真犯人を自警団 jikeidan から告発告訴をされているのに、警察庁科警研 愛知県警等々は犯人を知りながら、警察庁科警研の塩基配列の間違った鑑定を知りながら、旧DNA血液型遺伝子鑑定検査方式の不祥事を隠す為に、無罪と知りながら足利事件 飯塚事件等々の容疑者被告人が、冤罪者と薄々しりながら釈放せずに極刑の判決に携わる、間違った旧血液型遺伝子鑑定結果にて、無罪の冤罪者に対して警察庁科警研は強引なやり方で、世論から鑑定能力が高いと誤認する嘘の精度情報を報道にリークして世論迄も欺く行為を結果してしまいました。 栃木足利事件の被害者 松田マミちゃんを殺害した真犯人が別件事件を複数件しています! 下に書いた誘拐事件に対しても容疑者が絡んでいて目撃者がいます。 1996年7月7日群馬県大田市のパチンコ店舗で誘拐された被害者が横山ゆかりちゃんであり、1996年7月8日午前 05時30分すぎに愛知県名古屋市港区東海通にて、横山ゆかりと犯人の市原を目撃した目撃者が自警団の私であり 告発行為をして子供さんを救出する為に、何度も怠慢な対応を続ける警察官に対して!事件解決の為に警察庁に対して、正義が守られる事を信じて告発状告訴状を自警団中島が警察庁 最高検察庁 群馬県前橋地方検察庁 徳島県徳島地方検察庁等に対して郵便物配達証明付きにて送りました。 一連の幼女連続誘拐犯人について、警察庁 愛知県警 群馬県警大田警察署等は、誘拐犯人を告発告訴状にて訴えた連続誘拐犯人の市原を知りながら、警察庁科警研の旧DNA血液型遺伝子鑑定検査方式の間違った鑑定結果にて、複数人の無罪の冤罪者に対して、間違った鑑定結果を証拠として証拠提出を裁判所に出して、無罪の方々に対して犯人扱いをしてしまい、冤罪者は旧DNA血液型遺伝子鑑定検査方式の間違った鑑定の結果を証拠として採用されてしまい、この間違った鑑定結果を元に証拠採用された為に、誤認逮捕された足利事件容疑者の菅谷利和さんが、極刑の有罪判決をされてしまいました。 無罪でありながら無期懲役刑の判決が間違って出された理由は、旧DNA血液型遺伝子鑑定検査方式の責任であり!この不合理な状況を知りながら司法制度は!当時だんまりで冤罪者に対して血が通わない対応をしたまま!見て見ない振りを続けてしまいました。 潔さが全く見られない対応の扱い方であり、冤罪者に対して法律が全く守られない許されない究極の不祥事事件です。 誰かが間違った旧DNA血液型遺伝子鑑定検査方式の弱点を世の中にさらして、真実を追求して正義を通し正しい法律の枠の範囲の中で、間違った証拠採用された旧DNA血液型遺伝子鑑定検査方式の当時の鑑定能力のズサンな研究段階の証拠不十分な旧鑑定方式の実力を証明して潔い紳士な謝罪会見をして、冤罪者に対して不当な対応をした検分をして!二度と冤罪者を出さない正しい鑑定をしなければ、亡くなられた方が とても気の毒で浮かばれません。 冤罪者にされた方 亡くなられた複数人の浮かばれない子供達に対して、 考えなければならない時期に来ています。 今日は2013年8月13日です。 世の中の皆様方 真実の告発ブログに対して 心から切実に協力をお願い致します。 jikeidan 中島

未解決事件の告発 重大事件が揉み消されている真実 横山ゆかりちゃん誘拐未解決事件の真実.松岡しんや君誘拐未解決事件の真実.増山ひとみさん誘拐未解決事件の真実 警視庁管内拳銃強奪警管殺害事件犯人 容疑者告発.事件当時警察官が使用している南部式黒色紐付き回転式拳銃に似た、警察官が持ち歩く拳銃を愛知県名古屋市港区九番団地で何度も目撃したイラン系のモハメド アタさんが、小型黒色カバンに隠していて!当時 偽造テレカの売人をするイラン人グループのボス閣で、面倒見代を取り偽造テレカの押し売り的販売等でトラブルになると、アルカイダグループの名古屋市九番団地に見えたモハメド アタさんが現れました。この方は後にニューヨーク国際センタービルに対して、旅客機をハイジャックして乗っ取り 旅客機事ジハード(命懸けで成し遂げる)しました。自警団の私は偽造テレカを押し売り販売するイラン人グループに対して、強引に押し売り行為をする事に対して、注意をした時にイラン人グループが応援で仲間を呼んだ際に、片言の日本語が話せるイラン人と後にハッキリと名前が分かったモハメドアタさんが、自警団の私がイラングループに取り囲まれている名古屋駅ナナちゃん真横にて、注意をする自警団の私に対して、敵対行動的雰囲気で現れて 片言の日本語を話せるイラン人が通訳代わりになり、< や る の か や ら な い の か ~ど う し ま す か ! や る の か や ら な い の か ど う し ま す か > 等と ゆっくりと、たどたどしい片言の日本語を使い、細身の166センチ前後位の無精ひげの濃い男が、後から現れたモハメドアタさんと早口で会話しながら、私に対して真剣に迫っているように見えました。この時 相当の沢山のイラン人グループから取り囲まれていましたが、モハメドアタさんが小型のカバンから警察官が持っている回転式の紐付き拳銃を出して、拳銃の先端部分だけをカバンに少し入れた状態で、その場の私の対応次第で 注意をする私に対して警官が当時持ち歩く拳銃による銃撃をするのではと思う危機迫る雰囲気の緊張緊迫感の空気であり!刺激すると本当に撃たれると咄嗟に分かりました。
この時私のそばで威嚇して取り囲んでいた偽造テレカ販売グループのイラン人達は、直ぐ私の横と後ろ側の取り囲んでいたイラン人グループは、急に私の周りから離れ出した為に!ヤバイ本気に銃撃する気だと思いました!!!このタイミングで私は咄嗟にイラン人のボス閣に対して 言葉を掛けてケンカやらない やらない とゆっくりと話し掛けて 握手をする動作をして拳銃を握っているイラン人の目の前に対して手の平を前に出しました!この時に少し英語の単語を加えて伝えましたが、全く英語は通じず!イラン人の通訳風の方が私に対して< に ほ ん ご す こ し だ げ わ か る > と ゆっくりと返して来ました!
私からマフィアか、、、の質問に全く通じ無くて!
同じように<< に ほ ん ご す こ し わ か る だ け >> と 話していました。

言葉が通じないやりとりの為に言葉が通じ無いイラン人グループに対して、何も返す言葉が思いつかず!つい (ヤクザか~~)と自警団の私は 言ってしまいました!!
すると通訳風イラン人とモハメドアタさんは、向こうの早口言葉のような話し方で何やら話しあった直ぐ後に、私に対して向かい 早口で何やら言い出して ア、、、、何とかと話した為に !
私の耳には 確か?アカダと聞こえたように思えた為に?アカダと訪ねると・・・!又もや 同じような話し方で通訳かわりの方が アカダと言ったように聞こえた為に? ?自警団の中島は何度も聞き直した為に 何をやっているのかと考えながら私自身は 何か呆れてしまいました!
少なくとも10回近く同じようにアカダと言っているようで 言葉の遣り取りの不便の為に この時ばかりは本当に参りました!
自警団の私がイラン人グループの通訳風の方に対してスロースローと説明すると、又もや
<<<え い ご わ か ら な い に ほ ん ご す こ し だ け わ か る >>>
と通訳風の方から返事があり 先程から同じ英語分からないと返答が返ってきました。
私が ゆっくり ゆっくりと説明すると!突然にイラン人の通訳風の男が自警団の私に対して
<<<<ア ル カ イ ダ ア ル カ イ ダ ア ル カ イ ダ>>>>
と言い出しました!!聞き覚えが一切無い初めて聴いた名前なので!何だそれ?と?言葉が出てしまい、何の名前かとイラン人グループの通訳風の方に対して質問しました!!
言葉が真面に通じ無い やり取りにイラン人風のボス閣の男(モハメドアタ)も 少し困った感じもあり!拳銃を突き付けられている危機的状態に対して回避する為に 私がその場で 笑顔でニッコリした顔をした為に・・・緊張感で拳銃を握っている相手の方達が、私が半分疲れて呆れている感じで ・・・相手に対して笑顔をした為に。少し危機的状態から 緊張感が取れたような感覚になりイラン人グループのボス閣は握っていた警察官が持ち歩く同じような紐付きの黒色回転式拳銃を、カバンの中に納め出しました 、、、私が握手を求めて出していた 手の平に対して 握り返して来て。 強く握手をして。
この場の危機感を避ける事が ようやく出来たのです。

20年前位の記憶ですが、自警団からのコメントですが・・・・・
実際に普通の拳銃では無い警察官が持ち歩く拳銃だった為に。
何処かの警官を襲って奪った拳銃だと!見た瞬間に想像がつきました。
確かに警視庁管内で交番の警察官が 拳銃を奪われて殺害された事件が当時ありました。
警察官が殺害されて拳銃を奪われた事件から近い期間の、警察官が持ち歩く拳銃の目撃情報ですので、目の前で警察官が持ち歩く拳銃を、自警団の私に対して 長い間 目の前で突き付けられて、気になるイラン人のモハメドアタさんが握っていた拳銃を ハッキリと記憶しているのは、緊張感から拳銃方向を長い時間 見ていて見間違える訳は、絶対にありません。

命を奪う拳銃を目の前で 突き付けられて 忘れる訳がありません。
実際に拳銃を突き付けられていない警察官等々は、告発ブログ jikeidan の告発内容を見て どう感じているのでしょうか!
この告発ブログ内容を見て 連絡をして来ない警察庁 警視庁 愛知県警方々は、全く一切 連絡が長い期間に渡り 一度も連絡がありませんが!頭が狂っているとしか思えません。

自警団中島は告発告訴目的で、以前から 未解決事件である 幼児幼女誘拐連続殺人事件犯人に対して、目撃者情報を警察庁 最高検察庁 前橋地方検察庁 徳島地方検察庁 愛知県警等々に告発状 告訴状を渡しています。

警察組織全体が 不祥事隠しを全面的に出してしまい 警察組織全体のメンツを気にするばかりで、警察自ら法律を破り 国民を守る意識が完全に欠落しています。
サラリーマン化した警察組織では、正しく法律のルールを守る意識が欠落しているとしか思えません。
残念です。

原文の続きに入ります・・・
アルカイダ組織の一員のモハメドアタさんから 名古屋駅ナナちゃん真横にて20年位前に警察官が持ち歩く拳銃を突き付けられた事件ですが 当時は凄く長い時間に思えました。
この重要な事を長い間に渡り 駄まっていましたが、当時は理由は単純で私の自宅から名古屋市港区の九番団地迄は近すぎていた為に、私が当時イラン人に注意をした場面に、国内に無い派手な外国車に たまたま乗っていて、トラブルした際に車が目の前に止めて有った為に、愛知県名古屋市港区9番団地に土地勘がある 近隣の相手に対して 私の自宅が!バレテいたと思い。口を閉じていました。

何故1996年7月8日の日に愛知県警港警察署の中川交番(今は港名交番に改名)警察官に当時の警察官が持つ回転式紐付き拳銃の目撃情報を出したのは、理由がハッキリあり。
1996/7/8 am 05:30頃 名古屋市港区東海通地下鉄交差点西北に当時営業していたミニストップ店舗入り口にて、群馬県大田市パチンコ店舗内から誘拐された 横山ゆかりちゃんが市原まなぶより誘拐されて 連れられていた事を 自警団の私が実際に 名古屋市港区東海通4丁目 東海通地下鉄駅より西北にあるメゾンド東海マンション5F作りの一階に当時あった ミニストップ店舗入り口にて、市原まなぶが横山ゆかりちゃんを誘拐して連れている状況を目撃して、誘拐犯人の市原に対して 問い詰めて誘拐の自白を聴いています。
犯人の市原に対して目撃した当時に追求をして誘拐の事実を 犯人から直接的に聴きました。
自白した犯人は 過去から幼女に興味があると冗談のように話している事を、過去に聴いた覚えがありましたから、
初めて昔に市原を近所の方が紹介してくれた際に 市原自身から自らの遍歴のような!奇妙な幼児愛のような変質者的 言動を直接的に当人から自慢気に聴いた記憶が鮮明に覚えていた為に、偶然性に横山ゆかりちゃんの目撃者になった時点で、変質者的言動を過去に市原自身から直接的に聞き覚えがある 耳触りが悪い不快感の残る 変質者の言動が頭の何処かにハッキリと記憶が残っていた為に、横山ゆかりちゃんの異常な行動を目撃した瞬間に、市原の過去の子供女子に対する変質者的言動の記憶が とっさによみがえりましたので!来れがキッカケになり その場で目撃した時点で 市原に対して問い詰める行動をしたのです。
過去に市原自身から 幼児愛的な子供女子に対するイタズラの話しを市原自身から自慢気に聴いていなければ、1996年7月8日 am05:30頃 港区東海通4丁目メゾンド東海前にて、横山ゆかりちゃん誘拐事件犯人と分からなかったかも知れません。
実は半分冗談を市原が過去に 私に対して云ったと思っていた為に記憶をたどりましたが!
殺人事件を自慢気に数件話していました。
市原から聴いた記憶をたどり、市原が私に対して打ち明けた 複数殺人事件の内容と時期を覚えています。
目撃当時に市原から過去に聴いた変態話しと幼児愛と殺人事件の自慢話の記憶がよみがえり 当時横山ゆかりちゃんを目撃した時点で、市原に対して怒り誘拐した女の子を、自宅に返すように説得したのです。
このタイミングで市原が連れていた 女性が居た為に 女性が明らかに妊婦の為に、自警団の私が 女性を見て一瞬 迷いました。
しかしながら 現場のやり取りの中で、絶対に家族ではない現実が、市原に対してこの追求場面で実際にありました。

自宅に返すように説得しましたが!薄ら笑いを浮かべてそのうちに、、、と、当てになら無い返答の為に !子供を救う為には、仕方なく警察に相談して 警察に事実確認をさせる為に、やもを得ず警察に対して市原まなぶを 調べるように、警察に対して情報提供の形を取り、最終的に告発 告訴と進んで行くのです。
朝から近くの中川交番に出向き 目撃者情報の説明をしてから、詳しい内容と市原自身の殺人事件の過去がある。
市原が中学生時代に同級生に対して リンチ殺人をした経緯と、殺人の告白話しの説明迄しましたが、ヤル気を感じない警察官の溜まり場的 交番でした。
夕方迄 捜査するように粘り強く頑張りましたが、私に対して不当な扱い方をしてしまい 仕事中の邪魔になるから帰らないと!公務出向妨害になると脅されてしまい、挙げ句には警察官の応援迄よばれて公房にて ギリギリ逮捕寸前迄 粘り強く警察官に対して説得しました。
しかし常識論を転回する警察官は、間違った場合は名誉毀損に当たるから 腰が引いてしまい対応せずに、強引に自警団の私を交番から力尽くで追い出しました。
この為 次に
愛知県警港警察署に出向き1996/7/8の午後18時過ぎに、中川交番の警察官が怠慢で幼い女の子の救出をしてくれない胸を伝えて、港警察署に幼い女の子を救うように要請をしました。

しかし不祥事事件をして過去に検事直訴を自警団の私から訴えられた過去がある 刑事課 元4課の関本係長が港警察署の刑事課の責任者的 立場になっていて、揉み消し行為をして首にならず港警察署 刑事課に偶然に移動していた関本刑事が責任者の立場で港警察署にいた為に、誘拐事件である横山ゆかりちゃんの事件に対して、無視する命令を出してしまいました。

出世が止まり退職間際迄 関本係長は、昇進が20年以上無く、係長のままであり!それを逆恨みしている私に対して逆恨みを抱いていて 偶然に鉢合わせした場面が、市原が誘拐した子供を救う為に出向いた警察署が港警察署でした。
横山ゆかりちゃんを目撃した自警団の目撃情報を、逆恨みをする関本係長達から自警団の告発行為に対して、全て無視させる行為を港警察署の刑事課に当時いた関本係長から強引な不当命令があり!簡単に解決出来る誘拐事件であったのに、警察が部下の不祥事を隠す為に不祥事隠しに躍起になる 愛知県警港警察署の過去のとんでもない不祥事隠しが、公にならないようにする為に 一蓮托生にて警察の都合上悪い不祥事は目撃者証言が出ていても、一切無視をしています。

不祥事隠しの共通性の不祥事をした警察庁科警研の旧 DNA血液型遺伝子鑑定検査方式で、塩基配列の物差しにて誤認鑑定を繰り返してしてしまった足利事件 菅谷利和さんに対して冤罪であるのに警察は無理矢理、旧DNA血液型遺伝子鑑定検査方式で無罪の菅谷さんに対して、当時確立性が未だ未だ低い旧 DNA血液型遺伝子鑑定検査方式を使い、無理矢理に犯人と一致した鑑定検査結果を強引に仕立て出してしまい、警察庁科警研は誤認鑑定を証拠として採用して裁判所に証拠認定材料として、記者クラブ迄リークしてしまい報道迄欺き 情報操作してしまい警察庁科警研の旧DNA血液型遺伝子鑑定検査方式は証拠として採用出来る確率だと 初めての旧DNA血液型遺伝子鑑定検査方式の第一回目の鑑定に、足利事件を利用して冤罪者の菅谷利和さん迄!血液型遺伝子鑑定検査方式の結果にて、無罪の菅谷さんが犯罪者に仕立てられたのです。
出鱈目な鑑定結果を証拠として 裁判所を欺いて無理矢理 研究段階の未熟な研究途中の まだまだ確率が極端に低い方式を、裁判所を騙して報道に嘘の情報をリークして、世論まで欺いて 無罪の冤罪車の菅谷利和さんに対して、極刑の無期懲役にしてしまいました。

••••••••
自警団の私は横山ゆかりを目撃した当時、誘拐事件を捜査しない港警察署の一部の対応した警察官に対して、捜査させる為に警視庁管内にて警察官が交番にて殺害されて警察官が所持していた回転式紐付き黒色拳銃が奪われた事件の、重要情報を出せば横山ゆかりちゃんを誘拐した市原まなぶに対して真剣に捜査さしてくれると信じて危険な思いをして見聞きした 目の前でハッキリと警察官の拳銃と確認出来る距離で目撃したアルカイダグループの情報を、1996年7月8日の横山ゆかりちゃんを目撃した当日に、中川交番の警察官全員に(応援に来た警官も含めて)事細かに アルカイダの名前とイラン人の情報を伝えて刑事課から、要請があれば何時でも協力すると、念押しして告発説明をした経緯があるのです。
この理由があるからこそ 拘るのです。
•••••••••••••••••••••••••••
天地神に誓い間違い無く真実です。

横山ゆかりちゃんを誘拐した市原は別件事件を何度も繰り返しているようで、足利事件の被害者子供 松田まみちゃん殺害事件に絡んでいる事を偶然にしりました。
私以外に足利事件の松田まみちゃんと犯人を目撃している複数の目撃者の主婦の情報を直接的にワイドショーの放送にて、松田まみちゃんが殺害された日に犯人がまみちゃんを連れ歩いているのを公園にて目撃していました。
この栃木県足利市の目撃者主婦はハッキリと犯人を見ていて、菅谷利和さんでは無い方が、まみちゃんを連れていたと栃木県警捜査本部担当刑事課に事件当日証言しています。それも複数の方々の一致した菅谷さんでは無い方だと、警察にてモンタージュ写真迄作成協力した証言があるのに、旧 DNA血液型遺伝子鑑定検査方式の塩基配列が、間違いながら菅谷利和さんの遺伝子と犯人が残した松田まみちゃんに残っていた犯人のDNA血液型遺伝子と一致した形を、警察庁科警研の旧DNA血液型遺伝子鑑定検査方式を証拠とされて、無罪から一転に強引に犯人にされた事件が、第一回目の血液型遺伝子鑑定が、菅谷さんに初めて使われたDNA血液型遺伝子鑑定なのです。何故自警団の私が横山ゆかりちゃんの犯人をハッキリ目撃して、犯人から誘拐の自白があるのに何故警察庁 愛知県警等々が事件受理をしないのかの理由は、横山ゆかりちゃんを誘拐した犯人が逮捕されて、DNA血液型遺伝子検査方式を 今の確立性の抜群に良い 2003年度から、新DNA血液型遺伝子鑑定検査方式にて検査したならば、警察庁科警研が旧DNA血液型遺伝子鑑定検査方式で 一番最初から、無罪の冤罪車に対して誤認鑑定の結果逮捕して極刑な刑で、無期懲役にした不祥事が横山ゆかりちゃんの犯人から、もし出てしまえば 警察庁科警研の不祥事がハッキリ証明されて責任問題に発展する為に、警察庁科警研は必死に自警団の動向を探り、告発ブログ jikeidanのパソコンに対して、ハッキング行為を未だに繰り返して侵入して、訪問者に対してjikeidanの告発が、あいまいに見せる為に 散々に改ざん 誤字 脱字 写真のボカシ ブログの名前等々の自警団に関連のあるタグ名称迄 トコトンに、勝ってに侵入して削除しています。法律を守る側の人命にまつわる血液型遺伝子鑑定検査方式にて、飯塚事件では無罪を訴えている容疑者が、旧DNA血液型遺伝子鑑定検査方式の塩基配列が犯人の残したDNA血液型遺伝子と一致した事にされてしまい、足利事件の次の二番目の警察庁科警研の鑑定にて、裁判所に対して証拠として足利事件と同じ内容にて飯塚事件容疑者は、死刑判決が出てしまい最新請求中に菅谷利和さんが冤罪者だと証明される本の間際に、警察庁科警研の不祥事隠しの影響で、何故か最新請求中である無罪の可能性がある、菅谷さんと同じ立場の冤罪を訴える被告人にされた、飯塚事件最新請求者は 突然に刑の出向をされて死刑にされました。この不祥事を隠す為に、連続幼女殺害容疑者の疑いが濃厚な犯人、市原容疑者を訴えている自警団の私に対して警察庁科警研は重要性の高い 目撃者証人の jikeidan に対して、地方自治体県警迄も巻き込み 不祥事隠しを目的に、個人一人で命懸けで真実の実話証言をする私に対して、あらゆる嫌がらせ的な圧力を加えています。 法律を守る側の警察庁科警研と地方自治体県警迄もが、不祥事隠しに躍起になる警察庁等々の不祥事隠しに一蓮托生にて協力しています。正義感を持ち 自警団の告発を事件受理したならば、その警察官は警察組織に残れなくなる為に、苦しんでいる警察官も複数人います。自警団の私は正義感の強い大切な警察官迄 巻き込む事は望みません。今は個人の限界迄 来ています。自警団の訪問者の皆様が 唯一の私の心の支えです。実は新聞社にも数社資料を渡して相談しました。別の案件ではテレビ局の方々に真実を一部告発相談しました。もしかの為に???私の真実の告発を録音をして頂きました。自警団は何があっても 絶対にくたばりません。狙われた時は道ずれにして行きます。自警団のブログがもし 閉じたなら警察庁科警研関係者と中部公安調査庁の何方も犯人です。魚拓を取り拡散して私の仇を引き継いで下さい。正義感の強い訪問者殿 下に続きあり、タイトルに警視庁の警が削除された為に、本日タイトル部分に少し追伸致しました。削除が分かり次第 10倍返しです。2013/8/13 迎え火する日です。不敏な亡くなられた子供達に心から御祈り致します。殺害されて亡くなられた子供達の御家族の皆様 自警団 jikeidan は命懸けで努力いたしました。ありがとうございました。

警察不祥事関係者以外に不当捜査をするやたらが、プライバシーを無視する隠し撮りをする為に、やもを得ず此方側も撮影して公開したいと思います。

自警団に対して接近して一般大衆の中に紛れ込み!隠し撮りを図太くする不当捜査員関係者らしき人物撮影する。
異常な程 接近して来て、私と女性に対して 隠し撮りを続ける尾行捜査員の陰湿な付回しが発生しています。
執拗に私達の目の前を取り囲むように回る尾行捜査員からの隠し撮りに対して、違和感を感じた為に 注意をしました。
しかし尾行捜査員は慣れた対応見たいで、全く無視して撮影を 続けていました。
呆れる心臓の図太さに驚きましたが、常識では考えられません、私と一緒にいた女性は 不快感の為に 気分悪い思いをさせてしまいました。
明らかに分かる、アイホンによる撮影は犯罪行為に繋がりますので、私達に対して接近撮影は辞めて頂きたいと思います!!
警察不祥事隠し捜査関係者殿
1.

2.

3.

4.

5.

6.

7.

8.

9.


10.
11.
12.
13.
14.

2013/8/3 不審者が連続的に接近して、私達に対して隠し撮りをしている状況に見えた時点で、確認の為に直接的に声をかけましたが、慌てた様子で緊張感が伝わる位に焦り、早足で無言のまま通り過ぎていきました。
又もや連続的に一見サラリーマン風の白シャツで黒ズボンで、アイホーンを握り!此方側にレンズをしばらく向ける方向性で不自然にみえました。
愛知県名古屋市熱田区 イオン熱田店一階にて、私達の後ろ側をピタリと後方に着いて来て、食品売り場の店先にて買い物カゴに大きな黒いカバンを真ん中に置いて、食品が入らない状況なのに携帯電話型カメラを左側耳にあてる感じで、会話が無いのに カメラレンズが、私達の方向にピタリと合わせる動き方をしながら、私達の廻りをうろうろして、全く買い物をする状況でないのに、盗撮をしている感触で不自然な動きの為に、イオン熱田店の職員の方に通報をしました。
同じ動きをする方に対して注意をして、紛らわしい行動はマズイですよ!撮影してますね!、、、と、注意すると!だんまりで 小走りで無言で前だけ見ながら 立ち去って行きました。
典型的なマニアルの対応見たいであり、ターゲットに対してばれた場合の対応で、全く無視して顔を覚えられないような動きをします!非常に図太い行動をします。
典型的な不祥事隠し捜査員の基本トラブルマニアルがあるように思われます。
下の写真は頻繁に 私の自宅前に現れるサラリーマン風の同じような服装をした!上の写真の様な容姿服装をした方が、四人程連続して私達の目の前に頻繁に現れて、カメラ機能が着いたデジタルカメラを同じように、此方側を撮影しているように見える!嫌がらせに思える繰り返しの為に、又もや注意をすると!大慌てして無言で無視して全力で走り去って行きました!
異常な行動の為に日頃の捜査員の捜査関係者と少し動きが違う事と、私の連れ合いの女性が怖がり!頻繁に此方側に対してカメラを向けた様な行動に対して、一見サラリーマン風に見える方が不自然な動きをする不審者に対して、不安に思い怖がりましたので、念の為に目の前を通過中のパトロール警察官に対して声を掛けて、不審者の写真を見せて状況を説明し警察官に対して何か在る事を想定して協力をお願いしました。
女性が怖がり心配で不安に思い帰りましたが、又もや直ぐ後に不審者が現れて 繰り返して此方側を様子見していました!頻繁に現れた不審者に対して 異常差を思います。
尾行らしき不審者に対して、図太く技とらしく挨拶してやると!尾行者は無視して無言のまま、顔を素向けて顔を覚えられない動きをして、突然に行き成り走って逃げて行く方々も見えます。
目撃者になり告発告訴後から、頻繁に訳の分からない連中から、異常な繰り返しの尾行と やたらに車の中を探られる異常事態に対して不安に思い、自宅に対して第三者からピッキング侵入行為があり、防犯録画撮影記録のテープの盗難や、防犯録画記録カメラの不自然な有り得ない停止状態がある事事態異常な事です。
此の様な事は初めての経験であり異常事態です。

第三者からの侵入行為に対して、防ぐ為に余分な努力も多くしました。

先日尾行者らしき方々から、後を付けられていた時に対して、非情に腹が立ち 尾行者の顔を確認して撮影する為に知り合いの店に対して出掛ける事にして、自宅には直接的に入らず気分直しで、名古屋市港区東海通交差点西北角のファミリーマートに歩いて向かい 尾行者を確認する為に飲み物を買い、店を出た時に、とぼけて飲み物を店先で飲食して飲んでいると、尾行者が店に入り一瞬ですが、客の振りをして店に入って行き、店内から店先の外側窓ガラス前にてドリンクを飲んでいる私に対して、目視で伺っていました!何処かで見た覚えがある背の高い男で、185センチ位の体育会系の(武術が強そうな)ガッチリ型の気になる40歳位の男性がいました。
この尾行者はタイミングがずれてしまい、私と入れ替わりに店に入りましたが、何故か私の動向を見ていた様子で停車禁止区域道路側に対して捜査尾行車を、交差点角近くのファミリーマート 目の前に停止させていて、185センチ位の尾行車男性は、私が店舗に入る前からファミリーマート前の私に対して様子見していて、私が店に入り出て来て飲み物を店舗前で、飲んでいる光景を見ていました。

用心深い自警団の私は、尾行者の行動を事前に見て見無い振りをして、誰かと待ち合わせの振りをして、ファミリーマート前の直ぐ横側で、飲み物を飲みながら 素知らぬ振りをして様子見をしているタイミングの間に、急ぎで尾行捜査員の車の写真ナンバーを撮影してから、尾行捜査員を見て見無い振りをしていましたが、捜査員の車を撮影した途端に気が付いた様子で、何も買わず慌てて直ぐに店から出て来て、 私の方向を見て捜査員は バツが悪そうに困った顔をして慌てて車に乗り込み、大慌てで立ち去って行きました。此れは私を見張る不審者の関係者だと確信しました。
実は捜査員が店舗から、慌てて出て来たタイミングで、捜査員が車に乗り込み時に対して 私が近付き!私が(自警団ですが協力お願いしますと話し掛けて反応をみました) あなたは、(公安ですか!公安調査庁の方ですか)と訪ねると!!無言で無視して 大慌てして車に乗り込み スピードを出して慌てて走り去って行き逃げて行きました!!!

不審者は不祥事隠しをする警察公安関係者か!公安調査庁の方か別件の未解決事件で告発された組織の方々か!誰なのか!本当に困った者です.....
尾行に慣れた私はともかく、一般人の方々は怖がりますので、此処まで技とらしく接近されると!ストーカー禁止法犯罪行為だと取られます。
目撃者証人の告発を恐れた警察庁科警研幹部の旧式 DNA血液型遺伝子鑑定検査方式の塩基配列のものさしの鑑定が、間違った確立性の低さの為に、この間違った旧式血液型遺伝子鑑定方式を確立性が低い事を隠して、裁判所の証拠として採用した事により、冤罪者に対して 無罪である方々に対して、確立性が低い旧式DNA血液型遺伝子鑑定検査方式を無理矢理に報道と裁判所と世論までを欺いた結果で、多くの無実の方々を不当な証拠能力の低い方法を取り入れた為に、無実の方々が犯人にされてしまい 有罪判決の証拠にされてしまったのですが、この旧式血液型遺伝子鑑定検査方式の塩基配列の鑑定に対して、間違った確立性の鑑定では 冤罪者は人権無視されてしまい、無実の証明が出来ず 無実を証明するには、新たに最高裁にて再審申請をして、冤罪者は新たに弁護士を依頼して、旧式DNA血液型遺伝子鑑定検査方式は、間違った確立性の低い旧式血液型遺伝子鑑定検査方式だと証明しなければ、無罪放免されません。

この好い加減な旧式DNA血液型遺伝子鑑定検査方式の塩基配列のものさしの検査方式は確立性が低い事と、間違って無罪であるのに逮捕された、足利事件冤罪者 菅谷利和様の事件と、飯塚事件で逮捕された容疑者は、同一犯人の疑いがあると 声を上げた 別の事件である群馬県太田警察署管内で発生した、1996:7:7のパチンコ店舗内で横山ゆかりちゃんが誘拐されて、行方不明になっている事件に対して、1996:7:8に目撃者証人になった横山ゆかりちゃんを目撃した私が、犯人の市原まなぶを目撃しています。
この事件の目撃者になった私は、誘拐された横山ゆかりちゃんを救出する為に愛知県警港警察署 中川交番(現在 港名交番)に対して告発及び告訴状を渡しています。
正式に受理をしない愛知県警 港警察署等々に対して、違和感を抱いた為に 正式に警察庁 最高検察庁 群馬県前橋地方検察庁 徳島県徳島地方検察庁(松岡しんや君行方不明事件)に対して、告発告訴状を郵便物配達証明付きで訴えました。
しかし平成17年5月23日に正式に告発告訴状を出した私は、警察庁等々から 事件受理されず 一生懸命に努力した結晶である告発告訴状を、私のやり方を真似されて、郵便物配達証明付きで 不受理扱いで送り返して来ました。
警察庁は最後に送り返して来ましたが平成17年8月12日に郵便物配達証明付きで 不自然な遅れ方で送り返して来ました。
全国で沢山発生している、幼い女子を狙った連続誘拐殺人事件に対して、何故に捕まらないのか不自然であり、不思議に思っていた私は、未解決事件の一部の犯罪者を知る私は、目撃者になった横山ゆかりちゃんの目撃者証人情報を告発する為に、再び正式に訴えたのですが、告発告訴状後から 不自然な 明らかな警察関係者による頻繁な嫌がらせをされ出してしまい、異常な行動をする警察組織関係者に対して、恐怖を感じました。

一番始めは、何で理由も無く 警察捜査員から不当に尾行が続くのか、意味さえ分からず 悩みました。

正義活動の気持ちで、未解決事件の被害者である方々に対して、何とか解決さして魂を救って上げたい気持ちで、一生懸命に努力して警察組織関係者に対して 抗議 告発行為 告訴状行為をして、司法制度の正しさを期待して 真実の実話目撃者証言を訴えて 正義感を期待しました。

実際は、都合上悪い冤罪者を逮捕した事をひた隠しする不祥事隠しに一蓮托生する警察組織の実態を知ってしまい、衝撃的な辛い気持ちの経験をしました。

警察庁等々の科警研幹部の方々は、旧式 DNA血液型遺伝子鑑定検査方式の塩基配列の鑑定検査は、確立性が悪く裁判所に対して、証拠能力が無い事を悟った警察庁等々幹部は、冤罪者に不当な逮捕をして無実の方々を、極刑の罪の不当な判決を出してしまった事に対して気が付いた為に!

警察庁 最高検察庁 等々は、重大なミスをした事実が、世の中の方々に対して 理路整然と解ってしまえば、警察が始まって以来の大不祥事になってしまう事で、不祥事を出した事に対する関係者及び、携わって 冤罪者を有罪にした方々全ては、責任問題化する事を恐れた責任者幹部は、この重大事件を隠匿する為に あらゆる警察組織の全ての力を出して、一蓮托生で 旧式DNA血液型遺伝子鑑定検査方式の塩基配列の不祥事を告発する形になった 目撃者証人の私に対して、あらゆるでっち上げをふくんで 口を塞ぐ隠滅行為を仕掛ける計画を立てて、今まで現在に至るまで目撃者証人の私に対して あらゆる圧力をかけて来ます。

上に書かれた内容が原因になり、不祥事隠しに必死になる警察幹部不祥事隠し関係者から、命令を下された捜査員から、不当通信傍受盗聴行為から不正アクセス禁止法行為 個人情報を盗まれる不当な扱われ方を、法律を守らなければならない警察組織関係者から、法律無視の扱われ方をされてしまい、命の危険まで影響を受けてしまい 散々な苦労をしています。

尾行追跡されている最中に、不自然な動きをする 命を直接的に狙う、数々の大型トラックを始め、小型トラックまで 目撃者証人の私に対して、何度も何度も狙い続ける間に、目撃者の私は 等々 大型トラックから尾行中の捜査関係者が追尾している最中に、自宅前の玄関先で帰宅して、送って頂いた車から、降りる間際の一瞬に 無防備な姿勢の横向き上体の目撃者の私に、ブレーキも踏まず 勢いのついたトラックが、真面に乗用車の後ろ側に対して、激突して来ました。

私は一瞬 死ぬかと思った程の衝撃波を受けてしまい、全身の首の骨折を含んで 8ヶ所の骨折重傷怪我をする状態にさせられました。

事故後 重傷怪我の私は、一切一度も入院する事なく我慢して、治らない身体の治療を目的にケアーをしていますが、事故後 間もなくしてから 何度も大型トラックから頻繁に 命を狙われる行為が続きました。

一体この国は、どうなってしまったのでしょうか!
人助け目的で、横山ゆかりちゃんの目撃者証人になった私は、目撃事実を警察に対して 可哀想な横山ゆかりちゃんを助ける為に、愛知県警港警察署等々に救出目的で犯人の市原まなぶを訴えただけであり、私は社会人として 日本人として当たり前の義務を果たしただけなのに、何故に人助けに必死に努力する目撃者証人の私に対して、ここまで執拗に狙い続けて 苦しめるのでしょうか!!!!!

今の間違った考え方の警察庁幹部 地方自治体県警の不祥事隠しに携わる方々は、警察の誇りに対して 傷を付ける形になる為に 潔く辞職して 冤罪者の名誉回復と、未だ未だ冤罪者が救われていない扱われ方をされている冤罪者に対して、手を差し伸べる努力をして欲しいと願います。

上に書かれた内容の為に、警察から不当な扱われ方をされて、苦しめられている私は、尾行が現れた時は車のナンバー撮影と人物撮影をしますが、自警団に対して攻撃的な行為に思える対応をする捜査関係者に対しては、此れは明らかに攻撃性があると判断した場合は、尾行不祥事隠し関係者の捜査員に対して撮影した写真を出す予定にします。

下の写真は以前私を可なり長い時間に渡り尾行して来て、自宅迄着いて来た白色 本田旧式ワゴン車ですが、余にも長い時間に渡り尾行しますので、自宅前から逆に追跡して、注意をした時点で撮影した証拠写真です。
この時点でも無視して無言で、前だけ見て凄いスピードを出して逃げて行きました。
この車に対して 110番通報を愛知県警にして、自宅前で頻繁に続く不審者の危険な動向が、余りにも多すぎる為に県警に対して110番通報をして、苦情申し出をしてから 来られた警察官に対して 証拠写真を見せて不安な不快感と命の危険に繋がる原因に対して、事細かに説明しました。

以前から私達を長時間に渡り尾行した白色本田ステップバンの名古屋 504
ら1450番が尾行して来る敬意を説明している間に、何と 尾行して来る本田ステップバンの名古屋 504ら1450番が、私達の横の、愛知県名古屋市港区東海通4丁目の幹線道路をゆっくりと通過して行きました。
この状況にて警察官に対して尾行追跡者の本田ステップバンに対して 説明中のタイミングで、目の前の東海通線をゆっくりと通過して行きました。

異常な図太さで 圧迫して来る異常な尾行追跡者に対して呆れましたから以前撮影した ステップワゴン車 名古屋504ら1450番白色車を張り出します。

警察による通信傍受盗聴行為がありこの影響で、個人情報であるID パスワード IPアドレスを盗まれています。
この通信傍受盗聴行為は、頻繁にある為に パスワードを変えても、当日には直ぐに変えたパスワードが通信傍受盗聴行為の影響で、見られて盗まれてしまいますから、いくらパスワードを変えても、メールにて承認確認を行うシステムの為に、警察が通信傍受盗聴行為を辞めない限り 遠泳に個人情報が盗まれてしまいますから 国民市民は 回避する方法はありません。

ただし国会で、国民の後押しで通信傍受法律が不利益を生む法律だと声があがり、改正されたなら別ですが!

都合上良い警察のやり口を失くす問題を議論する方々に対して、警察は組織上げて弾圧しますから 通信傍受盗聴行為は無くなりません…
通信傍受盗聴行為の影響で、個人情報が盗まれてしまい、打つ手がない為に、iPadノート型パソコンの記録データーが、通信傍受盗聴行為から得た個人情報で、記録内の控えの証拠写真データーが改ざんされてしまい、目視で判断出来ない程に、殆どの警察不利益な写真が頻繁に、ピンボケ状態にされてしまい、特に証拠である車のナンバーが 分からないようにされてしまい、車の番号をバレないように潜入ハッキング行為をして改ざんを警察不利益関係者が侵入行為を繰り返して来ます。
15.

16.

17.

18.
プロフィール

jikeidan

Author:jikeidan
人助けを目的にするjikeidanです .誘拐事件に巻き込まれた子供達を救出する為努力してます. 誘拐事件犯人を追い詰め 真実を世の中に出す事を目的に頑張ってます. 冤罪者を助ける事と 社会正義を守る道徳心の為に努力してます.個人の限界を超えて頑張ってますが 命懸けで 少しでも世の中の為になる事ならと思い 人生をかけてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR