FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未解決事件 告発10 冤罪事件は何故証明が困難かの理由!

未解決事件10
冤罪者の証明は、真犯人が逮捕されなければ、真の解決にはならない!
血液型DNA検査の確定的制度は、何時から正しいのか!
血液型検査方式の証拠能力は、何パーセントから判決が確定的に決められるのか!
何故犯人が残した体液の血液型DNA検査結果が、報道されないのか疑問!
血液型検査方式は、確立が低い時代が有ったはずだが、何故に真実を紳士に認めないのか、その理由が問題点である!
不祥事隠し事件を隠す間は、未解決事件は解決出来ない壁がある!
福井女子中学生殺人事件記事を貼り付けます。
ニュース記事後に、何故に冤罪事件が発生するのか、経験を元に真実の問題点を検証したいと思います。




















ーーーーーーニュース記事の移しーーーーーー
福井女子中学生殺人事件(86年)の再審可否判断、30日に
2011/11/24 19:00事件・事故
再審請求の可否を30日に決定 福井女子中学生殺人事件 社会 福井のニュース :福井新聞
(2011年11月17日午前7時49分)

 1986年に福井県福井市で起きた女子中学生殺人事件で有罪が確定、服役した同市大宮6丁目、無職前川彰司さん(46)の再審請求で、名古屋高裁金沢支部は16日、請求を認めるか否かの決定を30日に出すと弁護、検察側双方に連絡した。同日、弁護団が明らかにした。

 この事件の有罪判決の根拠となったのは「服に血を付けた前川さんを見た」とする複数の目撃供述。再審請求審で弁護側は、遺体の傷など客観的状況についての法医学者の鑑定書や、裁判では開示されず、再審請求審で新たに開示された供述調書を無罪を示す「新証拠」だと主張。目撃供述は客観的状況と合わず、ある人物の供述が変わるたびに別の人物の供述も変わる“法則性”があるとして「目撃供述は捜査機関の誘導で信用できない」としている。

 これに対し、検察側も法医学者の鑑定書を提出して弁護側の鑑定に反論。目撃供述の変遷は「ささいな点にすぎず、血を付けた前川さんを見たとの核心部分は一貫している」と主張している。

 24年前の逮捕時から一貫して無実を主張してきた前川さんは、現在富山県内の病院で病気療養中。16日、福井市内で記者会見した弁護団によると、前川さんは再審可否の決定日が決まったことに「良かったです」と喜んでいる様子だったという。会見に同席した父礼三さん(78)も「待ちに待った連絡だ」と歓迎していた。

女子中学生殺人事件
 1986年3月19日夜、福井市の市営住宅団地で女子中学生=当時(15)=が顔など数十カ所を刃物で刺され殺された。事件と犯人を結びつける物証はなく県警の捜査は難航したが、「服に血を付けた前川さんを見た」との複数の目撃供述を基に87年3月、前川さんを逮捕。福井地検は同7月に起訴した。

 一審福井地裁は90年、目撃供述は信用できないとして無罪を言い渡した。二審名古屋高裁金沢支部は95年、供述は信用できるとして懲役7年の逆転有罪判決を言い渡した。最高裁は97年上告を棄却し、判決が確定した。

■福井女子中学生殺人事件の経緯

1986年3月 福井市の市営住宅団地で女子中学生が顔など数十カ所を刺されて殺される
 87年3月 福井署が前川さんを殺人容疑で逮捕
   7月 福井地検が前川さんを殺人罪で起訴
 90年9月 一審福井地裁が「関係者供述は変遷があり信用できない」と無罪判決
 95年2月 二審名古屋高裁金沢支部が「関係者供述に変遷はあるが核心部分が大筋一致し信用できる」と懲役7年の逆転有罪判決
 97年11月 最高裁第2小法廷が上告を棄却、異議申し立ても退け有罪判決が確定
2003年3月 前川さんが服役を終え出所
 04年7月 前川さんが名高裁金沢支部に再審請求
 09年11月 検察側が裁判で提出しなかった供述調書の開示を名高裁金沢支部が勧告し、検察側は調書21点を提出
 11年1月 名高裁金沢支部で弁護、検察双方の法医学者の証人尋問
   3月 再審請求審が結審
 11月16日 名高裁金沢支部が再審開始の可否決定を30日に出すと通知


中日新聞:86年福井女子中学生殺人事件 30日に再審の可否判断:福井発:日刊県民福井から(CHUNICHI Web)
2011年11月17日

検察、弁護側に伝える
高裁金沢支部
 福井市豊岡二丁目で一九八六(昭和六十一)年に発生した女子中学生殺人事件で、殺人罪が確定し、満期出所した前川彰司さん(46)=同市大宮六丁目=が裁判のやり直しを求めた再審請求審で、名古屋高裁金沢支部は十六日、再審開始の可否についての判断を三十日に明らかにすることを検察、弁護双方に伝えた。前川さんの弁護団が明らかにした。

 この事件の裁判では、有力な物証がなく、一、二審では目撃証言の信頼性が主な争点となった。前川さん逮捕の有力な手掛かりとなった「事件当夜、血の付いた服を着た前川さんを見た」との証言をした関係者数人は、事件直後に前川さんが一緒にいた人物などについて、一審から複数回にわたって供述を変えた。一審福井地裁は「供述は信用できない」として無罪、二審同支部は「変遷には合理的な理由が認められる」として有罪としていた。

 前川さんは七年間服役した後の二〇〇四年七月に再審請求。再審請求審では、同支部の勧告を受けて検察が新たに証人の供述調書などを開示した。これらに基づき、弁護側は関係者たちの供述の変遷の不自然さを指摘。前川さんの事件への関与を最初に供述した元暴力団員に合わせるように、ほかの関係者が供述を変えているとして「捜査機関が証言を誘導した」と主張している。

 弁護団はこのほか、請求審が始まって以降に行った鑑定に基づき「遺体に、凶器とされる二本の包丁では付かない傷がある」「血が付いた服を着た前川さんが、犯行直後に乗ったとされる乗用車から、血液反応が出ていない」と主張している。

 一方、検察側も法医学鑑定を請求審の段階で新たに実施。遺体の傷について「二本の包丁で付く可能性がある」としているほか、車両内の血液反応に関しても「日数の経過や掃除により、反応が出なくなることがある」と反論。目撃証言の変遷については「変遷した部分は、重要な部分ではない」とし、「新証拠に新規性と明白性はなく、確定判決は揺るがない」としている。

  福井女子中学生殺人事件  福井市豊岡2丁目で、1986(昭和61)年3月、中学3年の女子生徒=当時(15)=が顔などを包丁で刺され死亡。県警は、翌年3月に殺人容疑で前川彰司さんを逮捕した。前川さんは、一貫して関与を否定している。一審福井地裁は90年9月に無罪、二審名古屋高裁金沢支部は95年2月に、懲役7年の逆転有罪判決を言い渡した。最高裁が97年11月、上告棄却を決定し、刑が確定。前川さんは、2003年3月に満期出所した。


福井・女子中生殺害:30日再審可否 前川さん父、弁護士ら会見 /福井 - 毎日jp(毎日新聞)
毎日新聞 2011年11月17日 地方版

◇「望む結果」はまだ…
 福井市で25年前に起きた女子中学生殺害事件の再審請求結果が2週間後に出ることになり、服役した前川彰司さん(46)の父礼三さん(78)と吉村悟・主任弁護士らが16日、同市宝永4の弁護士事務所で会見を開いた。

 黒のジャケット姿で会見場に現れた礼三さんは、報道陣に一礼。「素直な気持ちで喜んでおります。連絡を頂いたときはちょっと涙が出ました」とあいさつ。「ここまでやってこられたのは大勢の皆さんの支援のおかげ」と感謝の言葉を述べた後、やや硬い表情になり、「まだ私たちの希望する決定は頂いていないので、決まった時にまたお話ししたい」とはっきりした口調で話した。

 前川さんに電話で通知を知らせた弁護団事務局長代行の佐藤辰弥弁護士は、電話での前川さんの様子を報告。裁判所から連絡があったことを告げると「11月30日ですね。よかったです」と喜んだ様子だったという。

 約25年にわたり弁護に携わった弁護団長、小島峰雄弁護士も出席した。「中身を見ていないので、きょうの段階で申し上げることはない」と冷静に話したが、「こちらは新証拠を出すなどの展開をし、やれることはやった。いい結果が出ると確信している」と晴れやかな表情も見せた。

 吉村弁護士は「後は裁判所にどれだけ深みのある決定書を書いていただけるか。必ずや全面的に私たちの主張を採用した結果をいただけると思う」と力を込め、「再審開始決定が出ると確信している」と自信を見せた。【山衛守剛】

==============

 ◇福井女子中学生殺害事件
1986年 3月    中学3年の女子生徒が福井市内の自宅で殺害される

  87年 3月    福井県警が前川さんを殺人容疑で逮捕

      7月    福井地検が前川さんを起訴

  90年 9月    福井地裁が殺人罪について無罪を言い渡す

  95年 2月    控訴審で名古屋高裁金沢支部が懲役7年の有罪判決

  97年11月    最高裁が上告を棄却、控訴審判決が確定

2003年 3月    刑期を終えた前川さんが出所

  04年 3月    日弁連が再審支援を決議

      7月    前川さんが名古屋高裁金沢支部に再審請求

  11年 3月    弁護団及び検察官が最終意見書を提出。事実上、審理終了

     11月16日 名古屋高裁金沢支部が再審開始の可否の決定を30日に出すことが明らかに


asahi.com:中学生殺害 再審判断へ-マイタウン福井
2011年11月17日

 25年前に福井市で女子中学生が殺害された事件で16日、実刑が確定して服役した前川彰司さん(46)の再審開始の可否を、名古屋高裁金沢支部が30日に示すことになった。懲役7年が確定した裁判のやり直しを求め、すでに7年。弁護団から電話で知らせを受けた前川さんは「11月30日ですね。よかったです」と、声を弾ませたという。

 「素直に、気持ちよく聞かせていただき、同時にちょっと涙が出ました。待ちに待っていたことです」

 16日午後、弁護団から決定日の連絡を受けた気持ちを、前川さんの父礼三さん(78)はそう表現した。「希望する再審開始への道がついた気がする。(彰司さんに)『よかったな、おい』と言ってやりたい」と語った。

 前川さんは、1986年3月に福井市で女子中学生(当時15)を殺害したとして、翌87年3月に逮捕された。前川さんは、捜査段階から一貫して容疑を否認。福井地裁は無罪判決を言い渡したが、二審の名古屋高裁金沢支部は、知人らの供述の信用性を認め、有罪判決を下している。

 2004年からの再審請求審で、弁護側、検察側双方から計300点近い証拠が新たに提出された。

 弁護団は会見で「新証拠に基づいた主張を展開し、やるべきことは十分にやった。再審開始決定が出ると確信している」と述べた。前川さんの逮捕直後から弁護活動を続けている佐藤辰弥弁護士は「単に『再審開始』というだけでなく、供述の変遷に捜査官が関わっていることへの言及がなされることを望みます」と話した。

 弁護側、検察側は今年3月までに、いずれも最終意見書を提出していた。(荻原千明)


30日に再審の可否決定 25年前の女子中学生殺人 - MSN産経ニュース
2011.11.16 16:01

 福井市で昭和61年、中学3年の女子生徒=当時(15)=を殺害したとして殺人罪に問われ、懲役7年の実刑判決が確定、満期出所した前川彰司さん(46)=同市=が無実を訴えて申し立てた再審請求について、名古屋高裁金沢支部は16日、再審を開始するかどうかの決定を30日に出すことを明らかにした。

 前川さんは平成16年7月に再審請求。有罪の決め手となったのは「血の付いた服を着た前川さんを見た」との知人の目撃証言だけで、弁護団は新たに開示された供述調書から「警察が強引に前川さんの知人らを誘導した」と主張している。

 検察側は「新証拠に新規性と明白性はなく、確定判決は揺るがない」と反論していた。


◆関連記事
福石みんの福井市民レポート : 福井市女子中学生殺人(1986年)に再審開始の早期決定を、支援団体から署名2万9000人

◆関連サイト
冤罪!福井女子中学生殺人事件|田舎弁護士日記
冤罪事件紹介|冤罪甲山事件

福井市女子中学生殺害事件に再審の前川さん退院
福井女子中学生殺害事件:名古屋高検、異議審で補充書提出


ーーーーーーーーーー。ーーーーーーーーーー。

1

jikeidan からのメッセージ

上の未解決事件ニュースの写ですが、警察に市民寄りな潔い判断を求めます。

捜査員の先入観がある流れを感じますが、思い込みでしょうか!

第三者を巻き込んだ誘導尋問ないし証人に対して強要が無かったか!

第三者機関により、正しく証人のつじつまがあうか。何故に目撃者に名乗り出たかの原因と、警察に何故に協力したかの動機を調べて ポリグラフ(嘘発見器)まで用いた調べをしなければ、誤認逮捕(冤罪者事件)の疑いを掛けられて、実刑判決満了した冤罪者が浮かばれません。

常識論から言って、無罪から一転 真逆の犯罪者にされた判決が、何故に降りたか!検証をしなければ、再発防止の観点から言って、警察側の捜査員の捜査方針の正統性を検証しなければならない!
点数稼ぎの為に検挙率を無理矢理に上げる行為ではないか疑います!
2

jikeidan からの重要なコメント

今回の未解決殺人事件は、血液型DNA検査が確率していない時代に、血液型証拠はありませんから!冤罪者有利なはずです。
まれに、証拠品のでっち上げで、警察が逮捕させる場合があり!アメリカでは 例え証拠品でも、証拠能力が!場合によっては 適用外になる場合が、多分にあります。
警察が犯人として、先入観から落としいれたなら無罪の冤罪者は、太刀打ち出来ません。
私は以前、愛知県警の不祥事隠し警察官から!とんでもない でっち上げ事件を捏造されて冤罪者にされた経験がありますが、この時は苦労して無罪の証明が出来ました。
これは奇跡的な、稀な冤罪証明事件でした。
実際は、警察官は自分自身が可愛いので誤認逮捕もしくは、でっち上げ事件の場合は、冤罪者に対して適当な扱い方で、警察に責任がこないように細工する場合が多分にあります。
後で冤罪事件の可能性が持ち上ある場合は、特に警察組織は一蓮托生にて不祥事隠しをして、逃げ切ろうとします!
この影響が、証拠品の改ざんや!冤罪者に取って大切な無罪につながる重要な決め手になる(犯人の体液血液型DNA証拠品の隠匿隠し)事実を、不祥事警察により隠される事が頻繁に起きて問題になり、表沙汰になるケースが増えています。
此の様な事は警察の間違った伝統的な悪い例であり、頻繁に行われている証拠品の隠匿行為が、実際に存在しています。
警察に取って不利益な証拠品を、もしも潔く警察側が出した場合は、誤認逮捕を支持した責任者側が責任問題になると思い、これに重視してしまい!責任逃れに走る傾向が、定例的に起きている状況が、警察全体に見られます。
冤罪者に対して長期間の拘留をした場合は、もし無罪が証明されれば損害賠償を受ける過程になりますから、不祥事を起こした捜査関係者は必死に証拠隠滅行為に走る場合もあり!事件性によっては起きています。
jikeidanの私は、今迄に沢山のでっち上げ事件を、普通に何度も見てきました。
4
肝心のでっち上げ事件を捏造した警察側は、不祥事事件を逃げ切る為に!証拠品!証人等を隠してしまい、作為的に冤罪者を落とし入れる工作を図る行為を何故図るのか!また裁判において、県費 国費で裁判が出来ますから、警察は自分の腹が痛くない為に、当たり前のように警察不利益な場合は、逃げ切る為に控訴して 高裁 最高裁と無駄な動きをしてしまい、人権無視的裁判を長期間に渡り押し進める事が、今の警察組織の裁判制度の中に 見受けられます。
これは、重大な人権無視であり、法律が歪められています。
法律を守る側の警察組織が、不祥事を隠す為に自分達の立場を守る為に、法律の盲点を利用して、弱い立場の冤罪者(市民)を、法律無視をしてしまい警察が、強権力を持って 独裁的行動を取り続けています。
5
国民の税金を使いたい放題使い、国民から託された司法制度が、冤罪者に対して
非情な冷酷的な扱い方をしてしまい、長期間に渡り 冤罪者の証明に対して有益な情報 証拠を、平喘と隠してしまうケースが問題になりはじめています。
何が問題か!司法の側から見たら、解るはずだと思える事例が見受けられます!
明らかな司法の暴走行為に思えてならない事案が多すぎます。
冤罪者が真実を証明する場合は、警察側と対象的に違い、個人で莫大な訴訟費用が掛かり自腹です!
お金が無い場合は、泣き寝入りで!真実を証明出来ず有罪になってしまいます!
無実を証明するには、お金を出して裁判をして戦わなければ、真実の証明が出来ないのです。
6
一審地方裁判所 ニ審高等裁判所 三審最高裁判所を冤罪者側が被る費用は、相当の金額の弁護士費用が要るのです。
地獄の沙汰も金次第と諺どうりで、資金力の少ない方が冤罪者になった場合は、苦労して証明出来ず泣き寝入状態なのです。
稀にボランティアで、救済的に冤罪者を支援する方々が見えますが、この方達は日本国に取って 国民の鏡です。
見て見ぬ振りをする方達が多い世の中で、時間 お金を掛けて他人様の為に、御努力する方達は、警察から圧力もかかる場合があり、嫌がらせの分断行為をされる事が度々あるのです。
めげずに、己を犠牲にしてコツコツ努力する方達を、jikeidanの私は 心から尊敬いたします。
元来警察官は、法律を守り 正しい行いをしなければなりません、困っている人を助けるのが、警察官の勤めだと思いますが、以前から警察官の不祥事事件が異常に増えていて、当たり前のように新聞に不祥事事件が載っています。
モラル低下しているように見受けられます。
警察は、法律を守り冤罪者の足を引っ張らず、ヘヤプレーに徹して 潔い対応を取らないと。
そのうちに国民の正義感が目覚めた時は、不祥事隠し警察官に罰があたると思います!!!
国民あっての警察でしょうが、、、
国民の税金で、警察官 公安調査庁の給料が出ているのです、、、
7
国民の信頼を逆手に取り、正義感を持った方達をトコトンに追い詰めるやたらは、先には崩壊すると思えます!
警察の怠慢が今のままに現状が続くなら、警察法を厳しくしなければなりません。
警察法を国民が声を上げて見直しましょう。。。。。。
国民あっての警察が存在出来るのです。
警察が未解決事件に対して、真剣に対応すれば、
血液型DNA検査を、今の時代にすれば 科警研の技術も進歩していて、必ず証拠品の中から答えが出ます!
重要な事件の場合は、必ず警察が証拠の保全をしているはずですから、再審開始が決定する前に、当時の証拠品を必ず警察が見直して!目撃者証言、証拠品保全物を、DNA血液型検査をして 犯人であるか検査を進めて確認しているはずです。
もし犯人なら、警察が自信を持ち再審前にDNA血液型検査結果報告書が、再審前に裁判所に証拠品として準備書面に出されます。
提出がされてない事は、警察に取って提出して不利益なのでしょう!!!
確定的に警察は、証拠品を隠匿しているように見受けられます。
証拠品の開示請求申請を、選んでしなければなりません。
8
警察に取って都合上悪い場合は、恐らくは警察が証拠品の保存期間が過ぎている為に、処分したと嘘を言い逃げ切るでしょう、、、
絶対に猟奇殺人の場合は、確定的な犯人が逮捕されるまで!事件が確定して!容疑者が自白して犯罪事実を認めない限り、猟奇殺人事件証拠品は、必ず保存されているはずです。
解決していると思っていた事件で、思い出したように!同一犯による猟奇殺人事件が又起きて、付随して又再発したら!警察に対して矛先が向けられて、問題になります。
間違った判断で、過去に血液型DNA検査にて誤認逮捕して長期間に渡り、実刑判決により確定している冤罪者が、実際にあるのです。
足利事件冤罪被害者 菅谷利和さんは、不当に人生を冤罪により無期懲役刑にされてしまい、17年間も無実なのに刑務所に入れられてしまい、冤罪服役中に息子の無罪を信じて待つ両親が!息子の無罪の知らせを聞かず、苦しんで亡くなってしまい、菅谷利和さんの自宅も失くなってしまいました。
苦しんで亡くなった御両親の慰謝料を、放ったらかしで自ら進んで出さない、不祥事警察組織です。
国民の皆様は、この事件を忘れないで下さい!!!
菅谷利和さんは冤罪者であります。
9
女子幼児誘拐連続犯人の容疑者は、複数事件に関与していて!横山ゆかりちゃんの目撃者から告発告訴により、一連の幼児誘拐連続犯人を訴えていますから、警察組織は一連の女子幼児誘拐連続犯人を承知ていたのです。
警察は一蓮托生にて誤認逮捕を、隠す為に不祥事を恐れてしまい、いつまでも冤罪者の菅谷利和さんを、無罪であるのに!あたかも犯人容疑者の扱い方にしてしまい、横山ゆかりちゃん目撃者証人情報を、今だに無理矢理に口封じ的な扱い方で、警察が強権力を用いて犯人隠匿罪をしているのです。
警察が犯人を知りながら、菅谷利和さんに矛先を向けさせて、冤罪者逮捕不祥事を隠す為に、横山ゆかりちゃん誘拐行方不明事件の目撃者の告発告訴を、無理矢理に隠す為に、告訴状告発状を告発者に郵便物配達証明付きで送り返しました!!
冤罪者を見捨てる違法行為の警察怠慢行為です。
この為に時効成立をさせているのです。
時効成立をした事件に対しては、事件捜査をしなくてよい法律の決め事を、利用して捜査拒否を続けている。!法律の盲点をついた警察が時効を利用した犯罪行為です。
その為に、複数事件の目撃者であるjikeidanに対して、警察組織関係者は目撃者情報が各社報道関係者に、重要性のある横山ゆかりちゃん目撃情報を、公にさせないようにして、jikeidanを見張り 報道に告発させないように、jikeidanの動向を盗聴尾行等して調べ上げて!不当に自警団の協力関係者に対して、自警団に関わりを持たせないように邪魔をして分断行為を、強権力を持ちいて今だに行っています。
ドラマ映画見たいな事が現実に起きていますが、 jikeidanの携帯電話を、警察力にてコントロールしている見たいで、jikeidanに対して関係者が電話をしてコールしても!非常に繋がらない事が重なり、確認すると!着歴履歴が改ざんされたり、パソコンに侵入行為をして改ざんを、当たり前の様にして来ます、、、
迷惑な話で、警察がやってはいけない行為だと思います、、、
自警団を黙らせる為に、警察が暴走行為をし出しています。
何を焦っているのでしょうか、警察殿 犯罪行為は辞めてください
警察の失態で、解っている犯人を逮捕せず、犯人隠匿罪を警察自ら意図的にしたのです。
この一連の女子幼児誘拐連続殺人事件は、警察の失態で!殆どの女子幼児殺人事件は、時効になってしまい。ただ一件だけ、群馬県太田市 パチンコ店内で起きた 横山ゆかりちゃん誘拐行方不明事件だけが、時効になっていません。

まだ女子幼児誘拐連続殺人鬼は、逮捕されていないのです。

この現実を無視している一部の警察は、犯人が解っていて放ったらかしです、、足利事件、飯塚事件等で誤認逮捕不祥事が、明るみに出る事と!公になる事を恐れていて、警察と公安調査庁の不祥事が、世の中にさらされる事をやめさせる為に、必死にjikeidanの行動監視に対して不当に、法律を破り執着しています。
10
A
何故に福井県内にて起きた!26年前の異質な 猟奇殺人事件の書き出しに、連続女子幼児誘拐殺人事件犯人の説明を書いたかは、疑問を持って警察は調べなければならないと思います。(疑う要素があるのです)
菅谷利和さん誤認逮捕の影響で、沢山の女子幼児誘拐連続殺人事件の犯人容疑者を、逃がさせる行為を!間接的に起こしてしまった警察の責任の原因は、連続女子幼児誘拐殺人事件容疑者に しぼられるのです。
足利事件容疑者の真犯人が、もし足利事件時効前に逮捕されてしまうと!菅谷利和さんは、自動的に無罪が証明されてしまいます!
警察は、是が非でも菅谷利和さんが足利事件の犯人でなければ、当時警察に取って都合上悪かったのです。
冤罪者逮捕が公になってしまえば、警察不祥事と、科警研による!血液型DNA検査は、犯人逮捕の証拠品の確率が、当時は低過ぎて、証拠能力が無い事が世の中にバレテしまうと、過去に血液型DNA検査して有罪にした事件は、全て!やり直し検査をしなければいけなくなる原因になる為に、警察科警研は是が非でも菅谷利和さんを、犯人にしたてて 置かなければならない為に!不祥事関係者警察は、菅谷利和さんの有益な証拠品を、公開せずに!菅谷利和さんの不利益な事ばかり足を引っ張り続けてしまい、警察が冤罪者を逮捕した行為を隠す為と、科警研の血液型DNA血液型検査の、当時未開発の証拠能力の極端に低い血液型検査方式の実態を、隠す目的で ずさんな対応を知りながら、警察関係者が法律を犯して警察側不利益な、証人 証拠の改ざんを、警察自ら法律を破り犯罪行為を、平喘と取り続けてきたのです。
B
これが原因になり、足利事件冤罪者の菅谷利和さんを、是が非でも犯人にしておかなければ、警察の威信が地に落ちる為に、偽装工作を警察が し続けた結果が、冤罪者を無期懲役にしたまま!連続女子幼児誘拐殺人事件容疑者を、時効にさせてしまったのです。
足利事件真犯人容疑者は、報道でも解っていますが!群馬県太田市パチンコ店舗にて誘拐行方不明事件の容疑者が、連続女子幼児誘拐殺人事件の真犯人の容疑が濃厚であり、犯人と思われる要素が公開されています。
横山ゆかりちゃん事件は、世の中の皆様が承知だと思いますが、この事件の横山ゆかりちゃん目撃者証人が、jikeidan の私なのです。
これが現実であり、横山ゆかりちゃん目撃者証人情報を知るjikeidan の私に、警察組織上げて口封じ行為を、一蓮托生にて散々な行動行為を警察からされました。
未解決事件に対して、告発状告訴状を群馬県前橋地方検察庁、徳島県徳島地方検察庁、最高検察庁、警察を指揮監督指導する警察庁に、横山ゆかり 松岡しんや 両名を別々の時期に目撃した敬意を、説明書き文章を付けて どの様な状況下で何故目撃したかと!女子幼児と男子幼児を誘拐した犯人を逮捕を望む内容を書き込みして、告発状告訴状を添えて正式に、平成17年5月23日に郵便物配達証明付きで未解決幼児誘拐事件管轄下検察庁宛( 警察庁 )に訴えたのです。
警察不祥事がある為に、告発状告訴状は握り潰されてしまい、全て同じに近い内容を書いて来て、送り返して来ました。
前橋地方検察庁 徳島地方検察庁 最高検察庁 警察庁から、何故こちら側で受け取れないかの内容付きで、郵便物配達証明付きで、jikeidan の私 中島に送り返してきました。
これが真実の告発内容です。
警察力が強すぎて、目撃者証人の証言が握り潰されてしまい、真実を公にしようとすると、完全マークされていて!身動きが取れない行動行為を警察がして来ます。
C
あらゆる行動行為を取る警察組織関係者は、パソコンの侵入行為から書き換え行為、なりすましまでして!法律を無視しています。
告訴する為に、愛知県警本部に対してコンピュータ電磁取引損壊罪の被害届けを出しても、サイバー課は!のらりくらりと事件受理をしません!逃げてしまい港警察署に、たらい回しをさせる行為を取り続けています。
全く警察が機能していません!
不祥事隠しをする側に、告訴しに行っても!実際は話になりません!対応する一部の正義感のある職員は、困り果ててしまい!シドロモドロです。
内容がデカすぎて、怖いとまで言われるのが、現実です。
これが警察の実体ですよ、、、このままでは 横山ゆかりちゃん誘拐行方不明事件は、時効ではないのに!犯人を警察が知りながら、永久的に見て見ぬ振りを警察が、犯人隠匿罪にて逃げ切ります。
当時の科警研血液型DNA血液検査の、証拠能力の不備を隠し通す為に、足利事件、連続女子幼児誘拐殺人事件を解決出来るのに、警察組織の面目と、威信に傷が着くのが嫌な為に、国民を警察組織関係者が一蓮托生で、警察力にて無理矢理逃げ切る行動行為を、取り続けています。
情けない行為です。
国民の代表の警察組織が、機能していまん!国民は警察に対して、正して下さい!切にお願い申し上げます。

11
以前から問題になっている連続女子幼児誘拐殺人事件容疑者は、複数事件の連続犯人だと報道されていましたが!横山ゆかりちゃん誘拐行方不明未解決事件容疑者が、足利事件被害者松田まみちゃんの、犯人だと問題視されていましたが!
何故警察が、女子幼児連続殺人事件で、犯人の残した体液全ての血液型DNAを全て公表しないのか!
現在の科警研による近代的検査なら、同一犯か簡単に解るはずです。
必ず科警研が総力を上げて調べていると思えますが、警察の威信で検査済みだと思えます!
何故に警察が真実を発表しないのか、間違った行動行為が問題なのです。
足利事件で松田まみちゃんを誘拐した容疑で、菅谷利和さんは冤罪逮捕されて服役していました。
別件事件の飯塚事件で、幼い女子幼児二人が、猟奇殺人されていますが!この事件で犯人の体液と一致した冤罪容疑者が!死刑になっていますが、この時代の血液型DNA検査方式は、鑑定制度が ずさんで証拠能力があいまいだと証明されていますが、この事件の犯人の体液が 警察に保管されていますが!足利事件の松田まみちゃんを殺害した犯人容疑者の体液も、証拠品として保存されています。同一犯ではないかと思えます。 同一犯人ではないですか科警研殿!
今の科警研の血液型DNA血液型検査なら100%解るでしょう。。。
足利事件 飯塚事件 他のふずいする女子幼児誘拐殺人事件のDNA血液型検査を科警研が、必ず検査していると思いますが、この結果は何故か国民に公表されていませが、何故ですか!!!都合上悪い内容だと、答えが出ているから公表されないのではないですか!!!違いますか科警研殿
潔い行動が評価されますので、先般の千葉県にて15年振りに、血液型DNA血液型検査にて、未解決事件が解決した科警研の功績を評価していますが。
もう一度 究極の事件解決を科警研に望みます。
結果良ければ、冤罪逮捕した失態は、国民は受け入れると信じています。
人間は、間違いは誰でもあるのです!間違いを潔く正してこそ警察の威信が保たれるのではないですか!
このままでは、真実が公になり大変な影響を受けると思えますが!自ら進んで 警察自身が、潔い行動行為をして下さい、正しい潔い行為こそが 警察組織の改善につながり、良い未来の結果信用になると思えます。
いつ迄も 間違った判断行為を続けず、良き未来に変わる行動行為を、警察組織関係者に望みます。

12
横山ゆかりちゃん女子幼児誘拐行方不明事件犯人を知るjikeidan 私は、想像がつきますよ!!!
今からでも遅くないですから、連続女子幼児誘拐殺人事件の犯人に結び付く、証拠品犯人体液を科警研が、検査して真実を国民に公表しなさい、、、
飯塚事件に対して犯人容疑者体液に対してだけでも、公表しなさい、、、確認したい事があります。。。
!!嫌な予感がします。
この事件解決をしないと、連続女子幼児誘拐殺人事件は、また起きる可能性があります!!!
真犯人は、生きていますよ。警察に取って都合上悪いかもしれませんが!
冤罪事件は、起きているのです。
これ以上不祥事隠しを続けて、jikeidanの足を引っ張り続けると!大変なしっぺ返し的災難が、警察に起きますから冷静に、対応しなさい!人間は誰も間違いは侵すものです!
潔さも大切だと思いますから、法律を正しく守るようにして下さい
13
実際は、科警研内部では特定されているのではないですか!

発表すれば、自ら不祥事を発表する事になりますから出せない状態だと思えます。

これは、警察内部の構造が問題で、不祥事隠しをしてしまった以上、今更 真実を発表してしまうと!警察不祥事を身内全体で庇だてした同僚まで影響が出てしまう為に、八方塞がり状態になっているのではないですか!

これが原因で、間違った伝統的判断で、正統派の正しい行いの警察官まで、足を引っ張ってしまい!巻沿いにしてしまい後戻り出来ない大事になっているのではないですか!

果たして、女子幼児連続誘拐殺人事件を時効にした犯人は、女子幼児連続殺人事件以外の事件は、どうなのでしょう!
14
jikeidan が知る限り、横山ゆかりちゃん誘拐行方不明事件以外に、松岡しんや君、増山ひとみさん、犯人容疑者から聴いた事件は、又別に 24年程前に、警察に仕返しをする為に、人を殺したと聴いていますが!この時点でも複数人に思える雰囲気で、吹いていましたが、、、!
私が今までに、愛知県警と港警察署に 女子幼児誘拐連続犯人の情報を、1996年7月8日に、横山ゆかりちゃんを目撃した時点で、愛知県警 港警察署 (中川交番 現在港名交番)に、横山ゆかりちゃんを誘拐した容疑者の情報は、殆ど話しをして説明してあります。
熱意を持って、真実を警察官に説明した努力は、無駄骨になり!
真実を説明した私は、何故警察から口封じの扱い方を、されなければいけないのか!納得が出きまん、、、
口欲しいです!1996:7:8 にて、初動で警察が法律どうりに対応していれば、1996:7:8 以降に、菅谷利和さんは もっと早く冤罪が証明されて、早く釈放されたと思います、、、
警察が、目撃者の証言に耳をかしていたなら、横山ゆかりちゃんも家に帰る事が出来たのに、、、増山ひとみさんも、心配する両親の元に帰る事が出来たと思います!!
松岡しんや君の事が、今だに気掛かりです!!
1996年7月8日に、横山ゆかりちゃん目撃者の告発告訴を、愛知県警港警察署職員が、正式に受理していたなら、横山ゆかりちゃん誘拐犯人が逮捕され、連続女子幼児誘拐犯人容疑者が逮捕されていたなら、冤罪容疑者の飯塚事件容疑者は釈放されたのではないですか、、、
この様に、警察が不祥事隠しをしなければ、私が目撃した当時に 助ける事が出来たのに、振り返ると口欲しいです。
15
目撃者の私を口封じ的行為を、愛知県警港警察署一部の職員の怠慢の責任で、でっち上げ事件までされて!何で未解決事件の目撃者情報提供者が、追い詰められなあかんのですか!何度思っても 腹が立ち、忘れる事が出来ません!
告発 告訴した未解決女子幼児誘拐連続犯人は、横山ゆかりちゃん誘拐行方不明事件以外は、時効になってしまいました。。。
警察が、犯人を知っていて、不祥事隠しをする為に強制的に、目撃者の証言と告発告訴を、握り潰しました、、、
この様に、とんでもない不祥事隠しをした警察は、jikeidanの私が公の場所にて告発をする事を恐れています。
この告発内容を見て、不祥事隠しをした警察組織は、また目が点ですね!
警察が過去の間違いに執着せず、前向きに解決策に努力して頂きたいです。
jikeidan の告発ブログ閲覧者に対して妨害工作をするのは、やめて頂きたいです!
16
閲覧者がアイパットにてjikeidanブログ閲覧中に、アイパットが固まってしまい、ハッキングの影響を受けたと!2012年8月中頃に愛知県の青木様から直接的に連絡がありました。
コンピュータ電磁取引損壊罪事件が発生しました!!
警察不祥事関連記事内容を青木様が閲覧している時に、拍手にアクセスしたらトラブルが発生したと聞きました。
拍手を押した後に、画面上のアプリを閲覧していたら、画面が勝手に削除されてしまい、何度復旧しても!不思議に固まってしまうと連絡がありました。
事前にjikeidan の協力者の方々に、ハッキングの影響について説明をしてますが、青木様自体!冗談で警察関係者がjikeidan ブログを、阻止するために警察が、妨害工作をしていると聴いた内容は、半分冗談だと思っていたようで、今回jikeidan ブログを見て、握手を押した事により、共感した応援者が 事前に警察不祥事隠し関係者により、青木様の新型アイパットに対して ハッキング妨害工作行為をした事により、jikeidan ブログが不祥事隠し警察により、不当な扱い方をされている事実を、ハッキリと確認出来た為に 驚きが隠せない様子でした。
警察庁は、jikeidan 告発ブログを閲覧しているはずですが、jikeidan 告発ブログに対する。ハッキング被害に対して、見て見ぬ振りをする対応ですが、警察庁の意義、警察庁の本文はいったい何なのでしょう、、、

犯罪行為を警察がする事自体、警察の暴走行為ですので!やめて頂きたいです。
ハッキング妨害と、口封じ尾行工作をやめて下さい!警察 公庁 殿
17
福井女子中学生殺害事件 冤罪容疑者再審請求事件について、警察側から先入観を持った誘導的な扱い方が見受けられますので、過去の警察でっち上げ事件を参考に、jikeidan から冤罪者側に、私に対するでっち上げ事件で学んだ真実の経験と、不祥事隠しに没頭する。間違ったゆがんだ考え方を、曲げない不祥事隠し警察の真意について、参考コメントを出さして頂きます。
jikeidanが、コメントする内容は、警察不祥事の可能性がある案件に対して、真実の正義を望んで 経験を元に正義感からコメントさせて頂きました。

事件発生時点で目撃者が、警察に証言の協力を求められる場合がありますが、
真実の目撃者で無い場合があります。
でっち上げ事件の目撃者を作る場合が過去にあります!
でっち上げ事件を作る不祥事警察から、断れ無い状態に追い込まれた!利害関係者は、断れない場合が稀にあります。
以前に虚偽告訴罪の前例が過去に存在しています。
私は(誣告罪)虚偽告訴被害事件の被害経験があり、でっち上げ事件を警察側から、冤罪事件を捏造された経験があります。
一度でっち上げ事件により虚偽告訴罪をされてしまうと、でっち上げ事件を協力した証人が、正しい真実を宣誓して証言をしないと、冤罪者は泣き寝入り状態になります。
虚偽と解り嘘を言った証人は、罪の重さに!責任逃れをして知らん振りを決め込みます!!
私の場合は、でっち上げ事件を捏造された為に虚偽告訴罪で、提訴いたしました。
18
愛知県警刑事課の関本一派にでっち上げ事件を捏造された為に、虚偽告訴罪事件に対して協力した!警察側の関係者方と、我慢して話し合い!腹を割って低姿勢にて協力してもらい、私を虚偽告訴した相手から、警察側が仕組んだでっち上げ事件だと!以前 名古屋検察庁高部道彦公安担当検事の部屋にて、告訴をした原告の私の証人も含めて、明らかな原告無罪の真実を証明してもらいました。
虚偽告訴罪事件は、一度落とし入れられると証明は大変難しく!殆どの場合は証明出来ず泣き寝入りになります。
私の場合は稀だと言って、通常はまず証明は不可能に近く出来ないと。当時は検事が断言していました。
高部道彦公安担当検事から、私に対して(疑ってしまい 悪かったと、頭を下げられて、疑ってしまい大変申し訳ないと、検事による謝罪があり、でっち上げ事件をした刑事連中に責任を取らせる)と、当時 断言していました。
しかし名古屋検察庁公安担当検事高部道彦は、約束を守らせず!高部道彦が、冤罪被害者の私に約束した。二度とでっち上げ事件を、刑事課連中にさせないと約束した事が、結果!一切守られなかったのです。
この為に、無駄なしなくて良い 遠回りな余分な道草を、でっち上げ警察官達にされた事で、家族 友達に迷惑を掛けてしまい、愛知県警元四課関本一派による!でっち上げ事件により、父親を亡くす原因を警察からされてしまいました。
19
度々でっち上げ事件をされては、叶いません!
警察官は、上から目線で命令をされたら、下の部下では上司には絶対に、逆らえません。
警察の階級社会は、絶対であり。間違った命令でも一蓮托生にて、従うのが警察官です。
まれに、正義を通す方達も一部分みえますが、その正義感を通す方達は、心の綺麗な正義感を持った方でしょう。

jikeidan活動をしていて、最近に思う事は、冤罪事件が異常に多い事です。

以前は泣き寝入り状態で、冤罪者の証明の道が 閉ざされてしまい!真実が隠されていました。

国民の皆様の意識が変わり。他人様に思いやりを持つ方達が、増え始めた結果が、正しい世論を動かし始めてきたと思えます。

他人様に思いやりを持つ方達は、素晴らしい人であり、世の中の悪い空気感を、マイナスからプラス思考に変える重大な、陰陽道の良きバランスを保てる切っ掛けに繋がります。
自ら進んで努力して、困っている他人様に施しをする心こそが、神様が望んでいる善行であり、犠牲愛こそが人間愛の一番綺麗な姿であると、神様は思っていると思います。
20
一度かない短い人生の中で、消えて行く自らの灯火が尽きるまでに、悔い無い人生を歩みたいと思いませんか!

この大切な、心に気が付かれた方は、苦しんでいる方達の支えに、少しでも助けになってやって下さい、例え少しでも 自分自身が出来る事から始めて努力すれば、神様が他ってはいません。必ず知らない内に 良き方向に進みますから、めげずに信じる事が救われると思います。

私は、人助けしても。感謝されようと考えていません!自分自身の心の良心の為に、当たり前だと思い努力しています。

確かに、見える形で感謝されれば、努力が報われると思うし、嬉しいです。
しかし、正しい事をして感謝されない場合も稀にあります。
子供を救う目的で、未解決事件犯人を警察に知らせて努力したら!冤罪者が誤認逮捕されている場合は、逆に警察から口封じ行為をされて、マークをされます。
此の様な卑劣な不合理が、まだまだ警察の中で起きているのです。
出る釘は打たれると諺がありますが。あえて出る釘になり人助けをしましょう。
正しい事をして、追い詰められたなら本望じゃないですか!不合理な事に泣き寝入りは出来ません。jikeidanが協力致します。

私は、嫌な余分な苦労を、数多く経験がありますが、何故に辛い思いをして経験したく無い余分な苦労ばかりを経験したのか!不思議であり嫌でした。
今思うと苦労した経験があるからこそ、嫌な経験が役に立って jikeidan活動で人助けが出来ると今は思っています。
長々と長文を見て頂き 誠にありがとうございました。
世の中が、人様の努力で平和になりますように、ありがとうございました。
jikeidan


グリコ森永未解決事件を告発後 徹底的な尾行圧力があり、危機感を持ちました。

公安調査庁捜査官による!不当な調査活動は税金の無駄になる為に、襟を正して下さい!

公安調査庁が、以前 グリコ森永事件容疑者を確定的に知っていましたが!私に対して約8年程前に、中部公安調査庁 責任者 小野様が約束を破りjikeidanの私を裏切って、協力者の私を調査対象者に切り換えて、分断工作と徹底的な口封じ扱いをしましたが!義理人情の無い 扱い方に対して呆れています。
重大な情報を、私から得たのに、jikeidanに対して情報だけ利用して裏切り、公安調査庁の不祥事を、私から特定された為に、私に不法行為をしましたが、反省して下さい!
力のある組織は、日本に取って大切ですから!良い事に力を注いで下さい、日本人の為なら jikeidanは命懸けで協力します。
宜しく

2012年9月4日 火曜日 am
スポンサーサイト
プロフィール

jikeidan

Author:jikeidan
人助けを目的にするjikeidanです .誘拐事件に巻き込まれた子供達を救出する為努力してます. 誘拐事件犯人を追い詰め 真実を世の中に出す事を目的に頑張ってます. 冤罪者を助ける事と 社会正義を守る道徳心の為に努力してます.個人の限界を超えて頑張ってますが 命懸けで 少しでも世の中の為になる事ならと思い 人生をかけてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。